修正したい文字列を一括置換 – WordPress プラグイン – Search Regex

過去に作成した記事の中の文章で 表現を変えたい場面に遭遇することがあります。
投稿記事の数が多ければ多いほど 一つずつチェックして修正するなんて
不可能というか、時間がもったいない!! ですよね?

Search Regex プラグインを使えば 変更したい文字列を
検索・一括置換できてしまう とても便利なプラグインです。

Search Regex – 検索と置換 –

具体的にどのようなシーンで利用できるのか イメージしにくいと思いますので
何パターンか例にあげて解説させて頂きます。

プラグインのインストール

インストールはプラグインのキーワード検索BOXに Search Regex と入力します。
プラグインのキーワード検索-Search-Regex-
私の利用しているWordPressバージョンでは未検証となっていますが
問題なく利用できています。

Search Regex 使い方

ダッシュボード ツールから-Search-Regex-編集画面
Search Regex は ダッシュボード画面の ツール内にあります。

ブラウザ画面-日本語翻訳のしかた
画面は英語表記ですので 日本語に翻訳する機能が使える方はどうぞ。

Search Regex 使いかたの説明画面
英語表記のままでも 使いかたはかんたんです。
検索したい文字列の場所を選択し、変更前の文字列と変換したい文字列を書き込みます。

Search-Regex-置換したい項目の場所を選択
いくつかの項目に分かれていますので 選択します。

それでは、例文を使って使いかたを見ていきます。
例文で使いかたを解説-投稿の編集画面-before
例文として こちらの Search Regex というワードを使用していきます。
リンクの方は /searchregex/ の前の部分を変更していきます。

間違った文字を書き換えたい!

投稿記事に SearchRegex とスペースを空けずに記述してしまったので
スペースを空ける文字列に置き換えてみます。
Search-Regex-post-contentを使った検索と検索結果の表示
Search をクリックすると 投稿記事内に使用されていた SearchRegex が見つかりました。

記事タイトルや URLを変更した場合

タイトルや URL でも検索してみましょう。

過去に作成した記事のタイトルやURLを変更した場合
記事内に貼ってしまっているリンクを書き換えなければいけませんが
どの記事にリンクを貼ったのか 調べるだけでも大変です。

Search-Regex-post-titleを使った検索と検索結果の表示
タイトルpost title  記事中のリンクpost content で検索します。

Search-Regex-post-contentを使った内部リンク検索と検索結果の表示
検索結果のすべてを変換していい場合は
Replace & Save (置換して保存)をクリックします。

置換して保存

Search-Regex-置換と保存のしかた
検索結果をきちんと確認して置換と保存を行ってくださいね。

Search-Regex-post-content-完了画面
置き換えが完了しましたら このように表示されます。

例文で使いかたを解説-投稿の編集画面-after
それでは、投稿画面を確認してみましょう。
すべて 置き換えされています。

例文で使いかたを解説-サイト画面-after
ちなみに サイト画面もこんな感じです。

いかがでしょうか? とても便利ですよね。

ー サイトで技術的なエラーが発生しています ー

また、Search Regex を使用した場合、検索のケースによって
このようなタイトルのメールが届きます。
Search Regex の注意喚起メールの内容
一度変換された文字や URL を再度 変換検索した場合などに警告されるようです。

メールは面倒ですが、画面も表示されるので 特に問題なく 使用して頂けると思います。