<>

【AdSense 広告】無効クリックからサイトを守る【AICP】ワードプレス |プラグイン

アドセンス広告を必要以上にクリックしてしまうと広告が停止になったり
管理者(サイトの運営者)が罰則を受けなくてはいけません。

これが外部からの嫌がらせによる場合、Webサイトを守るために
AdSense Invalid Click Protectorというプラグインを取り入れる方法があります。

AdSenseポリシー 注意事項と禁止事項

アドセンス広告掲載を利用していく中で 禁止事項や外部からの嫌がらせを受けることや
知らない間に禁止行為をしてしまっていたなど、注意しておきたいことがあります。

まず、AdSenseの ポリシーに注意事項として記載されています一文をごらんください。

– 無効なクリックとインプレッション –
Google 広告のクリックは、ユーザーの純粋な関心に基づいて 行われる必要があります。
Google 広告を 作為的にクリック または表示することは禁止されています。

このように、作為的にクリックされた場合は 無効なクリックとなります。

自分自身でクリックして収益を稼ごうとする人はいないと思いますが、
悪質なユーザーによって、何度もクリックされてしまうというケースがあり
これを 通称 アドセンス狩り と呼ぶようです。

このように他者の不正行為によるクリックでも 罰則を受けるのは管理者。
AdSense 側からは 広告停止などの制限がかけられてしまいます。

AdSense Invalid Click Protector

AdSense Invalid Click Protectorは このような不正行為を防ぐために有効なプラグインで
広告の 最大クリック回数の制限や 制限を超えたユーザーを ブロックしてくれたり、
一部の国で サイトに広告が表示されないようにすることもできます。

クリックプロテクターの使用方法には2つの設定を行う必要があります。

1つはプラグインをインストールし、クリック行為に対する詳細な設定を行います。

2つ目の設定は アドセンス広告をショートコード化する。という設定です。

ショートコード化の設定の方は少し複雑ですので別記事に分けました。
プラグイン【AICP】functions.phpでのショートコード作成

インストール

プラグインの 新規追加で AdSense Invalid Click Protector を検索・インストールします。
AICP-プラグイン導入画面
インストールが完了しましたら settings から各設定を行います。

設定

分かりやすく 和訳の表示で解説していきます。
AICP-設定項目画面

1 ~ 3 の項目 ではクリックに関する設定になっています。
1. 最大のクリック回数  同じユーザーからのクリック回数を制限します。

2. 先ほど設定した クリック回数に対する時間設定
デフォルトの状態でいうと、3時間以内に3回のクリックになります。
3時間以内にクリックした場合、そのユーザーには広告が表示されなくなります。

3. 広告が表示されなくなってから、再表示されるまでの時間になります。

すべて 基本的にはデフォルトのままで問題はないと思います。

次に、IP-APIProキー について ですが、基本このプラグインは 無料APIバージョンを
使用していますが、1分あたりに150を超えるリクエストでは無料バージョンでは
対応することができなくなり、エラー表示される可能性があります。

このような場合は、IP-APIのProバージョンを取得する必要があります。

6. 禁止国リストを設定する場合、アルファベット2文字の国コードが必要になります。
特別なことがない限り、設定の必要はないと思いますが、設定されたい場合は
AICP-禁止国リストの設定画面と国コードについて
こちらをクリックすれば 国コードのサイトが表示されます。

他にも、一覧が分かりやすく表示されている サイトはこちら → IBAN – 国コード ALPHA-2

この後の設定 functions.phpへのショートコード作成はこちら