<>

カスタム構造を使って最適なパーマリンクを設定【WordPress】

パーマリンクは WebサイトのURL (ドメイン) のあとに続く 記事ごとのURLの部分を設定するものです。

日付や数字、Webページのカテゴリーやタグなどを組み合わせたりして設定していきます。

Webサイトの中にある膨大なページ(コンテンツ)のグループ分けと同じく
パーマリンク設定もサイト内の記事を分類分けし、URLとして使用する重要な項目になります。

記事のURL になるこの パーマリンク を 記事作成を始める前に設定しておきましょう。

パーマリンク とは?

初期設定では https://Webサイト名.com/ の後に続くパーマリンクの部分には
数字が割り当てられていますが この “URL" を どのような文字列にするのかは 自分で設定することができます。
パーマリンク設定の選択画面 - 共通設定の項目 -

設定の基準は?

パーマリンク設定画面の共通設定では 数字・日付などが入ったものが多いですが
検索エンジンでは 意味の分かりにくい文字列などを好みません。

記事タイトルのスラッグとしても URLに適した設定にすることが大切です。

スラッグとは

カテゴリや タグを作成する際に URLとして使用されるワードで
世界共通で理解できる言葉として 英数文字で作成します。

URL構造はシンプルに

Google が提唱する URLの2つの要件

サイトのURL構造はできるだけシンプルにします。

理論的かつ 人間が理解できる方法で( 可能な場合は IDではなく
意味のある単語を使って ) URLを構成できるよう コンテンツを分類します。

- Google検索セントラルの 一文より引用 ー  

Googleが提唱する URLの条件にもあるように パーマリンクに使用する文字は
人間が理解できる単語、カテゴリや 記事内容に関連する単語を使用するのが
好ましいので 今回、カスタム構造を使い パーマリンクを設定していきます。

カスタム構造を使った パーマリンクの設定

ダッシュボード画面から 設定 → パーマリンク設定を開きます。

カスタム構造 は共通設定の下にあります。
パーマリンク設定 - カスタム構造で使用できるタグの一覧 -
カスタム構造では 年・月・日・時間など項目があり 自由にタグを組み合わせることが出来ます。

今回は %category% ( カテゴリ )と %postname% ( ポストネーム ) を使用します。

https://Webサイト名.com/ カテゴリ名 / 投稿記事名 / というURLになります。

それぞれ スラッグで設定した 英数文字で表示されるイメージです。

新規投稿でパーマリンク作成

記事投稿画面から 新規投稿にパーマリンクを作成してみます。

パーマリンク設定 - カテゴリの後ろ - 記事名の編集

まだ何も書かれていない 新規投稿の画面では リンクは表示されていませんが
記事を保存したり公開するとこのようなパーマリンクが表示されます。

カテゴリとポストネームでのパーマリンク作成ですので それぞれを指定していきます。

カテゴリ設定

カテゴリは 記事に合わせて画面右の一覧から選択します。
投稿画面-カテゴリーの設定ボックス

カテゴリは ① 投稿>カテゴリーの編集画面から事前に作成しておくか
② 投稿編集画面の右サイドにある カテゴリーの新規追加でその都度作成することができます。

この場合、日本語で作成されたカテゴリー名は必ずスラッグ名の編集を行ってください。

カテゴリーを指定し 仮にタイトルを入れて記事を保存してみると、リンクが生成されました。

パーマリンク作成 -タイトル作成後 リンク生成あり
postname は英数文字のままですが リンクが生成されました。

postname (ポストネーム)の編集

現在の英数文字のpostnameを編集していきます。

パーマリンクの末尾にある 編集ボタンをクリックし タイトルに合ったワードを 英数文字で作成します。

ポイントは① その記事やタイトルからキーワードを設定することと
② URLが長くならないよう、短めのワードが好ましいです。

表示に/category/が入ってしまう場合

WordPressテーマなどによっては category で設定した場合、URLにカテゴリ名ではなく
/category/  という ワードが挿入されてしまうケースがあります‼

URL が正確に表示できない場合のオプション設定 - カテゴリーベースにドット
その場合、パーマリンクの設定のオプションの項目に
このように ドットを記入することで改善されると思いますので試してみてください。