<>

FTPクライアントプログラム 【WinSCP】のダウンロードと 接続のしかた

大切なサイトのデータを守るためや サイトの更新・アップデートなど
万が一のアクシデントに備えて サイトのバックアップを取ることが大事ですが
初めは どのようにバックアップを取ればいいのか分からないものです。

レンタルサーバーにも バックアップ機能があり、いろいろな方法・場所でのバックアップがあり
より安全性を考えて 数か所で管理できることが理想ではあります。

そのバックアップの一つとして PC上( ローカル環境 )に FTPファイルデータを
コピーする方法が FTPクライアント を利用したバックアップ方法になります。

コピーしたデータはPC上に置いておくこともできますが ファイルを zipで圧縮し
USB や CD DVD などにコピーして保管することもできます。

今回は、その データ保存のための FTPクライアント WinSCP の ダウンロードから 接続までをまとめていきます。

WinSCP 主な使い方とダウンロード

WinSCP とは?

WinSCP は FTP・FTPS・SFTPクライアントプログラム で、主な機能としては
ローカルコンピュータと リモートコンピュータ間で 安全にファイルをコピーすることができます。

またサイトを同期することができ、ローカル環境( PC 上)で
最新のファイルを保持することができるので、データのバックアップを簡単に取得できるのです。

また、 スクリプトや 基本的なファイルマネージャーなどの機能も提供しています。

WinSCP ダウンロード

WinSCPのダウンロードページはこちら→ WinSCP 公式サイト ダウンロード
WinSCP-公式ダウンロード画面
WINSCP 5.17.9(10.6MB) をダウンロード をクリックしてファイルがダウンロードされましたら
ファイルをクリック  インストールを開始します。

WinSCPダウンロード - 使用許諾契約書の画面
まず、使用に関する契約書に同意が求められますが、自身のファイルに関して使用する場合などは、
特に問題なく 許諾 をクリックして頂いて構いません。

かなり長い文章ですが 詳しく知りたい場合は、翻訳してみてください!!

WinSCPダウンロード - セットアップ形式の確認画面
セットアップ形式は 初めての場合、推奨の方で 次へ をクリック

WinSCPダウンロード - インストール情報の確認画面
完全なアップグレードを選択していますので、確認画面になります。良ければインストールを開始します。

WinSCPダウンロード - インストール実行中の画面

WinSCPダウンロード - セットアップウィザードの完了画面
セットアップウィザードの完了です。

WinSCPを起動 でFTP の接続画面へ移ります。
スタートページに チェックをしておくと WinSCPの 使用ガイドページが開きます。

WinSCP 接続のしかた

接続に必要な情報を確認していきます。
WinSCP-接続 ログイン画面

このように、接続には 転送プロトコル・ホスト名・ユーザー名・パスワード が必要になります。

確認方法は Webサイトを ホストしている レンタルサーバーからになりますので
ここでは、エックスサーバーの画面をつかって 解説していきます。

FTPアカウント情報の確認( エックスサーバー)

FTP情報の確認 - Xserver-サーバーパネル - FTP
初期に設定されたアカウント情報は、設定後に送られてきているメールにも記載されていますが
こちらの サブFTPアカウント設定画面からも確認することができます。

FTP情報の確認 - Xserver サーバーパネル- サブFTPアカウント設定画面
サブFTPアカウント設定画面の FTPソフト設定 のタブを開きます。

ホスト名は sv から始まる レンタルサーバー側から設定されたアドレス
ユーザー名は サーバーアカウント作成時に設定した サーバーID
パスワードは サーバーのログインパスワードと同じです。

パスワードの確認方法 - Xserverアカウント-ログイン画面-
パスワードの確認方法ですが、ログイン情報を保存している場合は 目のマークをクリックして
パスワードを表示させることができます。
最悪、分からない方は 問い合わせして確認しましょう。

WinSCPの 接続

それでは、接続画面に入力していきましょう。
WinSCP - 接続画面 - 転送プロトコルを設定
転送プロトコルは レンタルサーバの設定によって違います。
FTPを使用する場合、明示的な TLS/SSL 暗号化 の設定を選んでください。

WinSCP - 接続画面の保存 - デフォルトの設定として使う

入力情報の保存として、デフォルトの設定として使う のを設定すると
次回からの入力作業が省略されるので便利です。

これで接続完了です。続きはこちら↓
【 FTP 】WinSCP をつかって PC上にWebサイトデータをバックアップする