<>

【 ルクセリタス 】固定ページをつかって サイトマップを表示させる

固定ページは 通常の 投稿ページと違い、カテゴリや タグの設定がない代わりに
ページの属性を指定する項目があります。

親のページを設定で ページに階層を持たせることができ ページをグループ化できるといった感じです。

また、ルクセリタスでは “Sitemap"といったテンプレートがありますので
その固定ページをつかってWebサイトのサイトマップを作成する方法についてまとめてみました。

固定ページのテンプレート

Luxeritasでは テンプレートに デフォルトのテンプレートと Sitemap のテンプレートがあります。

固定ページ画面 - ページ属性の画像

単独のページとしても使用されることが多く、
トップページや お問い合わせのページなどで 使用されるケースなどがあります。

Site-Mapの表示 - サイト イメージ画像
サイトマップというのは サイトの記事全体を 一覧表示してくれるページです。

親ページを設定している記事は 階層に分けられ表示されますので
見た目にも分かりやすいサイトマップになっています。

サイトマップの設定

サイト画面に表示させるために必要な 3つの項目を解説します。

  1. 固定ページで サイトマップを作成
  2. sitemap用 メニューの作成
  3. ウィジェットを使った サイトマップの表示のしかた

固定ページでサイトマップを作成

サイトマップの作成は、先ほどの 固定ページの ページ属性の テンプレートから
sitemap を選択するだけで 自動的に 一覧を表示してくれます。

固定ページでサイトマップ作成 -

サイトのタイトルパーマリンクを設定し、
テンプレートを sitemap を選択するだけで 記事欄に書きこむ必要はありません。

これで公開をクリックして完了です。

sitemap用 メニューの作成

サイトマップは フッター サイトの一番下に表示させることが多いですが
グローバルナビゲーション(ヘッダーナビ)やサイドバーでも表示させることができます。
メニュー作成 - メニューを表示させる位置のイメージ画像

設定するためには まずメニューの編集画面で サイトマップのメニューを作成します。

メニューの作成については こちらの記事を参考にお願いします。
WordPressテーマ ルクセリタス|メニュー作成でグローバルナビゲーションを表示する

管理画面 → 外観 → メニュー
メニュー編集画面

  1. メニューを新たに作成する場合は、新規作成から覚えやすいメニュー名で作成します。
  2. 固定ページの項目から sitemap を選択・メニューに追加します
  3. フッターナビを使用する場合は フッターナビにチェックを入れますが
    ウィジェットからフッターに設定する方法もありますので、こちらはお好みで指定します。

これで、メニューを保存 で完了です。

ウィジェットを使った サイトマップの表示のしかた

サイトマップをどこに表示させるかによって、使用するウィジェットが変わってきます。
表示させたい場所に グローバルメニューを設定していきます。

ウィジェットを使ったサイトマップの設定イメージ
フッターの位置は サイトの外観カスタマイズ ヘッダー / フッター の項目で 中央と左右を選択できます。
それぞれで フッターに表示される位置が変わりますので、お好みで設定してください。

メニューでフッターナビを選択した場合との違いは、タイトルを入れることができるという点です。
合わせて表示したい項目を追加するなどのアレンジもできます。

サイトマップのタイトルを英語表記に!

サイトマップのタイトル部分が 日本語表記なので 英語表記に変えたい!という方。

サーバーに保管されている FTPファイルからサイトマップのphpファイルを編集することで英語表記に変換することができます。

WordPress-siteLuxeritas

Posted by 45