データベース のクリーンアップ 【 WP-optimize 】プラグインの使いかた

データベースの 最適化 や 画像圧縮などができる プラグイン WP-optimize
画像圧縮 や データベースの最適化 などのプラグインは ほかにもあるのですが
WP-optimize は WordPress テーマの Luxeritas と相性が良いという事なので
今回 使い方などを 分かりやすくご紹介させて頂きます。

WP-optimize

サイトを高速化・効率的に ‼
optimize は データベースの最適化・画像圧縮・キャッシュの設定で
不要なデータを削除し、サイトのパフォーマンスを向上させます。

WP-optimize プラグイン
プラグイン を インストール したら有効化しましょう。

データを削除するという作業ですので 事前のバックアップをお願いします。
ここでは Updraftplus というプラグインを使用したバックアップをおすすめされます。
Updraftplus プラグイン インストールのしかた
WordPress やレンタルサーバーでもバックアップ機能はありますので
これを絶対に という事ではありません。

WP-optimize – データベース

データベースでは Webサイト に必要なすべての データが保存されています。
例えば、新しい投稿 や 編集後 ページを 保存するたびに
リビジョンが作成されるのですが これにより、ほぼ使用されていない
大量の データが データベーステーブルに保存されるのです。

これはデータの追加・削除・移動など 時間の経過とともに
とても 非効率 なものになり 高速化の妨げとなります。

WP-optimize-データベースの最適化の画面
データベースではこのような項目があります。
設定の主な項目は データベーステーブルの最適化
投稿リビジョンをクリーンアップClean all auto-draft posts

この2つの項目、リビジョン と 下書き投稿 ( 保存 )  なんだか似ているようですが
それぞれに違う項目で 一応 分かりやすく解説しておきます。

リビジョン

記事の編集で下書き保存 または 更新した際に リビジョン が作成されます。
編集保存のリビジョン
間違って保存せずに画面を移動してしまっても
復元で、画像を呼び出すことができます。

自動下書き投稿

投稿作成中に 自動的に下書き保存 される機能です。
自動下書き保存
作成中、どんどん更新されていきます。

最適化を実行
チェックを入れた項目を 一括で最適化できない場合は
個別に実行していくこともできます。

WP-optimize – 画像

画像も枚数が多くなればサイトの負担となります。
圧縮により負担を軽減することができますが設定によっては
画質が落ちてしまうことがありますのでご注意ください。
WP-optimize-画像圧縮の設定
画像を個別で圧縮設定する場合は、一つ目 off にして頂いて
2つ目を on にしてください。

個別の設定では 記事作成画面や メディア編集画面から設定できます。

圧縮設定ですが ?ヘルプの説明が英語なので 和訳しています。
圧縮設定の解説
圧縮方式によって 圧縮の性質が違ってきます。
どちらを優先させるか、またはカスタムでバランスをとるか ですね。

圧縮のしかた

個別の設定では 記事作成や メディア編集画面に
このように【画像を圧縮】の メタボックスが表示されています。
実際に圧縮してみましょう。
WP-optimize-個別に画像圧縮-1
先ほどの画面と同じですので、圧縮の種類を指定します。
WP-optimize-個別に画像圧縮-2
圧縮をクリックしたら 圧縮が始まりますのでしばらく待ちます。
WP-optimize-個別に画像圧縮-3
圧縮が終わりました。この画面では、結果圧縮はされていませんが
〇〇KB から 〇〇KB に 〇〇% 圧縮されました。と表示されます。

非圧縮画像の設定

WP-optimize-非圧縮画像の設定
圧縮したくない画像はこちらで設定しておけます。

compress the selected images   選択した画像を圧縮する
mark as already compressed すでに圧縮済みとしてマーク

まとめ

WP-optimize の使いかたについて解説していきましたが
キャッシュについては また改めて記事にしていきます。

プラグイン