<>

外観カスタマイズから基本的な目次の設定|ルクセリタス

ユーザーにとって目次は Webページの見出しタイトルからどのような記事が書かれているかを知るために有効なツールでもあります。

WordPressテーマ ルクセリタスの 外観カスタマイズからかんたんに目次設定することができ
投稿画面からも記事ごとに目次を表示させない、など個別に設定することもできます。

この外観カスタマイズでの 目次の基本的な使いかたと設定の仕方などをまとめていきます。

外観カスタマイズから目次を設定する

外観カスタマイズ > 目次の項目から 基本的な目次の表示のしかたを設定していきます。

外観カスタマイズでは Webページでのバランスを見ながら設定することができますので、
見出しタイトル(H2・H3)が 2~3個あるWebページで外観カスタマイズを行ってください。

目次の自動挿入 / スタイルの適用アリとナシ

自動で目次を挿入する の設定では 記事の見出しの表示条件の数 ( H2の数 ) に達すると
目次が自動的に表示されるという仕組みです。

目次のカスタマイズ項目とデフォルトの目次のスタイルイメージ

画像の右側が 目次のイメージ画像です。
スタイルの適用ありでは 難しいカスタマイズをすることなく バランスの良い目次を表示することができます。

目次の階層

目次に表示させる見出しは h2の階層からどの階層までを表示させるかという設定です。

見出しの階層は多くても H4 くらいまでが バランスがいいのではないでしょうか?

開始の状態と色の設定

目次を閉じた状態で ユーザーが必要な時に開く、という設定と 色指定のイメージです。
目次のカスタマイズ項目 - 開始状態と色の設定イメージ

ここで簡単な色などのカスタマイズをすることができるのですが
CSSで 追加のカスタマイズをする場合、重複しないようどちらか一方に記述するようにします。

投稿記事ごとに目次の表示を指定できる

投稿作成画面に 目次の非表示 というボックスがあります。
例えば、H2タイトル 3タイトルから 目次の設定をしていたとしても 記事によって 非表示にすることができます。

デザインをカスタマイズ

デフォルトでの目次デザインはとてもシンプルですのでカスタマイズしたい場合、
こちらでカスタマイズ方法をまとめています。
目次デザインをカスタマイズしてみる|ルクセリタス