<>

【 SEO対策 】Google XML sitemapの設定|WordPress プラグイン

検索エンジンに サイトを見つけてもらう設定のひとつとして
WordPress プラグイン Google XML sitemap があります。

ユーザーが閲覧するための サイトマップ( Webサイトの記事一覧  )のこと?
なんて 初心者としては 思ってしまいそうな項目ですが
ここでのサイトマップは サイトの構造を正確に伝えるためのもので
検索エンジンが サイトのインデックスを作成するのに役立つサイトマップを作る というものになります。

XML Sitemap – プラグイン

プラグインの 新規追加から XML-Sitemapを検索します。
Google の文字はありませんが こちらの XML-Sitemap プラグインをインストールします。

ルクセリタスでおすすめしない SEOプラグイン

サイトマップや SEO対策に関するプラグインも多く存在し
sitemap や XML などでプラグインの検索すると 上位に表示されるのが
All in One SEO Yoast SEO などのSEOプラグインになります。

ですが、これらSEO関連のプラグインは ルクセリタステーマでは推奨していません。

どちらも素晴らしいプラグインではありますが
ルクセリタステーマでは すでに SEO対策されている項目と重複してしまうことがあり
結果的にマイナス効果となってしまう可能性がありますので ご注意を。

Google XML sitemapの設定

サイトマップの設定ですが 簡単な説明と デフォルトから変更したい設定項目をまとめました。

pingの結果

ping は発信元のホストから 宛先のコンピュータにメッセージを送信
それに対して返した応答が戻ってくるまでのタイム(RTT、往復時間)や到達性などを
確認するもので 対象の回線状況を知るための情報になります。

この pingを介して Google、Bing、Yahooなどに通知します。

* Yahooというワードは どこにも出てきませんが
Yahoo search は Bingを利用しているので
Bing更新後に Yahooにも表示される仕組みになっています。

この サイトマップの インデックスファイルのURLサーチコンソールと連携する際に必要になります。

基本的な設定

新しい投稿の公開や 古い投稿を編集し更新される毎に ping が送信されるようにチェックを入れます。

HTML形式でのサイトマップ

XML標準を理解しないプログラムなどに対応するため
HTML形式でサイトマップを生成するという項目ですが このチェックにより
Google search Console が動作しないケースがあります。

投稿の優先順位

投稿の優先順位は 自動計算せず あとの コンテンツの優先順位から個別に設定した方が
詳細にコンテンツを選択することができます。

含めないコンテンツと除外するアイテム

サイトマップに含める・含めたくないコンテンツの設定と Excluded items
アイテムを除外するという点で 似た設定項目ですが
コンテンツでは タグ・アーカイブ・固定ページなど 除外するアイテムでは
個別の内容が薄いページなど サイトマップに表示したくない カテゴリーやページを除外します。

個別ページを除外する場合、個別に登録する必要があり その際に投稿記事のIDが必要となります。

個別記事のIDは 公開されている URLとは別の 管理画面でのページURLの中で
“post=●●●"と表示される部分になります。

投稿一覧画面で記事タイトル部分に カーソルを合わせることで 個別ページのURLを見ることができます。

Change Frequencies - 変更の頻度

毎日・毎週・毎月と変更の頻度を設定しますが これは 絶対ではなく
検索エンジンのクローラーが 巡回のヒントとして利用するものと とらえておきます。

優先順位の設定(priority)

先ほど自動計算しない。と設定した項目、コンテンツごとの優先順位の設定です。

=1.0 を最高値としてそれ以下の数値で コンテンツの重要度を設定します。

以上の設定が完了しましたら 設定を更新をクリックし終了です。

Google search Console と連携

以前は ウェブマスターツール という名称でしたが 現在、サーチコンソールと変更されています。

このサーチコンソールは XML-Sitemapを利用した Webサイトの解析をする
Googleのサポートツールになり Google 検索結果での 検索順位に関するレポートや
ページのエラーなどを知らせてくれる機能など サイトの改善にとても役立つツールになります。

他にもアナリティクスなどもありますが、それぞれに分析できる分野がありますので
こちらの登録もお勧めです。