<>

ピンバック・トラックバックの意味と使いかたについて|ワードプレス

WordPressの設定の中に ディスカッションの設定項目があります。

ディスカッションの設定は おもに2つ。

  • コメントに関する設定
  • ピンバック・トラックバックの設定

このピンバック・トラックバックの役割と使いかたについてまとめていきます。

トラックバックとピンバック

ディスカッション設定や 投稿画面でトラックバック・ピンバックを受け付ける( 許可する )とあります。

本サイトで使用している WordPressテーマ ルクセリタスでは
ピンバック・トラックバックを有効にするとWebページの下にこのような画面が表示されます。

この2つ 仕組みは似ているものですが 少し違いがありますので分けてみていきます。

トラックバックとは

トラックバックとは Webサイト間で通知する方法として設計されたものです。

投稿記事によっては 他サイトの コンテンツを紹介したり、
引用・参考にさせて頂いた記事などの場合、記事内にそのサイトのリンクを貼ることがあります。

この リンクを貼った際に 相手側に「記事を紹介してくれたサイトがありますよ。」と、
リンクされたことが分かる仕組みがトラックバックです。

基本的には記事の下部、コメント欄の置かれる場所あたりにある トラックバック専用のURLを使用します。

このリンクを貼ることで トラックバックping が自動的に送信され 相手に通知が送られます。

承認されれば成功相互リンク)になります。

ピンバックとは

ピンバックは WordPress独自の機能で WordPressサイト間でのリンクで 自動的に通知を受け取ることができます。

トラックバックとよく似ているのですが 他のサイトの場合、
トラックバック専用のURLを使用する必要がありますが WordPressのサイト同士の場合
通常のURLのリンクでかんたんに 通知することができます。

トラックバック専用のURLを表示していなくても 相手もWordpressサイトなら
URLのリンクで自動的に通知が届きます。(こちらが通知を受け取る設定にしている場合)

メリット&デメリット

このトラックバック・ピンバックの目的(メリット)とデメリットについて考えます。
ー ここではすべて トラックバックを省略ピンバックとだけ書かせて頂きます。ー

SEOとしての効果

① 被リンク(他サイトのリンクを貼る)ことで自身のサイトに興味を持ってもらえたり
優良なサイトだと評価し 承認( 相互リンク )してもらえることで 自身のサイトの評価を上げることにつながります。

② 相互リンクの状態になると 相手のサイトからのユーザーも自身のサイトに訪問してくれることが期待できます。

③ 相手サイトのコメント欄にコメントするのではなく、自身のサイトから
リモートコメントという形でリンクさせ 相手の記事に対してのコメントをするケースなどもあります。

スパム・悪質なサイトからのピンバック

コメント欄の設置でも同じですが 悪質なサイトからのピンバックです。

ピンバックされたサイトをチェックしてみたところ、
リンクが羅列してあるだけのサイトだったということが多々あります。

このようなサイトを承認してしまうと こちらのサイトの評価は下がり、
相手の評価を上げてしまうという最悪な状況になります。

設定のしかた

トラックバック・ピングバックの表示・非表示などの設定は以下の 4か所から行えます。

  1. 管理画面 → 設定 → ディスカッション
  2. Luxeritas → カスタマイズ(外観) → ディスカッション
  3. 投稿ページから個別に設定
  4. 投稿一覧から一括で設定

ディスカッションから設定

管理画面 → 設定 → ディスカッションの 投稿のデフォルト設定です。

上から
当サイトから 相手への通知(トラックバック・ピングバック)
投稿記事内に使用した 他サイトのすべてのリンクに通知を送る

● 当サイトへの(トラックバック・ピングバック)を受けるかどうか
ここでチェックを外していても 個別で記事ごとに 受け付ける・受け付けない と分けることもできます。

その他の コメント・スパム対策に関する設定はこちらを参考にお願いします。

ルクセリタス 外観カスタマイズ設定

Luxeritasでは外観カスタマイズに ディスカッションの設定があります。

ここではコメント欄・トラックバックURLの表示・非表示の設定が行えます。

外観カスタマイズ・ディスカッション - コメント欄の表示設定

ディスカッション - コメント欄とトラックバックの表示設定

設定する場合、記事下( 関連記事がある場合その下 )にボックスが表示されます。
サイト画面を見ながら設定が行えるので分かりやすいです。

投稿記事ごとに個別設定

ディスカッションで通知設定を OFF にしていても 投稿記事から個別に通知指定することができます。

① 投稿の編集画面の上部に表示オプションというボックスがあります。

② このボックスから ディスカッションを選択すると
投稿記事の下部に ディスカッションの設定ボックスが常時 表示されるようになります。

③ ここから 投稿記事ごとにコメントの許可・このページのトラックバックとピングバックを許可する設定をすることができます。

一括で設定を変更

また、当初の設定から変更したい場合、すでにたくさんの記事を投稿している場合は個別で変更するのは大変です。

同じ設定で変更する場合、投稿記事の一覧で1ページ毎に一括で変更できます。

① 一括操作のボックスにチェックを入れて 項目を編集にセットし 適応をクリックします。

② 編集できる項目の中から トラックバック/ピングバックの編集を行い 更新をクリックして完了です。

モデレートしてください(承認待ち)

悪質なサイトからの対策として 個別にチェックして承認するというのが安全な方法になります。

通知があればメールで知らせてくれるよう設定でき
モデレートしてください」といったメッセージが届きます。

他サイトから受け取った通知内容は コメント欄に表示され 承認待ちの場合、このように表示されます。

あとは 投稿者のサイトのチェックをしてみて 承認していいかどうか判断します。