<>

クラッシック エディタを使った 記事作成と 投稿画面の使い方 【 WordPress 】

WordPress サイトを開設することができたら、次は実際に投稿するための準備をしていきます。

投稿画面は デフォルトの状態では  ブロックエディタ という投稿画面になっています。
デフォルトの投稿エディタ - ブロックエディタの画面

初めての場合、これが使いやすいのか、使いにくいのかなんてわからないかもしれませんが、
Classic Editor ( 旧エディタ ) というのがありまして、比べてみるとこんな感じ…

ブロックエディタの使いかたイメージ
これが、ブロックエディタで 書き込むブロックごとに 編集画面が表示されます。

そして こちらが、旧エディタ " Classic Editor " です。
クラッシクエディタの画面イメージ
クラシックエディタの方は、テキスト画面に 編集用のボタンがあり
右サイドに カテゴリ・アイキャッチ画像など 投稿に必要な項目が設定しやすく使いかたもシンプルです。

ブロックエディタで使うことができる機能などもあるので どちらがいいとは言えませんが
今回は この Classic Editor での 記事作成と 投稿までを解説していきます。

エディタ画面の変更のしかた

旧エディタ画面は Classic Editor プラグインを 導入することで使用できます。
Classic Editor プラグインの追加イメージ画像

ルクセリタス の場合は、管理機能画面に ブロックエディタ無効化 の 設定項目があり
プラグインを導入しなくても 簡単にエディタへの変更が可能です。

プラグインなしでクラッシクエディタに Luxeritas(ルクセリタス)管理画面でエディタ設定
ブロックエディタ無効化に チェックをいれて  変更を保存  をクリックして完了です。

記事投稿 – 基本的な設定

記事作成にはいくつかの 設定項目があります。
クラッシクエディタ画面イメージ

記事のタイトル(見出し)を付ける

記事のタイトルは 見出し1  h1 検索キーワード の重要な項目になりますが
初めからいいタイトルが浮かばない時もあります。

まずは気楽に 大まかなテーマなどをタイトルに付けておいて
記事の完成時に改めて 記事内容を集約したタイトルを付けるという方法が良いでしょう。

パーマリンクの設定

タイトル下の パーマリンクのイメージ画像
パーマリンクは、URL構造( 記事ごとに設定するアドレス )を 設定する項目になります。

サイトのドメインに続くアドレスを IDや数字・カテゴリなど 幾通りかの 項目があり
組み合わせて 自由に設定することができます。

Google が提唱する URLの2つの要件

サイトのURL構造はできるだけシンプルにします。
理論的かつ 人間が理解できる方法で( 可能な場合は IDではなく
意味のある単語を使って ) URLを構成できるよう コンテンツを分類します。

- Google検索セントラルの 一文より引用 ー  

このようなことから、パーマリンクに使用する文字は
カテゴリや 記事内容に関連する単語を使用するのが好ましいと言えます。

カテゴリ と タグ

カテゴリ や タグは 記事をグループ分けするのに必要なもので
記事を作成しながら設定できるようになっています。

ルクセリタス - カテゴリとタグの新規作成を図解

カテゴリ一覧に 設定したいカテゴリがない場合には、新規カテゴリを追加 から 新たに作成します。

親カテゴリを設定する場合は 親カテゴリから 選択し 新規カテゴリを追加 をクリックして作成完了です。
親カテゴリを設定した場合はこんな感じで パンくずリンクに表示されます。
パンくずリンクでのカテゴリの表示イメージ

また、カテゴリやタグを Web上で認識させるためには
日本語でなく 英語を使ってスラッグの設定をする必要がありますので
改めて、カテゴリ・タグの項目から スラッグを設定することをお忘れなく!!

アイキャッチ画像

アイキャッチ・サムネイル とも言いますが、記事の一覧や 関連記事・
サイドバーの 新着記事欄などに 画像を設定することができます。

アイキャッチ画像を設定した新着記事のイメージ画像

記事のイメージに合わせた 画像を設定することで 分かりやすく表示することができるのですが、
画像が多くなる分、サイトの 表示速度が遅くなってしまうというデメリットもあります。

また、シンプルなイメージのサイトなどの場合にも 画像が不要ということもありますので
アイキャッチを 非表示にしたり、設定は自由です。

サムネイル(アイキャッチ)と新着記事の設定のしかた

非表示の設定は、記事一覧は 外観カスタマイズの サムネイルの設定から
サイドバーの 新着記事などは 管理画面 → 外観 → ウィジェット画面から設定できます。

アイキャッチ画像を設定する場合の画像は、自分で作成したりもしますが、
画像素材のサイトから イメージに合う画像を検索し 使用するという方法もあります。

画像素材の サイトはいくつかあり、無料で使用できる素材も数多くありますが
無料の素材は、やはり いろんなサイトで使用されているという事もありますので
差別化を図るためには 独自で作成するか、有料の画像を使用することをお勧めします。


アイキャッチ画像の 関連記事
【ルクセリタス】グリッドレイアウトとサムネイル(アイキャッチ)の組み合わせ

画面を見ながら サイトのカスタマイズ ができる【外観カスタマイズ】

画像素材についての関連記事
おすすめイメージ画像素材-無料から高品質(有料)サイトまでご紹介

画像素材【PIXTA】

記事投稿 – 詳細な設定

ここからは 投稿に関する より詳細な設定のしかたです。

検索エンジンへの指示

検索エンジンは ユーザーが欲しいと思う情報を 上位表示させるためにサイトを巡回し、
優良なサイトかどうかをチェックしています。

投稿設定 - 検索エンジンへの指示の画面イメージ

Noindex – ノーインデックス –

– インデックスしないように指示します –

少しでも多くの記事を インデクスさせたいところですが、記事の内容によっては
Index ・ Noindex を使い分けることも 検索の上位表示の 大事な要素になります。

サイト全体で見た時に、この記事がどれくらい重要なのかという視点で
Index ・ Noindex を設定してみてください。


Nofollow – ノーフォロー –

– リンクをたどらないように指示します –

Nofollowは 記事内に表示されている リンクに対しての指示になります。
これはスパム対策のために導入されたものです。

– Nofollow ・外部リンク 関連記事 –


Noarchive – ノーアーカイブ –

– キャッシュを保存しないように指示します –

キャッシュとは 閲覧したWebページを保存する仕組みで 同じページに再訪問した場合は
前回の情報が保存されている。というような機能になります。

とても便利な機能ですが、再訪問の際にWeb画面が 更新されている場合など、
古い情報のままの サイトが表示されてしまう、というデメリットがあります。

また、キャッシュデータが増えすぎると PCやスマホなどの 容量を使いすぎるため
動作が遅くなってしまうというデメリットもあります。

これらの性質を踏まえて、キャッシュの設定は考えていかなくてはいけません。


Noimageindex – ノーイメージ インデックス –

– このページの画像を画像検索に表示しないように指示します –

このページで使用された画像を 画像検索に表示させるか。という設定です。
画像検索からサイトへ訪問してもらえる。というメリットもあり
また、画像を転用されるというデメリットもあります。

meta description(メタディスクリプション)

メタディスクリプション は特に設定していない場合、記事の冒頭部分が表示されます。

検索画面に表示される文言でもあるので 詳しくページの内容について解説したい場合は
こちらに書き込んでおきます。

 Canonical URL の変更(カノニカル)

この設定項目は 投稿画面下に表示されています。
Canonical URL は URLの正規化を目的とした 正式なページを示す設定です。

サイトによっては 同じような内容のページが重複されているケースがあります。
そのすべてが、インデックスされている場合、記事の重要度が下がってしまい
検索エンジンの評価が下がってしまうという事になってしまいます。

評価を下げないためにも 重複したページの中で、どれがメインなのかを知らせるのが
Canonical URL です。

Canonical ( カノニカル) の変更画面イメージ
記事作成中は このような post_type=・・・といったURLですが、
Luxeritasの場合、記事を投稿した時点でパーマリンクで設定したURLに変更されます。

それ以外のURL・初期値に戻す以外はそのままでO.K.です。

表示オプション

投稿画面を効率的に使うため 必要な項目の BOXをサイドバーに表示させます。

表示オプション画面イメージ- 投稿に必要な設定項目を表示オプションから選択
投稿画面の上部に 表示オプション というタブがあり クリックすると、
ボックスの一覧が表示されますので 必要な項目にチェックを入れ編集画面に表示しておきます。


以上、クラッシック エディタを使った 記事作成と 投稿画面の使い方 【 WordPress 】でした。