<>

【SEO対策】メタディスクリプションの必要性とワードプレスでの設定|ルクセリタス

WordPressでは 投稿の編集画面に 説明の変更 (meta description) を記入するスペースがあります。

この記事について 説明を変更したい場合はここに記述してください。とありますが、
何と変更するのか、どのような設定なのかを調べてみました。

メタディスクリプションとは?

検索エンジンによる検索結果の一覧で 記事のタイトルと 記事の内容を伝える文章が表示されます。

この文章のことを Webページの要約文・一般的には「 切れ端 」などの意味で Web用語で スニペット といい
SEO対策として設定することを メタディスクリプションと言います。

メタディスクリプションのイメージ画像

検索結果のタイトルと この短い文章から ユーザーは探している情報があるのかを判断し、
サイトに訪問してくれるかどうかが決まる。ということになりますね。

この文章は変動する?

メタディスクリプションを設定しない場合ではどうなるのか?

本文の冒頭が表示されるケースや ユーザーが求めるキーワードに対して検索エンジンが自動的に記事内から抜粋されます。

これはメタディスクリプションを設定した場合でも同じで 検索エンジンの判断で自動的に変更される場合もあり
常にメタディスクリプションが表示されるわけではないようです。

また これは一例ですが 自分のWebサイトのURLを検索エンジンで表示させ、
どのように表示されているのかを チェックしてみたところ
トップページや カテゴリページの メタディスクリプションが
ページ内に設置している 広告のメッセージや タグの文字の羅列になっていてびっくり!!

これはトップページや カテゴリページに メタディスクリプションの設定していなかったことが原因でした。

これでは、何を伝えたいサイトなのか分からず 訪問してくれるユーザーさんが減ってしまいますので各箇所に設定しておくことをお勧めします。

メタディスクリプションの設定

先ほどにもありましたように トップページやカテゴリページなど すべてにメタディスクリプションを設定したいですよね。

ワードプレスでは SEO対策のためのプラグインがあり、メタディスクリプションなども含めて設定する方法もあります。
ですが、このようなプラグインは SEO全般をサポートするものです。

ルクセリタスを利用されている場合、SEO対策が重複してしまうという事になり、
SEOの逆効果となってしまうため プラグインはお勧めしていません。

今回は プラグインなしで設定できる場所をご案内します。

一般設定のキャッチフレーズ

WordPressの一般設定にサイトのタイトルとキャッチフレーズを設定する画面があります。

このキャッチフレーズは サブタイトルとして タイトルの下などに表示されるものですが
トップページの メタディスクリプションを設定していない場合、
こちらが サイトの メタディスクリプションとしても使用されてしまうことがあります。

Luxeritasのメタディスクリプション設定

Luxeritasテーマでの トップページ・カテゴリ・タグの メタディスクリプションの設定場所はこちらです。

ホーム(トップ)ページ

Luxeritasの 設定項目 → カスタマイズ画面の SEO関連に メタディスクリプションの設定があります。

トップページは、ここに直接書き込みます。

カテゴリとタグのメタディスクリプション

各、カテゴリやタグは 投稿の項目 → カテゴリ・タグ の編集画面にある
説明に書き込むことでメタディスクリプションとして検索エンジンへ 表示することができます。

以前、この説明は デフォルトでは特に意味を持たない。と書かれていたので空欄にしていましたが
Luxeritasでは この説明文がメタディスクリプションとして使用されます。

メタディスクリプションを書くポイントは?

検索エンジンで上位表示されるために必要な 文章・キーワードなど
タイトルや メタディスクリプションにどう取り入れるか、という事がポイントになります。

ユーザーの目に留まる文章を書くためのポイントを3つ 意識しながら メタディスクリプションを書いていきます。

文字数 は120文字程度に

文章が表示されるスペースは限られていますので 長い文章だと 後半は 【…】 と表示されてしまいますので
何が書かれているのかが分からなくなってしまいます。

文字数は120文字くらいでまとめるのが理想的です。

大事な文章は冒頭に入れる

後半は 文章が途切れてしまう可能性を考えて、必要な文章は前半に持ってきておきます。

これは 記事のタイトルも同じことが言えるようです。

キーワードを明確に

この記事で何を伝えたいのかを表す言葉が キーワードということになります。
記事の内容が分かりやすくまとめられた メタディスクリプションが必要といえます。

おわりに

メタディスクリプションのポイントは、短い文章で情報を的確に伝える。ということで
初めはとても難しいのですが 短い文章に要約するという作業が ライティング力を高めるというか、
いい記事を書くための 良いトレーニングになっているようにも思います。

ツイッターなどで短い文章になれている方は、かんたんかもしれませんが…。^^;

メタディスクリプションが反映されるまで

メタディスクリプションに限らず、記事のタイトルを変更したり
サイトの情報を変更しても 検索エンジン上ですぐに更新されるわけではありません。

検索エンジンの上位( 1ページ )から クローラーがサイトをチェックしていき
新しい情報に更新されるという感じですので しばらく待ってみましょう。

検索エンジン 順位の確認

また 自分がどれくらいの位置を知り、常に改善点を考えていくという事が大事だと考えます。

Search Console では 自身のWebサイトの記事が検索エンジンにどのように評価されているのか
ユーザーの訪問状況・滞在時間など、有益な情報を得ることができます。

【Google Search Console 】登録に必要な設定まとめ|WordPress