SublimeText インストールと日本語変換のしかた

サイトを作成するためには HTML や CSS といったプログラミング言語を使用します。
SublimeText(サブライムテキスト)は多くのプログラミング言語や
マークアップ言語に対応したテキストエディタで
世界中の多くの方に愛用されているエディタなのです。

テキストエディタ の利用方法

私たちの運営する WordPress でのブログサイトでは
投稿画面からの記事作成だけで十分サイト運営ができますので
特にテキストエディタを使用する必要もないかもしれません。

私の利用方法としては  サイトのカスタマイズをするときや
ファイルへの情報の書き換えたい場合などに利用します。

原本のファイルを直接編集することはとても危険
1文字 消えてしまうだけでサイトが機能できなくなってしまいますので
一度ファイルをコピーして テキストエディタを利用することで
安全に作業することができます。

また、カスタマイズした CSSコードを保存しておくことで
バックアップとしても利用できます。
SublimeText エディタ画面の解説
こちらはサイトのカスタマイズを記述したエディタ画面です。
このように難しいコードも 色分けされていていると分かりやすいですよね。

SublimeTextのインストール

SublimeTextのダウンロードからご案内します。
SublimeText ダウンロード画面
SublimeTextサイト-ダウンロード画面
Windows64ビットからファイルをダウンロードします。
ダウンロードされたらファイルを開きます。

注意喚起の画面
注意喚起の画面が表示されますが はい を 選択してください。

SublimeTextインストールの解説-ファイルの保存先の指定
SublimeTextを保存する場所を指定ですが デフォルトのままでOKです。

 alt=
Add to explorer context menu にチェックを入れます。

SublimeTextインストールの解説-確認画面
インストール確認画面です。Install をクリックします。

SublimeTextインストールの解説-終了
これでインストール完了です。

アプリケーションはすぐに利用できるように
タスクバーなどにピン留めしておくことをお勧めいたします。
SublimeTextの保存先とピン留めの解説
エクスプローラー画面から フォルダを検索する場合はこちら
ローカルディスク(C:)の中の Program Files の中にあります。

スタートメニューからアプリケーションの設置方法
スタートメニューからの検索もかんたんです。
スタートメニューをクリックし メニュー一覧表示から
希望のタブ を右クリックで項目を表示できます。

テキスト画面の 日本語変換のしかた

SublimeText はのデフォルトの状態は 英語での表記になっています。
Sublime-Text-3-インストール後の英語表記の状態
こちらを利用しやすいように日本語表記にしていきます。

日本語パッケージのインストール

まずは 日本語パッケージをインストールし
メニューバーを日本語に変換します。
SublimeText 日本語変換の手順1-Show-consoleを開く
メニューバーの View から Show Console をクリック

SublimeText 日本語変換の手順3-install-Package-Control
次に Tools から install Package をクリックすると
自動的にインストールが始まります。

SublimeText 日本語変換の手順4-install-message
正常にインストールされるとこのようなメッセージ画面が表示されます。
OK をクリックして次の工程へ進みます。

SublimeText 日本語変換の手順5-Package-Control
Preferences から Package Control をクリックします。

SublimeText 日本語変換の手順6-install-packageの入力
検索Box が表示されます。こちらに install Package と入力します。
入力の段階で 該当する パッケージ がリストに表示されます。
install Package が見つかったらこちらをクリックします。

SublimeText 日本語変換の手順7-Japanizeの入力
次は japanize と 入力します。
先ほどと同じく途中で japanize が出てきますのでクリックします。

SublimeText 日本語変換の手順-メニューバーの変更
これで 第一段階終了。
テキスト画面のメニューバー を日本語に変換することができました。

パッケージファイルを作成する

次は プルダウンメニューを日本語変換するための 編集・作成していきます。
SublimeText3-パッケージファイルの作成-1-Browse-Packages
基本設定から Browse Packages をクリックすると
エクスプローラー内の パッケージのフォルダ が表示されます。

SublimeText3-パッケージファイルの作成-2-Packagesフォルダ
こちらの Japanize フォルダをクリックします。

AppData 隠しファイル ですので
画面上の表示設定によってフォルダが表示されない場合があります。

SublimeText3-パッケージファイルの作成-3-隠しファイルの表示
表示設定を開き ファイル名拡張子 隠しファイル にチェックを入れ
もう一度、Browse Packages からフォルダを開けてみてください。

Packagesフォルダ が表示できましたら Japanize フォルダをクリックします。
SublimeText3-パッケージファイルの作成-4-新しいフォルダーの作成
この Japanize フォルダの中の .jp が付いている JPファイル
すべてコピーしたものを 新たに作成したフォルダに保存する作業をします。

フォルダは Default フォルダという名前で Packagesフォルダに保存するのですが
作業が複雑ですので まず japanize のフォルダ内
新しいフォルダーを作成し作業しちゃいましょう。

必ず 移動ではなく、コピーでお願いします。

SublimeText3-パッケージファイルの作成-5-拡張子の削除
フォルダの中に .jp のファイル をすべてコピーすることができたら
このコピーしたファイルの 名前を変更(リネーム)をします。
.jp をはずすだけなので作業はかんたんです。

SublimeText3-パッケージファイルの作成-6-確認画面
拡張子を外すとこのような注意喚起が表示されますが
はい で問題ないです。

SublimeText3-パッケージファイルの作成-7-リネームされたファイル
拡張子を外した状態がこちらです。
ファイル名が SUBLIME-MENU に変更されています。

SublimeText3-パッケージファイルの作成-8-フォルダ名の変更
作成した新しいフォルダーを Japanize フォルダ から 一つ前の
Packages に移動させてフォルダ名を Default に変更して作業は完了です。

SublimeTextの画面を確認してみましょう。
SublimeText-3-日本語変換済み画面
これで SublimeText の日本語変換が完了しました。
お疲れさまでした!!

その他の設定

SublimeText のそのほかの設定方法はこちらでごあんないしています。
合わせてごらんくださいませ。^^
【SublimeText】テキストの背景と文字の色を変える設定