アドセンス ads.txtファイル をサーバに アップロードする方法

AdSense のアカウントが有効になり いざ 広告の作成を!!
と、思っていたら 何やら警告のような表示が…!?

Google-AdSense-サマリーの画面 - ads.txtの警告表示のイメージ画像

ads.txt って、何!?

Webサイト 初心者としては またまた 難しそうな課題です ! (> <;)

ads.txt とは?

ads.txt とは デジタル広告に関する テキストファイル になります。

ads.txt による認定デジタル販売者の宣言 なるもので
サイト運営者側が 認定した 広告枠の販売者(今回の場合、AdSense)を通してのみ
販売されるようにするという宣言で 運営者が厳しく管理する。と、されています。

管理って言われても 何か危険なの?
そんなに重要なの!?と、イマイチ ピンときませんが
自サイトに 偽の広告枠が設置されるという 悪質なケースもあるようなのです。

ads.txt ファイルは その 違反行為に対する防止策で このファイルを 設定することで
偽の広告枠と 本来の 自サイトの広告枠を 区別するというわけです。

ads.txt を使用することで 購入者側に 偽の広告枠と判別できるようになっており
自サイトの 広告枠を 偽の広告枠 に収益が流れるのを防ぐことができます。

AdSense のヘルプページ → ads.txt に関するガイド でも 解説されていますので
詳しく 知りたいという方は ご覧になってみてください。

ads.txt のダウンロードと運営者ID

では、もう一度、AdSense の画面にもどります。
Google-AdSense-ads.txtのエラー表示-修正の内容画面
要注意 と書かれた ピンクの枠で表示されているのが ads.txt ファイルに関する 警告文です。
今すぐ修正 をクリックすると このような文言が表示されます。

一つのサイトで使用する ads.txt ファイルを作成する

 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルを ダウンロードして、
次の各サイトの ルートレベル の ドメインにアップロードしてください。

・サイトURL

 ダウンロード

聞きなれない言葉で 一見、難しそうにも思いますが 設定は意外と簡単ですので
順番に設定していきましょう。

① 画面下の ダウンロード をクリックして ads.txt ファイルをダウンロードします。

ダウンロードした ファイルは 後でコピーしますので テキストエディタ ( SublimeText など ) や
パソコンの メモ機能 などを使って表示しておきましょう。

サイト運営者 IDの確認方法

AdSense サイトでダウンロードされた ads.txt には サイト運営者 ID が記載されています。
ファイルが正常にダウンロードされているかも確認したいので  こちらもチェックしておきましょう。

AdSense-アカウント情報の確認画面
AdSense ホーム画面 の アカウント → アカウント情報で 確認することができます。

エックスサーバーで かんたん設定

エックスサーバーの場合は、サーバーパネル管理画面の ホームページの項目に
ads.txt 設定の項目がありますので こちらから簡単に追加・編集・削除などの
設定をすることができます。

ホームページ項目から  ads.txt 設定

ads.txt設定の項目とドメインの選択画面
ホームページ設定項目の一番下に ads.txt設定がありますのでクリックします。
ドメインの選択画面で設定するドメインを指定します。

ads.txt 追加設定画面
ads.txt設定追加のタブをクリックし 必要な項目を入力していきます。

  1. 広告システムは googleの URL
  2. サイト運営者IDは 先ほどアドセンスのアカウント情報で調べたご自身のIDナンバー
  3. 契約者種別運営者が第3者である場合のみ RESELLERを選択
  4. 認証IDはアドセンスでダウンロードした ads.txtファイルになります。

ads.txt 設定 確認画面

入力が済みましたら確認画面へ進み 追加をして完了です。

ファイルから アップロードする場合

エックスサーバーではかんたんに設定できましたが、
ファイルからの設定のしかたも ご紹介しておきます。

エックスサーバーからの設定ですが、他のサーバーや  FTP への 直接のアクセスでも
設定方法は同じですので参考にしてみてください。

ルートレベルドメイン

サイトの ルートドメイン とは トップドメイン の直下の ディレクトリ(フォルダ)のことを指します。

例としては、●●●.com/ads.txt というような ファイル名になります。
セカンドドメイン ●●●.com/●●●/ads.txt や ●●●/●●●.com/ads.txt
などでは機能しないということですね。

この テキストファイル の作成は FTPサーバー または レンタルサーバー内で
編集できる FTPファイルからの設定 になりますので FTP にアクセスします。

エックスサーバー ファイル管理【 FTP 】の設定

Xserver-ファイル管理へのアクセスのしかた
エックスサーバーの場合、ログイン後の ご契約一覧 画面でこのように
サーバー管理 と ファイル管理に分かれています。

この ファイル管理が Web サイトのすべてのファイルを管理している場所になります。

エックスサーバー-WebFTP画面-設定するドメインの選択
クリックしましたらファイルの一覧が表示されていますので
ファイルの中から 設定するドメインを選択(クリック)します。

エックスサーバー-WebFTP-ファイルの新規作成
右上の パス と書かれているボックスに表示されているのが 今 開かれている ファイルになります。
今 クリックした /●●●.com/これが トップドメイン ということですので
ここにファイルを新規に作成します。

ファイル名を ads.txt と入力し ファイル作成をクリックします。

エックスサーバー-WebFTP-ads.txtファイルの編集
これで ads.txt ファイルを作成することができましたが、中身は まだ空っぽのままです。

チェックを入れた ファイル や フォルダを 編集することができますので
ads.txt にチェックを入れてダウンロードしたテキストを貼り付けましょう。

エックスサーバー-WebFTP-ads.txtファイルに貼り付け
編集をクリックしましたらファイルの内容が表示されます。
こちらにテキストを貼り付ければ完了です。

ads.txt ファイルを確認

最後に、ファイルが正しく作成されたかを確認してみます。
確認のしかたは、ウェブブラウザの検索ボックスに先ほどのURLを入れ検索します。

URL は https://●●●.com/ads.txt です。

ブラウザに先ほどのテキストのコードが表示されたら 正常に設定できた。ということになります。

AdSense ホーム画面の 警告表示が消えるのはしばらくかかりますので
時間をおいて確認してみてください。

Google