<>

データベース のクリーンアップ 【 WP-optimize 】プラグインの使いかた

データベースの 最適化 や 画像圧縮などができる プラグイン WP-optimize

画像圧縮 や データベースの最適化 などのプラグインは ほかにもあるのですが
WP-optimize は WordPress テーマの Luxeritas と相性が良いという事なので
今回 使い方などを 分かりやすくまとめていきます。

WP-optimize

WP-optimizeは データベース・画像圧縮・キャッシュの最適化のためのプラグインです。

これらの設定は Webサイトの表示速度などのパフォーマンスの低下の原因となる項目で
サイトからの離脱を減らすといったことにもつながります。

サイトの表示速度がどれくらいなのかを測るPageSpeed Insight サイトがありますので
まだチェックしたことのない方は一度 この記事も参考にしてみてください。

プラグインのインストール

WP-optimize プラグイン

プラグインの新規追加からWP-optimizeを インストール したら有効化していきます。

サイトのバックアップを取っておく

データの編集・削除などの作業は 誤って大事なデータを消してしまった、などということも出てきますので
事前のバックアップをしておくことと常にセットで実行すると考えておく方がいいですね。

ここでは Updraftplus というプラグインを使用したバックアップをおすすめされます。
Updraftplus プラグイン インストールのしかた

プラグインなどを増やしたくない方は レンタルサーバーやデータベースから直接バックアップすることもできます。

WP-optimize – データベース

データベースでは Webサイト に必要なすべての データが保存されています。

例えば、新しい投稿 や 編集後 ページを 保存するたびに リビジョンが作成されます。

編集保存のリビジョン

これにより、ほぼ使用されていない大量の データが データベーステーブルに保存されるのです。

これはデータの追加・削除・移動など 時間の経過とともにとても 非効率 なものになり 高速化の妨げとなります。

WP-optimize-データベースの最適化の画面
データベース最適化の画面では各項目と現在のデータベースの状況が表示されています。

設定の主な項目は データベーステーブルの最適化
投稿リビジョンをクリーンアップClean all auto-draft posts

この2つの項目、リビジョン と 下書き投稿 ( 保存 )  なんだか似ているようですが
それぞれに 少し違う機能ですので 少し確認しておきます。

リビジョン

記事の編集で下書き保存 または 更新した際に リビジョン が作成されます。
編集保存のリビジョン

以前の内容に戻したい時などはこのリビジョンで表示、復元できますので便利な機能です。

リビジョンも すべて削除してしまわないように 設定画面から保存する値を指定しておくことができます。

自動下書き投稿

投稿作成中に 自動的に下書き保存される機能です。

投稿記事の作成中 記事を書いている間は だいたい2分くらいでどんどん更新されていきます。

この自動保存は 間違って保存せずに画面を移動してしまった後に 投稿を開いた時、
自動保存から バックアップ、復元することができる機能です。

どちらも必要なデータを消してしまった、又は戻したいときに 自動保存とリビジョンから
その場面によって選択され復元に使用される機能ですが 放っておくと膨大なデータ量になってしまいます。

個別に最適化

最適化を実行
まれに 一括で最適化できない場合などがあります。

その場合は チェック項目を個別に実行していく方法で対応できます。

WP-optimize – 画像

画像も枚数が多くなればサイトの負担となります。

圧縮により負担を軽減することができますが設定によっては 画質が落ちてしまうことがありますのでご注意ください。
WP-optimize-画像圧縮の設定
画像を個別で圧縮設定する場合は、一つ目を off  、2つ目を on にします。

個別の設定では 記事作成画面や メディア編集画面から設定できます。

圧縮設定の種類

圧縮設定について 2つの項目の ヘルプを分かりやすく翻訳してみました。

・最大圧縮を優先する
 非可逆圧縮を使用して 画像ごとに最大の節約を保証します。
 結果の画像は わずかに低品質になります。

・詳細情報の保持を優先する
 ロスレス圧縮を使用します。これにより イメージ品質は大幅に向上しますが 
 イメージごとのファイルサイズの節約は少なくなります。

圧縮方式によって 圧縮の性質が違ってきます。
どちらを優先させるか、または カスタムで微調整する方法もあります。

個別の圧縮のしかた - 投稿・メディア画面 -

個別の設定では 記事作成や メディア編集画面に このように【画像を圧縮】の メタボックスが表示されています。
実際に圧縮してみます。
WP-optimize-個別に画像圧縮-1
先ほどの画面と同じですので、圧縮の種類を指定します。

WP-optimize-個別に画像圧縮-2
圧縮をクリックしたら 圧縮が始まりますのでしばらく待ちます。

WP-optimize-個別に画像圧縮-3
圧縮が終わりました。この画面では、結果圧縮はされていませんが
〇〇KB から 〇〇KB に 〇〇% 圧縮されました。と表示されます。

非圧縮画像の設定

WP-optimize-非圧縮画像の設定
圧縮したくない画像はこちらで設定しておけます。

compress the selected images   選択した画像を圧縮する
mark as already compressed すでに圧縮済みとしてマーク

おわりに

WP-optimize の使いかたについて解説していきました。

キャッシュについては 別記事にてまとめましたので合わせてご覧ください。