<>

【 WP-Optimize 】キャッシュの基礎知識と設定のしかた|WordPressプラグイン

サイトの キャッシュ・データベースのクリーンアップ(最適化)・画像の圧縮
これらは SEO対策として欠かせない サイトの表示速度を上げるために必要な項目になります。

それぞれ WordPressのプラグインによって設定と対策をしていくわけですが
WP-Optimize では この3つの機能がオールインワン! ひとつのプラグインで管理出来てしまうという優れモノなのです!

特に WP-Optimize キャッシュ機能は 世界最速のキャッシングエンジンを中心に構築されていることと
シンプルで使いやすく ある程度 無料で利用できるということもあり、是非とも 取り入れたい機能のひとつです。

ここでは WP-Optimize Cache を中心にキャッシュ機能についての 基礎から設定までをまとめていきます。

キャッシュって どんな機能?

キャッシュとは 閲覧した情報を記憶しておく仕組みのようなものです。

Webページの読み込みが遅いということは ユーザーにとってはとてもストレスが大きく
サイトから離脱してしまう可能性があるため 表示速度の速さはとても重要です。

一度目の訪問で 閲覧したWebページを保存(キャッシュ)することで
次回のページの読み込み速度を上げることが可能になります。

WP-Optimize ホームページでは キャッシュ機能についてこのように説明しています。(和訳)

動的データを一時ストレージ領域に保持して、瞬時に取得できるようにします。
これは Webページが超高速でロードされることを保証する確実な方法です。

WP-Optimizeキャッシュ機能は WordPressの投稿とページを静的ファイルとしてロードするため、
Webサーバーの処理負担が軽減され
(PHPとMYSQLが使用されている場合は過負荷が防止され)
Webサイトの速度とパフォーマンスが向上します。

WP-Optimize – Homepage より

デバイスとサーバー の関係と キャッシュコンテンツと ページのイメージ

本来 データベースで 記事や画像が管理され ユーザーからのリクエストにより
Webサーバーを通して リクエストに応じて情報を 呼び出します。

キャッシュは 一度目のリクエストで表示されたページを 記憶装置(ストレージ領域)
キャッシュコンテンツ
に保存し2度目以降 そのストレージから呼び出すことで読み込みの速度が短縮されるんですね。

Cookieとの違いは?

情報を保存する、記憶する などというと Cookieとよく似ているようで間違いやすくないですか?

Cookieは ログイン情報の保存や ショッピングサイトなどでは カートに入れておいた商品も
後日、ログインした際に同じ状態で カートに保管されている、といった機能になります。

ユーザー側の情報を一時的に保存するための機能なんです。

ブラウザのキャッシュ

キャッシュにもいろいろな種類がありますが、一般的にはブラウザに対するキャッシュで
ブラウザ画面の読み込み速度を上げるための 画像やページデータの保存をしてくれる、といったものになります。

Google Chrome などのブラウザや メルカリなどのアプリでも
自分自身が 手動でキャッシュを消去するという機能があります。

古くなってしまった情報などは デバイスの容量を圧迫させる原因にもなりますし
読み込みが遅くなるので 定期的に消去するほうがよさそうです。

Webページの分析も高速に!

検索エンジンのクローラーによる Webページの収集・分析も キャッシュが活用されていて
Webページにアクセスしなくても キャッシュすることで高速に分析を行うことができます。

デメリット・注意点は? 情報の更新

せっかくのキャッシュ機能ですが Webページの情報が更新された場合、でも
キャッシュが古いままの記憶(画面)でブラウザに表示されるというデメリットがあります。

WP-Optimizeの場合、投稿記事を編集した場合などは キャッシュがクリアされるようになっているようですが
ユーザー自身が 行うキャッシュと同じように Webサイト側でもキャッシュは
一時的に情報を保存するための場所で 定期的にキャッシュを削除する必要があります。

これはサイトの性質などによるので 更新頻度が多いサイトなどは キャッシュ期間を短くするなど見極めて対応します。

WP-Optimize キャッシュの設定


それでは プラグイン WP-Optimize のキャッシュの設定をしていきます。

インストールがまだの場合、インストールし有効に設定します。

ページキャッシュの設定

ページキャッシュ有効化

ページキャッシュを有効化することで キャッシュ機能を有効にします。

キャッシュをパージ

通常は指定した期間でキャッシュはクリアされますが サイトの更新などにより
今すぐ削除を行いたい時にクリックします。

注意

プリロードの設定している場合、削除後にキャッシュが作成されますので
数値はゼロにはなりません。

キャッシュ設定

モバイルをメインにサイトを作成されている場合、
ログインを必要とするサイトを運営しているなど 必要であればチェックをいれます。

キャッシュ期間はデフォルトで24時、
更新の多いサイトでは情報が古くなってしまうため 少し短い期間設定
更新頻度が多くなければ 長めの期間に設定します。

キャッシュの先読み(プリロード)

先読み機能(プリロード)は サイトマップを利用し すべてのサイト記事をキャッシュしておく
といった機能で これにより 読み込み時間が短縮されます。

すべての記事をキャッシュすることで ユーザーへのパフォーマンスは上がりますが
サーバーに負担がかかるといったこともあるようなので 更新頻度によって
今すぐ実行 スケジュール期間を調整する必要があります。

サイトマップに関してはこちらにまとめています。
【 SEO対策 】Google XML sitemapの設定|WordPress プラグイン

除外設定で キャッシュしないページ設定

ログインしたユーザー、特定のURL、又はCookieを除外することにより必要なものだけをキャッシュできます。

キャッシュしたくない投稿記事

個別記事でキャッシュが不要の場合、各 投稿編集画面からキャッシュの設定(Noarchiveをチェック)をします。

まとめ

なんとなく耳にする ‟キャッシュ” ですが そのメリット・デメリットなどSEO対策としても
重要な設定だということが分かりました。

この記事の作成の参考にさせて頂いたサイトはこちらです。
IT-Memo-TV – WP-Optimize ページキャッシュの設定=WordPress プラグイン

WP-Optimize その他の設定は こちらでまとめています。
データベース のクリーンアップ 【 WP-optimize 】プラグインの使いかた

気を付けておくポイント!

キャッシュ系プラグインは 複数の使用ができないようです。エラーが起こらないように気をつけてくださいね!