【 FTP 】WinSCP をつかって PC上にWebサイトデータをバックアップする

FTPクライアントプログラム WinSCPは Webサイトのデータを安全に コピーできるプログラムです。

この WinSCPの機能、 ダウンロード同期を使って
Webサイトデータを PC上に保存( バックアップ )する方法について まとめていきます。

では、まずログインから
サーバーで設定された FTP情報を入力し、ログインします。
WinSCP-接続 - ログイン画面

ダウンロードから接続については 前回まとめました こちらを ご参考ください。
FTPクライアントプログラム 【WinSCP】のダウンロードと 接続のしかた

WinSCPの 主な機能と使いかた

WinSCP-操作画面 ローカルとリモート画面の説明
操作パネルは 左側が 自身のPC( ローカル環境 )・右側が 先ほど接続した
レンタルサーバーの FTP情報が表示される リモートパネルとなります。

よく使うディレクトリを追加する( ブックマーク )

ブックマークのしかた - デスクトップを追加
ローカルパネル側によく使用する画面(ディレクトリ)をブックマークする機能です。
デフォルトでは デスクトップが入っていませんので、追加していきます。

ディレクトリの追加のボタン
ブックマークの選択BOXの横にディレクトリのアイコンがありますのでワンクリック
ディレクトリ・お気に入りを開く をクリックします。
追加の工程 - ディレクトの選択のしかた
参照から 追加したいディレクトリを選択し、OK をクリックします。
ディレクトリの追加のしかた
画面に表示されたディレクトリでよければ、追加をクリックして開いて完了です。

ひとつ前に戻る

各ボタンの使いかた - ひとつ前に戻る
前の画面へ移動する場合、PCキーボードの Backspace キーでも移動できますが
パネルの  左右の矢印 のボタンで 前後に移動
または ひとつ前のディレクトリへ移動する場合は ディレクトリのボタンから移動することができます。

ワークスペースの作成

ワークスペースは 何度も繰り返し作業する ディレクトリ画面を あらかじめ保存できるという機能です。

ワークスペースの作成 - ログイン画面のイメージ
このログイン画面の左側に 表示されている開けたい項目をクリックしてログインすると
保存先へ移動してくれますので、作用の効率アップにつながる機能ですね。

 セッションタブから - ワークスペースの作成のしかた
ワークスペースの作成方法は、操作パネルの セッションのタブから ワークスペースの保存をクリックします。

ワークスペースの作成 - 名前をつけて保存
ログイン時に毎回パスワードを入力するのは面倒ですが、非推奨になっていますので
その辺はご自身で判断してください。

ディレクトリを新規に作成

ダウンロードの章で説明していますが、ディレクトリの新規作成が必要な場合があります。WinSCP-ディレクトリの新規作成のしかたとフォルダ名の作成
リモートパネルにあるディレクトリと同じネームである必要がありますので
間違う事のないように、コピー&ペーストをお勧めします。

ダウンロード

WinSCP-ダウンロードと ドラッグアンドドロップ のしかた
ローカル環境に保存したい ファイルや ディレクトリを ダウンロードします。
ダウンロードは、ドラッグアンドドロップでも ダウンロードのボタンからでも同じです。

ドラッグアンドドロップ

コピーさせたいファイル(ディレクトリ)にマウスを合わせ 左ボタンを
押したまま 貼り付けたい場所まで スライドさせ、ボタンを離すと簡単に移動
または コピー ( ダウンロード ) ができる機能

これを ドラッグアンドドロップ といいます。

ファイルは 一度に 複数を選択しても 比較的ダウンロードすることができますが、
ディレクトリの容量が大きいものは、一度にダウンロードできない場合があります。

ディレクトリの階層イメージ
ご存じの通り ディレクトリは グループごとにまとめられた データを入れる容器のようなもので
ディレクトリは階層式になっており ディレクトリの中にさらに分類分けされた
ディレクトリ( サブディレクトリとも言います )が格納されている形になります。

このように、ディレクトリによっては かなりの情報量になり、
容量が大きすぎて ダウンロードできないというケースがあります。

WinSCPの強制終了

私のパソコンの場合、エラーになるというのではなく、WinSCPが 強制終了になってしまいます。
もちろん、ダウンロードもできていません。

次に起動した時には ログインの前に このような画面が表示されました。
WinSCP - 強制終了後の ログイン時の確認画面
はいを選択しても、起動に時間がかかりましたので
開く ボタンから フォルダに移動し、直接削除する方が早いです。

では、どうやってダウンロードするのかですが、手間はかかりますが ディレクトリを階層ごとに分けて
個別に ダウンロードしていくという方法で ローカル環境にコピーしていきます。

WinSCP-ディレクトリの新規作成のしかたとフォルダ名の作成
この画面では、public_html ディレクトリの中の wp-content のディレクトリを新規に作成するところです。
作成しましたら、wp-content の中のディレクトリを個別にダウンロードしていく。といった感じです。

WinSCP-ダウンロードの工程 - 確認画面
ダウンロードのボタンをクリックし、内容を確認しましたら OK をクリックします。
連続でダウンロードする場合、この確認画面を省略する場合は
このダイアログを二度と表示しない にチェックを入れます。

WinSCP - ダウンロード実行 - サイズの計算とダウンロード
順調に進めば ディレクトリサイズの計算から ダウンロードへと移行します。
無事に成功しましたら ローカル側へディレクトリ(またはファイル)が作成されています。

デスクトップに設定した場合、デスクトップ上にディレクトリが表示されています。

同期とミラーリング

今では 一般的な 同期という言葉。あえて説明がなくても理解できていることでしょう。

一方、ミラーリングも Webサイトの テストサイトとしてミラーサイトを作る。など
似たような意味合いの言葉ですが、今まで特に必要としなかったので詳しくは調べていませんでした。

同期とミラーリング 具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

ミラーリング

ミラーリングとは…

コンピュータにおける ミラーリングとは ファイルやディレクトリの
構造をまったく同じ構成のままに複製すること

ウィキペディア ミラーリングより抜粋

ファイルやディレクトリを同じ構成のまま複製するとありますが
実は、ミラーリングは 一方方向同期とも呼ばれ ローカルから
リモート ディレクトリを最新の状態に保つために使用するという機能になります。

ミラーリングアップロードのボタンと役割の説明
ミラーリングのボタンをクリックしてみます。

ミラーリング-アップロード - 設定と開始 -
このように 同期元同期先の方向は決まっていて 入れ替えることはできません。

なので、ローカル環境で編集作業をされる方などには有効な機能だといえますが
Webサイトの情報を バックアップする目的の場合、同期の機能を使用することになります。

同期

では 同期の機能ですが、同期も 情報を同一に保つ機能で ローカルとリモートで
情報を 同一に保つことができます。

こちらを見ていただくと 方向を指定する項目があります。
同期 - 新しいファイルの同期 - 設定画面の説明
先ほどのミラーリングと違い ローカルからリモート ⇔ リモートからローカルを選択し、
ディレクトリを最新の状態へ更新することができます。

WinSCP - 同期のボタンと使いかたの説明
では、同期から 実際に作業をしていきます。
同期させたいディレクトリを開いて 同期のボタンをクリックします。

先ほどの public_html のなかの wp-content の中味を同期させてみます。
ディレクトリの中身が重い場合は もう一段下の階層から順に同期させていきます。

同期の設定

同期 - 新しいファイルの同期
どちらの情報を同期させたいのか、を選択します。
双方向を選択した場合、自動的にモードは 新しいファイルを同期 の設定になります。

モードの設定は どちらを選択しても、結果はほぼ同じでした。

同期チェックリスト

設定画面でOK をクリックしたら このような同期チェックリストが表示されます。

同期チェック-リスト - リモートから ローカルへのイメージ画像
リモートにあって ローカルに無い ファイルや ディレクトリが 表示されています。
選択した項目が ローカルへ 同期されます。

同期チェック-リスト - ローカルから リモートへの イメージ画像
こちらは逆のパターンで 赤い矢印で リモートディレクトリに 追加されるファイルが表示されています。

同期チェックリスト - ディレクトリの削除イメージ
このパターンは リモートからローカルの 方向設定で ローカルに存在するディレクトリです。

リモート側の情報に合わせる形になるので、検出されたディレクトリを削除することで
リモートとローカルの情報を同期させるという事になります。

ファイルやディレクトリが削除されますので、実行は慎重に行ってください。

同期実行中と完了のイメージ画像
これで同期完了です。

ディレクトリの圧縮

ディレクトリを バックアップとして保管する場合、容量が大きすぎるのでディレクトリを
圧縮させるという方法が有効です。

例えば USBや ディスクに保存する場合などは特に、容量が限られています。
何か所にも分けて バックアップしておく場合には 簡単ですので ぜひお試しください。

ディレクトリの圧縮のしかた - 圧縮フォルダーの場所
操作はかんたんです。
デスクトップに保存している Webサイトの ディレクトリを 右クリック
操作項目の一覧の 送る >の項目 → 圧縮(zip形式)フォルダー を通常のクリック

圧縮の 実行と完了
圧縮が開始され、あっという間に完了です。