【SEO対策】メタディスクリプションの書き方と 必要性

検索エンジンによる 検索結果の一覧で 見出しの下に表示される
文章の設定を メタディスクリプション と言います。

Webページの要約文・一般的には「 切れ端 」などの意味で Web用語で スニペット とも呼ばれます。

メタディスクリプションのイメージ画像

スニペットの表示

メタディスクリプションが設定されていない場合、 基本的には 本文の冒頭が表示されます。
ただ、Google側の判断で、検索されたキーワードに合わせて 自動的に 変更される場合もあり
こちらが 設定した内容が常に表示されるという訳ではないようです。

ユーザーにとって この文章は 知りたい情報が載っているサイトかどうかを
見極めるための 一つの指標になりますので このスニペットは重要な役割といえます。

メタディスクリプションの必要性

サイト運営を始めたころは 黙々と 記事を作成、メタディスクリプションは書く余裕もありませんでした。

ですが、ある程度 記事が増えてきたころに 以前の記事を見直して 改善しながら
メタディスクリプションを書いてみることにしたんですが、
ちょうど、そのころからサイトに訪問してくださる方が 増えてきたのです。

他の要素もあり、絶対とは言えない例ですが、やはり メタディスクリプションを
書く方が良いように思いますね。

メタディスクリプションを書くポイント

メタ ディスクリプション の設定は 投稿の編集画面の下
説明の変更 (meta description)という編集欄があります。
投稿画面でのメタディスクリプションの場所

文字数

ここでのポイントは、文字数を120文字くらいでまとめることです。

初めの画像を見ていただいても分かるように
大体、3行くらいのスペースで表示には限りがあります。

長い文章だと 後半は … となってしまい何が書かれているのか分かりません。

関心を持ってもらえる文章

文章の前半に重要な文言を入れるのはもちろんですが、
ユーザーに関心を持ってもらえる、またはほしい情報が載っている
と理解しやすい内容にまとめられていることが重要です。

まとめ

メタディスクリプションのポイントは、短い文章で情報を的確に伝える。ということで
初めはとても難しいのですが 短い文章に要約するという作業ライティング力を高めるというか、
いい記事を書くための 良いトレーニングになっているようにも思います。

ツイッターなどで短い文章になれている方は、かんたんかもしれませんが…。^^;

また、120文字を 計るのに アプリなどを利用するケースもあるようですが
私の場合は、記事作成のページを メタディスクリプションの作成用に使用しています。

投稿画面 - 文字数の表示
これで十分、文字数を管理できます。