<>

Noindex 検索エンジンにインデックスするか しないか…?

検索エンジンに表示される記事は ユーザーにとって有益な情報を書いた記事かどうかが重要なポイント。

重要でないと判断された記事は 検索エンジンでも上位表示されることもないどころか
サイト内で”検索エンジンに表示させる” と指示している場合、
Webサイト自体の評価も下がってしまう。って知っていましたか?

今回、過去に書いた記事について いったいどのくらいの位置で記事が表示されるのか調べてみました。

キーワードをチェックする

記事タイトルに使用している キーワードで検索をかけてみたところ
何ページめくってみても 残念ながら 私の記事は出てきませんでした。

上位表示されない原因

検索エンジンに表示されない という原因は、記事内容だけでなく
見出しのキーワードも 問題があるかもしれません。

改善策 – インデックスするか しないか…?

記事を検索エンジンに インデックスする場合と インデックスしない場合の改善策があります。

記事を検索エンジンにインデックスする場合

今の記事を有益な記事にしたい場合、この2点に尽きるのではないでしょうか?

  1. キーワードを改善する。
  2. 記事内容を改善する。

ユーザーが求める記事内容からキーワードを推測し、記事内容や
見出しの改善を 一定期間をおいて 繰り返しチェックします。

検索エンジンの仕組み

改善された記事や見出しも 検索エンジンがすぐにチェックしてくれるわけではないので
記事を更新してもすぐに結果が出ない。ということです。

検索エンジンが巡回されるのは 上位表示されている記事が優先となり
検索エンジンに上位どころか 表示されない記事は なかなか再審査されない仕組みなのです。

記事を検索エンジンにインデックスしないという選択

この記事のように なかなか上位表示されない記事をインデックスしていても
Webサイトの評価が下がってしまう。ということを知っていましたか?

Webサイト全体としてみた場合、一つの記事の評価が低いだけでも
サイト全体の評価が下がってしまうのです。

このような場合、思い切って検索エンジンにインデックスしない。という選択もあり
これをしばらく試してみるのもいいかと思います。

まとめ

Webサイトの記事を ユーザーに見つけてもらうためにも
検索エンジンに上位表示されるということが不可欠です。

過去記事に対しても 記事がどの程度認知されているのかどうかということを
定期的に チェックする必要があると考えます。

記事をチェック・管理するためにも 検索エンジンのキーワード検索のほか、
良く閲覧されている記事 そうでない記事などを検証できる
Googleアナリティクス (アクセス解析)などを利用するのが有効です。

関連記事はこちら

Googleアナリティクスでアクセス解析!導入から基本設定まで

以上、Noindex 検索エンジンにインデックスするか しないか…?についてのまとめでした。

記事投稿検索エンジン

Posted by 45