<>

ローカル環境で WordPressテーマがアップロードできない時の対処法

ローカル環境で WordPressの インストールはできたけれど、
WordPressのテーマの アップロードができなくてこんな エラーメッセージが表示されることがあります。

アップロードエラーの表示画面

通常、Webサイトから ダウンロードしておいた WordPressテーマの zipフォルダを
WordPress ダッシュボード画面 テーマのアップロード画面から
アップロードできるはずなのですが どうやらローカル環境ということが影響しているようです。

解決方法としては、PC内の ローカルフォルダに保管されている
WordPressのテーマフォルダに 直接アップロードさせます。

この方法で WordPressサイト内の テーマ編集画面にテーマが アップロードされた状態になります。

エクスプローラー画面から直接保存する方法

Windowsの場合、エクスプローラーの 画面右に themes フォルダを表示させておきます。
ローカルディスク(C:) >  xampp > htdocs > wordpress > wp-content > themes の順に開いていきます。

WordPressテーマをローカル環境フォルダにコピーしてアップロードさせる。

そして 画面左にダウンロードされたフォルダ を表示させます。

zipフォルダの中に格納されているフォルダは フォルダアイコン横の
小さな矢印 (v をワンクリックすることで テーマのフォルダが表示されます。

この保存したいフォルダをドラッグ&ドロップ で保存していきます。
ドラッグ&ドロップで かんたんにコピーすることができますので 知らない方は覚えてくださいね。

ドラッグ &ドロップとは

drag-and-drop ( ドラッグ・アンド・ドロップ  ) ひきずって、手放すという意味

コピーしたいフォルダなどに マウスを合わせ 左クリックを押した状態で スライドさせ
保管したい場所で放すとコピー、又はフォルダによっては コピーでなく 移動されます。

注意

フォルダを 完全に移動させてしまうと データが破損してしまうケースがあります。
zipフォルダから 移動ではなく、コピーで保存させてください。

WordPressのテーマをもう一度確認してみます。
テーマの画面でアップロードできているかを確認。

無事にテーマがアップロードされていましたら完了です。^^

親テーマと子テーマがあるテーマの場合、必ず両方をアップロードしてください。

そして 実際に使用するのは 子テーマになりますので
Luxeritas  Chaild  Theme  を有効にして 記事作成や サイトのカスタマイズを始めましょう。