Nofollow(ノーフォロー)・外部リンクについてのまとめ【ワードプレス】

Nofollow は記事に貼ってある リンクに対して行う指示項目で
リンクをたどるか、 たどらないかを設定するのですが
この Nofollow いったいどんな役割を持っているのでしょうか。

そんな Nofollow について、意味や使いかたをまとめてみます。

Nofollowって?

Nofollowは もともと コメント欄などを利用した 悪質なリンクによって
サイトの評価が下がってしまうことに対して発案されたもので、
<a から始まる リンク内に設定する HTMLコード のひとつです。

では、サイトの評価が下がってしまうとは、いったいどういう事なのでしょうか?

PageRank (ページランク)について

サイトの記事は 検索エンジンの クローラーが巡回し、記事の内容を評価しています。
それにより、ページランク が決まり その記事に貼られているリンクも
ページランクの計算に使用される一つの要素となります。

記事の評価は良くても、リンク先に問題がある場合、リンク先もトータルで計算されるので
こちらの サイト記事の評価が低くなってしまうのと反対に、リンク先の評価を上げる
お手伝いをしてしまう。という事になるわけです。

Nofollow 付ける?付けない?

こちらの評価を下げないために nofollowを設定することで、
クローラーが リンク先を巡回しない( 無視する )ようになるのですが、
実際にどのリンクに nofollow をつければいいのでしょうか?

nofollow の使い分けを理解するために リンクについておさらいしておきます。

内部リンクとは?

サイトの内部で 別の記事のリンクを貼ることを内部リンクと言います。
リンクを貼ることで 関連記事など サイト内の記事を、効率よく回って頂くことができます。

投稿の編集 - 検索エンジンへの指示
投稿画面から 記事ごとに nofollow の指示ができますが、これは 記事全体のリンクに対する指示のため
自分のリンクにも影響が出てしまうという事になります。

外部リンクとは?

外部リンクには2種類あり
① 自分のサイトの記事を 外部のサイトで紹介される( リンクを貼ってもらえる )または、
② 自分のサイトで 外部のサイトの記事を紹介する( リンクを貼る )ことを 外部リンクと言います。

外部のサイトにリンクを貼ってもらえるということは それだけ優良サイト(記事)ということになり
検索エンジンへの 評価にも 大きな影響を与える 外部リンクは、サイト運営にとって重要な要素なのです。


余談ですが、外部リンクを貼った場合の設定を案内しておきます。
ルクセリタスの場合、外観カスタマイズ画面から 外部リンクの設定ができます。

外観カスタマイズ - 外部リンクの解説

この注意書きで (記事で紹介しているリンクに Nofollow を付けるのはマナー違反です)
と、あります。記事のために紹介した・参考にさせてもらっておいて
相手の評価を上げさせない という行為、ということになりますね。

 個別で nofollow を指示する

個別で どうしても nofollow設定したい場合は 直接リンクに書き込みます。

リンクの挿入/編集 から リンクの設定をします。
リンクの追加が完了しましたら、テキスト画面からHTMLの編集を行います。

リンク先URL のほかにも target="_blank"rel="noopener"といった
コードが設置されています。挿入する場所を間違えないように気をつけてください。
コードはこちら rel="nofollow"をリンクに追加します。
<a href="リンク先URL" rel="nofollow">リンクタイトル</a>

コメント欄

最後に コメント欄ですが、初めにもお話したように nofollowは
悪質なコメントに対する対応として 考えられたものでした。

コメント欄に掲載されたURLも、検索エンジンには 外部リンクとして 認識されてしまい
そのなかには、外部リンクによって 自分のサイトの評価を上げようとする者もいます。

悪質なものは リンクスパム・コメントスパムなどといい、
いくつものリンクを貼ったコメントを送ってくるといった手法です。

コメント欄の設定は ディスカッション から設定することができ 複数のURLが貼られた
コメントに対しての スパム対策などもありますが、nofollowの設定項目はありません。
が、WordPressサイトの場合、スパム対策のために 初めから コメントに貼られたリンクに対して
nofollowの設定がされているようですので、特に心配はないようです。^^

以上のことから、個人的には nofollow の指示は特別な場合でないと必要なさそうですが、
個別で必要な場合に nofollow の指示をしてみてください。