<>

プラグイン【AICP】functions.phpでのショートコード作成

AdSense Invalid Click Protector はアドセンス広告の悪意のあるクリックなどからWebサイトを守るためのプラグインです。

使いかたとしては 作成したアドセンス広告のコードを短いコードに変換し
ウィジェットなどに貼り付けようというものです。

ショートコードの作成には functions.php にコードを書き込む といった少し難しい作業をしなくてはいけません。

AdSense Invalid Click Protectorの使いかた

クリックプロテクターの使用するにはプラグインをインストールし、初期設定を行います。
インストール・初期設定に関してはこちらの記事でまとめています。
【AdSense 広告】無効クリックからサイトを守る【AICP】ワードプレス |プラグイン

その後、アドセンス広告をショートコード化する。という設定を行います。

通常、アドセンスで作成したコードを ウィジェットに貼り付けて広告を表示しますが
AdSense Invalid Click Protector を組み込んだコード を利用する場合、
そのコードを 直接ウィジェットに貼り付けることは出来ません。

広告のコードを ショートコード化して ウィジェットに貼り付ける。
という、作業が必要になるのです。

ショートコード作成

プラグイン詳細を表示でもショートコード作成のための方法が紹介されています。

AICP-プラグイン詳細画面- ショートコード化の説明とphpコード

この例文をベースに 内容を自身のサイト用に編集し functions.php へ貼り付ける という作業を行います。

コードの作成を安全に行う為に必ず サブライムテキストなどのエディタ画面や
メモなどの文章作成の画面を使っての編集をお願いします。

コード編集に便利なSublimeTextに関する記事はこちら
テキストエディタ【 SublimeText 】のインストールのしかた

AICP-コード編集箇所を色分けで表示
こちらがコードの全文です。変更する箇所を色分けして分かりやすくしてみました。

書き換え① ショートコード名とファンクション名

すでに 一部変更してありますが、こちらが phpコードの ベースになります。
( このままコピーして頂けます。)

ショートコード名 1か所と ファンクション名 2か所 を書き換えてあります。
 your_shortcode_name  の部分に ad_01
your_shortcode_function_name の部分に fun01 と付けてみました。

① " your_shortcode_name “と" your_shortcode_function_name"
それぞれの数字は同じに合わせなくても構いません。

② アドセンス広告コードごとに設定する必要がありますのでそれぞれの名前を変えて作成します。

③ ショートコード名・ファンクション名が重複しないよう作成してください。
これをせずに functions.php にいくつものコードを貼り付けると
テーマが壊れてしまい、すべての画面が表示されなくなってしまいますので注意してください。

書き換え② アドセンスの広告のコード

<!– ここにAdSense広告コードをペースト –> の部分を消して 自身の広告コードと置き換えます。

書き換え③ ブロックした訪問者へのメッセージ

最後の警告文も 日本語に変換しました。こちらの文章は 変更しても しなくても どちらでも。
ご自由に設定してください。

functions.phpへの書き込み

テーマによってはこのようにテーマの編集画面があります。
ルクセリタスの場合も、編集などの作業がしやすいように 分かりやすく表示されています。
管理画面 → Luxeritas → 子テーマの編集 → functions.php です。

子テーマの編集 - functions.php

/*以下、お好みに応じて子テーマ用の関数をお書きください。~*/
と、書かれている下の空白部分に 先ほど編集した コードを貼り付けます。

子テーマの編集 - functions.phpへコードの貼り付け

サイトエラー になってしまった場合

万が一、編集が失敗してしまってサイト画面が表示できなくなった場合、
functions.phpの編集に問題があったと考えられます。

① 管理画面に入れる状態でしたら functions.php に記述したコードを一度削除して保存します。

② 管理画面にも入れない場合、サーバーからサイトのファイル管理画面にアクセスし
functions.phpのファイルから記述したコードを削除できます。

Xserver の場合ですと ログイン > ファイル管理 をクリック >
自身のWebサイト名>public_html > wp-content > themes > luxech(ルクセリタス子テーマ)>functions.php > 編集です。

ウィジェットでショートコード広告を設定

最後に ウィジェット編集画面から 広告の設定をしていきます。

ウィジェットにショートコードを記述する方法

作成したショートコード " ad_●1″ を [ ] で囲う形でHTMLコードが記述できるウィジェットに書き込みます。

Luxeritasでは#1 アドセンス(Luxeritasオリジナル)というウィジェットがありますので
こちらを利用すると簡単に設置することができます。

スポンサーリンク

広告にはこれは広告ですよ。という意味で 「スポンサーリンク」や 「広告」 の表示を付ける必要があります。

スポンサーリンクの表示方法について - サイト画面で確認
サイドバーのタイトル名に入れるとサイズが大きすぎるので
カスタムHTML や テキストを使用する場合は コード内に書き込むことをお勧めします。

おわりに

今回、AdSense Invalid Click Protector の導入と設定に関して参考にさせてもらった
FLAPPER さまの記事を参考に この記事を作成させて頂きました。
ありがとうございました。

FLAPPER – アドセンスのアカウント停止を防ぐプラグイン、AICP(Adsense Invalid Click Protector)