<>

カスタム構造を使ってパーマリンクを設定してみる【 WordPress – ルクセリタス】

作成した記事に設定される “URL" をどのような文字列にするのかは 自分で設定することができます。

このURLに使用する 文字列 (ワード) の設定を パーマリンク といいます。

パーマリンク設定 -デフォルトのパーマリンクのイメージイメージはこんな感じ。
初期設定(デフォルト)では ドメインの後に 数字が割り当てられています。

パーマリンク とは?

パーマリンクとは https から始まるサイトのドメインの後に続くURLになり
サイトにとっては 記事タイトルと同様の 記事の名前とも言えます。

パーマリンク設定の選択画面

パーマリンクは 数字・日付と投稿名などの項目がありますが
基本は数字を割り当てられる形となっています。

検索エンジンでは 意味の分かりにくい文字列などを好みませんので
デフォルトの数字のままでは SEO的に良くありませんので基本からは必ず変更しましょう。

sample-post/ という部分は投稿画面から 記事ごとに編集できる部分になります。

カスタム構造を使った パーマリンクの設定

そこで今回はカスタム構造を使って オリジナルのパーマリンク設定をしてみます。
ダッシュボード画面から 設定 → パーマリンク設定を開きます。

ダッシュボード画面からパーマリンク設定画面へ

カスタム構造 は共通設定の下にあります。
パーマリンク設定-2-カスタム構造カスタム構造では 年・月・日・時間など項目があり 自由にタグを組み合わせることが出来ます。

今回は %category% ( カテゴリ )と %postname% ( ポストネーム ) を使用します。

カテゴリは記事をテーマごとに グループ分けしたもので
ポストネームは 好きなネームに編集できるようになっていて
URLになった状態でも 記事の内容がイメージできますよね。

変更の保存をして変更が完了しましたら 投稿画面へ移動してみます。

パーマリンク – 投稿画面

それでは記事投稿画面へ移ります。
パーマリンク解説-2-新規投稿画面 リンク生成前のイメージまだ何も書かれていない 新規投稿の画面では リンクは表示されていません。

パーマリンク解説-3-タイトル作成後 リンク生成ありタイトルを入れて記事を保存してみると、リンクが生成されました。
先ほど設定した、カテゴリ名と postname でリンクが生成されています。

 

カテゴリ設定

カテゴリは記事に合わせて画面右の一覧から選択します。
投稿画面-カテゴリーの設定

詳しいカテゴリ作成のしかたはこちら

Luxeritas ( ルクセリタス ) カテゴリー の設定のしかた

postname の編集

パーマリンク設定 -記事名の編集

この状態では まだ記事名が数字のままですね。
現在の記事名 post-5782 の横に編集ボタンがありますので クリックし編集していきます。

postname を編集する際のポイントは その記事のキーワードになる言葉を 英数文字で設定することです。

これは基本の数字設定と同様に 検索エンジンで は英語でないと認識できない文字ということになるためです。

表示に/category/が入ってしまう場合

カテゴリ で設定した場合、URLにカテゴリ名ではなく /category/  という
ワードが挿入されてしまうケースがあります‼

カテゴリがうまく表示できない場合のオプション設定 - カテゴリーベースにドットその場合、パーマリンクの設定のオプションの項目に
このようにドットを記入することで改善されると思いますので試してみてください。