Googleアナリティクスでアクセス解析!導入から基本設定まで

自分のサイトにアクセスしてくれる人がどれくらいいるのか
また、どのページにアクセスが多いか、直帰率はどれくらいか?

アクセス解析ツールを利用することによって
サイトの分析・改善などに役立てることができます。

アクセス解析にもいろいろありますが、エックスサーバーをご利用の方は、
サーバーの方でも無料で解析することができます。

エックスサーバーでのアクセス解析は Webサーバーのアクセスログ
もとに解析する「サーバーログ型」のアクセス解析です。

Googleアナリティクス などは Webサイトの各ページに
計測タグを貼り付けてアクセス情報を収集する
「Webビーコン型」のアクセス解析になります。

「サーバーログ型」のアクセス解析では
Cookie や JavaScript を無効に設定したブラウザからのアクセス
JavaScript を実行しない 検索エンジンロボット・スパイダーによる
アクセスなどにも対応しています。

エックスサーバーの方は、設定も簡単ですので
両方を使い分けていただければいいかと思います。


WordPressがサクサク動く Xserver 月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』
高速・多機能・高安定レンタルサーバーなら エックスサーバー

それでは Googleアナリティクスの導入から基本的な設定方法について
解説していきます。

Google Analytics の導入

それでは、アナリティクスのサイトにアクセスしていきましょう。
Googleアナリティクス はこちら→ Google アナリティクス

Googleアカウントをお持ちでない方は、アカウント作成からお願いします。

Googleアナリティクス 設定開始画面
測定開始をクリックしてスタートしましょう。

Google-Analytics導入1.アカウントの作成画面
アカウント名 は自由です。

アカウントのデータ共有についてのチェック項目が4か所ありますが
すべて チェックを入れていただいたままで結構です。

Google-Analytics導入2.測定の対象の設定画面
測定の対象についてですが、こちらはご自由に選択してください。

Google-Analytics導入3.プロパティの設定画面
プロパティの設定は、ご自身のサイトの情報になります。
お間違いのないようにご記入ください。

アナリティクス導入完了-プロパティ画面
作成をクリックしましたら、アナリティクスのプロパティ画面 に移動します。

こちらの トラッキングコードをサイト内に貼り付けることで
アクセス解析することができます。

トラッキングコードの設定

登録が完了しましたら サイト内にコードを貼り付けます。

アナリティクス-トラッキングコードの設定画面
先ほどの アナリティクスのプロパティ画面に トラッキングコード がありますので、
こちらをクリックしてコピーします。

アナリティクス-トラッキングコードの設定-Luxeritas子テーマ編集画面
こちらは WordPress テーマ  Luxeritas (ルクセリタス)になります。
ルクセリタスは設定も簡単でとても使いやすくお勧めです。^^

それでは、子テーマの編集の アクセス解析(haed)タブをクリックして頂き
ファイルを開いて頂きます。

Googleアナリティクスなどのアクセス解析の JavaScript は、?> 以降に書いてください。
とありますので  ?> の後に ペースト・貼り付けていきましょう。

アナリティクス-トラッキングコードの設定-子テーマの編集-コードの記述のしかた
ペーストしましたら 保存をクリックします。  これで完了です。

もう一度、アナリティクスのページに戻ってみましょう。

アナリティクス-トラッキングコードの設定-テスト送信のしかた
最後に、テスト送信してみます。
こちらをクリックして、ご自身のサイトが開きましたら
登録とアクセス解析コードが正常に設定できているという事になります。

設定後はすぐにアクセスできない場合がありますので
サイト画面が開かない場合、しばらく時間をおいてから再度試してみてください。