Google 理念と アドセンス 広告掲載の注意点 まとめ

Adsenseにふさわしいコンテンツの内容

Google AdSenseで 広告収入を得るためには まず、優良なサイト作りが不可欠となります。

Googleが掲げる10の事実では
目先の利益を考えるのではなく ユーザーを重視したサイト(コンテンツ)作りに
徹することで おのずと結果はあとからついてくる。という理念の下に運営されています。

私も、初心者に向けた WordPressサイト作り をテーマにこのサイトを作成していますが、
常に心掛けていることは 初心者の方がいかに分かりやすい内容になっているか。
という事を終始考えています。

その為、記事作成には ほんとに時間がかかり 効率は悪いと思うのですが、
地道にコツコツとやっていくことが大事なんだと考えています。

Googleをより詳しく理解したい方は一度読んでみてください。
Google – Googleが掲げる10の事実

無効なクリック – 違反行為 –

Google 広告のクリックは、ユーザーの純粋な興味で行われる必要があります。
Google 広告を作為的にクリックまたは表示する行為は固く禁止されています。

Adsenseヘルプページ – Adsense プログラムポリシーから 抜粋

自身で広告をクリックしたり、ロボットや 自動生成ツールなどを使用した
クリック数を稼ぐ といった行為は禁止されています。

また、報酬の提供なども もちろん禁止です。

誤クリック誘導

① 誤解を招く表示とは 広告の近くに リンクや 再生や操作ボタン・プルダウンメニューがある。など
間違ってクリックしてしまいそうな配置に 広告を設置することです。

② また「広告をクリックしてください」や クリックで ダウンロード無料!などの誘導

③ 広告のラベルに【 関連情報 】や【 関連リンク 】【 お気に入りサイト 】など
誤解を招く見出しの下に 広告を設置することは禁止です。
Googleが推奨する スポンサーリンクまたは 広告を使用しましょう。

広告の配置について

価値の高い広告枠とは 配置するページのコンテンツよりも広告が多くならないことです。
ユーザーにとって 価値があるかどうかが大事なのです。

コンテンツと広告の比率

コンテンツの量が多くても 情報としての価値が低い場合、または
内容があるコンテンツでも文字数が少ないと、広告の比率が高くなってしまうので
広告が表示されない場合があります。

ページが修正されるまで、広告表示の制限・無効となります。

掲載してはいけないページ

ログイン・離脱・登録完了・エラーページなど コンテンツを含まないページや
動的なコンテンツ(チャット・インスタント メッセージ・自動更新コメント)が主なページ
メールメッセージにも 広告を掲載することはできません。

おわりに

Google Adsense広告の注意点をまとめてみましたが
こちらはGoogle Adsense の 広告掲載に関するポリシー から
抜粋・主なポイントをまとめました。
詳しい内容は Adsenseヘルプ – 広告掲載に関するポリシー をご覧ください。

また、関連記事としてこちらもぜひ読んでおいてください!!
AdSense 無効クリック対策プラグイン【 AdSense Invalid Click Protector 】

Google