<>

【SEO対策】メタディスクリプションの必要性とポイント|WordPress

WordPressの 投稿画面の下に 説明の変更 (meta description)メタディスクリプションという設定項目があります。
投稿画面でのメタディスクリプションの場所

この記事について 説明を変更したい場合はここに記述してください。とありますが、
何と変更するのか、どのような設定なのかを調べてみました。

メタディスクリプションとは?

検索エンジンによる 検索結果の一覧で 見出しの下に表示される文章のことを
Webページの要約文・一般的には「 切れ端 」などの意味で Web用語で スニペット といい
この文章を SEO対策として設定することを メタディスクリプションと言います。

メタディスクリプションのイメージ画像

スニペットの表示基準

検索結果に表示される文章は 本文の冒頭が表示されるケース
キーワード検索 などの場合は " キーワード “ に合わせて
自動的に変更される場合もあり 常にこちらが設定した内容が表示されるという訳ではないようです。

ですが、検索結果のタイトルと この短いスニペットで ユーザーは
有益な情報があるのかどうかを判断し、サイトに訪問してくれるかどうかが決まる。ということは確かですね。

メタディスクリプションの設定

ユーザーの目に留まる文章を書くためのポイントを3つ
意識しながら メタディスクリプションを書いていきます。

文字数 は120文字程度に

文章が表示されるスペースは限られていますので 長い文章だと 後半は … となってしまい
何が書かれているのかが分からなくなってしまいます。

文字数は120文字くらいでまとめるのが理想的です。

大事な文章は冒頭に入れる

後半は 文章が途切れてしまう可能性を考えて、必要な文章は前半に持ってきておきます。

これは 記事のタイトルも同じことが言えるようです。

キーワードを明確に

この記事で何を伝えたいのかを表す言葉キーワードということになります。
記事の内容が分かりやすくまとめられた メタディスクリプションが必要といえます。

おわりに

メタディスクリプションのポイントは、短い文章で情報を的確に伝える。ということで
初めはとても難しいのですが 短い文章に要約するという作業ライティング力を高めるというか、
いい記事を書くための 良いトレーニングになっているようにも思います。

ツイッターなどで短い文章になれている方は、かんたんかもしれませんが…。^^;

また、120文字を計るのに アプリなどを利用するケースもあるようですが
私の場合は、投稿ページのひとつを メタディスクリプションの作成用に使用しています。

投稿画面 - 文字数の表示
これで十分、文字数を管理できます。


以上、【SEO対策】メタディスクリプションの必要性とポイント でした。