Luxeritas ( ルクセリタス ) テーマを 新しいバージョンへ アップデートする

WordPressのテーマ は不具合の修正や、さらに使いやすく改善を繰り返し
バージョンアップされていきます。

当初 ダウンロードして利用していたものよりも 使いやすくなるわけですから
当然、更新させたいところですが、簡単に 更新させても大丈夫なのでしょうか?

今回は、アップデートを安全に行うための
事前のバックアップとアップデートについてまとめていきます。

Luxeritas 管理機能-バージョンの表示
今、どのバージョンを使用しているのか? をまずは確認。

バージョンは、外観→テーマからでも確認できます。
バックアップする場合、こちらの項目から操作していきます。

事前のバックアップ

すべての更新作業の前には必ずバックアップを取っておくようにします。

今回のような アップデートや サイト・プラグインの更新など、
更新の作業時に何かトラブルでデータが消えてしまっても修復できるように準備しておきます。

テーマのダウンロードとアップデート

初めてインストールする場合ではなく、 今回のようにバージョンアップさせる場合は、
新しいバージョンをそのままアップロードできませんので
アップデート用 ルクセリタステーマを 使用します。

Luxeritas-update アップデート用のテーマ

この アップデート用 ルクセリタステーマ を利用することでかんたんに
新バージョンへ更新することができます。

こちらのテーマと 更新したいテーマの両方を ダウンロードしていきます。
Luxeritas アップデート用テーマのダウンロード
ルクセリタステーマのダウンロード

注意

このアップデートは親テーマのみに対応することができます。

親テーマのアップデート

初めに アップデート用のテーマをアップロードします。
Luxeritas-update - メンテナンス中に表示されるサイト画面
テーマを有効にすると、このようにアップデート中は サイト画面が メンテナンス中となり
サイトの閲覧ができなくなります。
サイトの情報量によっては時間がかかる場合がありますので アップデートさせる時間帯は
ユーザーさんの利用が少ない時間帯にしておく方がいいでしょう。

有効にしたら、親テーマのLuxeritasをアップロードさせます。
更新が完了したら 自動的に子テーマの方を有効にして完了となります。

子テーマのアップデート

アップデート用のテーマでは 親テーマしかアップデートすることができませんでしたね。

基本、サイトのカスタマイズは 子テーマを使用していますので
特別なことがない限り 子テーマはアップデートしなくてもいいのかもしれません。

通常のテーマのアップロードでは バージョンは違っても 2つの同じテーマを
サイトに入れることはできませんし、削除して 新しい子テーマに更新するという事は、
今までのすべての カスタマイズデータが消えてしまう。という事になります。

なので そのまま 従来の 子テーマを使用するという方法をとるか
少し手間はかかりますが、新しいバージョンに更新させる方法をとります。

テキストエディタにコピペする

管理画面 - 子テーマの編集画面から項目とパスの確認
style.css / javascript / Headタグ ~ といくつか項目があります この子テーマの
編集画面から さまざまな編集をしています。(FTPファイルから編集している場合を除く)

この パス というのが、FTPファイルでの ファイルの場所 を記しています。
このファイルごとに テキストエディタに内容を保存するという方法があります。

テキストエディタは PC上で テキストの編集などに使用されていると思いますので、
こちらを使って簡単に保存することはできます。

あとは、新しいバージョンの子テーマに ファイルの中味を戻す だけです。
少し手間ですが、難しい作業ではないです。

ファイル名を変更する

ファイルを削除してしまっては、元に戻したくても戻せませんので
バックアップも兼ねて 子テーマの方の名前を変更すれば、
2つの子テーマを保有することができます。
エックスサーバーWebFTPファイル内 - ファイル名の変更
ファイルの操作から名前の変更をします。名前はわかりやすいものであれば何でも構いません。

注意

注意して頂きたいのは、名前を変えるときは一度、別のテーマを有効にしてから
また、何かあった時のためにバックアップも取っておいてくださいね。