ドメインの取得とWordPressのインストールからサブドメイン作成まで 【エックスサーバー】

.jp や .com など 誰もが聞いたことのある 有名なドメインのほかにも
今では 数多くのドメインが存在し Webサイトの系統に合わせたドメインを
選択することが可能となりました。

このドメインと個々に作成する 独自ドメインの組み合わせで
自身のサイトの URLが完成します。

URLは サイト名を表していたり、Webサイトを運営していくうえで
重要な項目であり ドメインの取得は 必要不可欠なものとなります。

WordPressサイトの インストールする際にも URLを取得するわけですから
初めにドメインを取得しておく方が 後々の変更などの手間が省けてラクなのです。

サイト作成のために必要な ドメインの取得・サブドメインの追加、 そして
WordPressのインストールと WordPressサイトの移行のしかたを設定していきます。

サーバーパネル設定項目一覧 - ドメイン・WordPressインストールの画面

ドメインの設定は Xserver トップページから その他の設定は
サーバー管理からサーバーパネルを開き こちらの 各項目から設定していきます。

関連記事

ドメインについての詳しい記事はこちら↓
ドメインについての基礎知識 | 種類と取得について



ドメインの取得

エックスサーバのアカウントに ログインすると画面左に 各設定項目があります。
2段目の契約関連サービスお申し込み がありますのでこちらをクリックします。

ドメインの新規申し込み - エックスドメインの画面

サービスお申し込みの項目を サーバーから ずっと下へスクロールしていくと
ドメインのお申し込み画面がありますので この 新規申し込みをクリックします。

独自ドメインの検索 – skip –

WWW.に続く 希望の 独自ドメイン名を boxに書き込んでみます。
今回、例として skip と入力してみました。
ドメインの新規取得 - 独自ドメインの検索画面①
ドメイン名チェックをクリックすると検索結果が表示されます。

いくつか取得可能なドメインが見つかりましたが、このような 実在するワード
ドメインとしてすでに使用されているため 取得できないドメインが多くなります。

独自ドメインの検索 – bloite-

次に bloite という造語で 検索してみます。
これは、ブログサイト という意味で blogsite を組み合わせてみたものです。
ドメインの新規取得 - 独自ドメインの検索画面②
このように、独自のワードを使用した場合では .com や .net などが 取得可能となりました。

.com や .net などでドメインを取得したい場合で、存在するワードの場合、
数字などを組み合わせたもので作成して 取得できるワードを検索してみてください。

気に入ったドメインが見つかったら、お申し込み内容の確認をクリック
利用規約に同意をし、お支払いの画面へ進み ドメインを購入します。

購入ドメインの確認画面

キャンペーンなどで 一見、格安になっているドメインでも 2年目からの料金なども
きちんと確認して頂くことをお勧めいたします。

Xdomain エックスドメイン はこちら↓

サブドメインの作成

取得したドメインを使用して サブドメインを作成することができます。
サブドメインを使用することで、一つのドメインでいくつものサイトを作成することができます。

このことを視野に入れると、初めに作成するドメイン名の考え方も違ってきますね。

それでは、サブドメインを作成していきましょう。
サーバーパネルの ドメイン → サブドメイン設定 をクリックします。
サブドメインの作成 - ドメインの選択画面
どのドメインにサブドメインを作成するのかを選択します。

今回は、このサイトのURLでもある eureka.net を使用します。
このドメインに abc という分かりやすいサブドメインで作成してみます。
サブドメインの作成 - ドメイン名の作成と確認画面
作成はかんたんです!サブドメイン名を入力、必要であればコメントも入力。
無料独自SSLを利用している場合は チェックを入れておきます。

確認画面へ進む で内容がよければ 追加するをクリックします。
これで サブドメインの作成完了です。

サブドメインの作成-追加と反映待ちの画面
戻るをクリックすると、サブドメイン設定一覧へ移動します。
反映待ちになっていますので しばらく待ちましょう。

WordPressのインストール

ドメインが作成できたら WordPressをインストールしサイトを作成していきます。
サーバーパネルの WordPress → WordPress簡単インストール をクリック
WordPress簡単インストール-ドメインの選択画面

サイトURL でドメインを選択しますが、ドメインが複数ある場合はプルダウンでドメイン名が
表示されますので 希望のドメインを選択します。

この簡単インストール画面では URLが http:// のままでの表示となっています。
SSL機能の設定がまだの方は改めて設定をお願いします。

SSL機能の設定方法はこちらでごあんないしています。
無料SSL証明書の取得と常時SSL化の設定のしかた

WordPress簡単インストール-サイト情報の入力画面
ユーザー名以外は あとからでも かんたんに変更できますので 気軽に設定してみてください。
必要事項を入力したら確認画面へ進みます。

WordPress簡単インストール-インストール内容確認画面
MySQLデータベースに関する情報は phpMyAdmin にログインする際に必要な項目です。
また、必要であれば ユーザー名はこちらから変更することが可能です。

インストール済みWordPress一覧の画面
インストールが完了したら インストール済みWordPress一覧 を見てみます。
こちらの画面から、サイト画面やサイト管理画面へ移動できます。

これでWordPressサイト運営の準備が整いました。^^

WordPressサイトの簡単移行

移行と移転(移管)似ているようですが、内容は異なります!!

Check!!

他社サーバーで運用されている WordPressサイトを URLそのままで利用する場合
使用していた独自ドメインを エックスドメインへ移転(移管)
ドメイン設定で追加設定するという作業を始めに済ませておかなければなりません。

すでにエックスサーバーで作成されている ドメインに移行する場合、
例えば、初めに作成した URLが気に入らなくて替えたい!!など
サイトのURLを変更したい場合などは この簡単移行でかんたんに移動させることができます。

今回はエックスサーバ内での URLの変更という設定で WordPress簡単移行設定をしていきます。
WordPress簡単移行 - 情報入力画面
移行情報の入力ですが、移行元の情報を入力していきます。
http https の設定も気を付けてください。

移行後のドメインを選択して 確認画面へ進み O.K.なら 移行を開始するをクリックします。

WordPress簡単移行 - データ移行 実行中の画面

データ移行の実行には数分かかります。無事移行できましたら確認をクリックし
移行済みWordPress一覧を見てみましょう。

WordPress簡単移行 - 完了 移行済みWordPress一覧画面
WordPressの移行が無事完了しています。 こちらのURLから サイトへアクセスできます。
ネームサーバーの変更ですが、今回のようにエックスサーバー内での以降の場合
特に変更する必要はありません。

他社サーバーからの以降の場合は ネームサーバーの変更をして完了になります。

ネームサーバーの変更設定

ネームサーバーは ドメインを使用するための アドレスのようなものです。

ネームサーバーの設定のしかた - ドメインパネルの操作画面へ
トップページの ご契約一覧から ドメインを選択 ドメインパネル を開きます。

ネームサーバーの設定のしかた - ドメイン情報画面 ネームサーバー情報
ドメイン情報の画面を下へスクロールしていくとネームサーバー情報の項目があります。
すでにサーバーを使用している場合、このようにサーバー名が表示されています。
設定変更画面を開き 設定していきましょう。

ネームサーバーの設定のしかた - ネームサーバーの設定変更画面

自身が契約している項目にチェックを入れます。  Xserver の場合、
下記のネームサーバーを入力し、変更をクリックして終了になります。

 ネームサーバー 1 ns1.xserver.jp ( 219.94.200.246 )
 ネームサーバー 2  ns2.xserver.jp ( 210.188.201.246 )
 ネームサーバー 3 ns3.xserver.jp ( 219.94.200.247 )
 ネームサーバー 4 ns4.xserver.jp ( 219.94.203.247 )
 ネームサーバー 5  ns5.xserver.jp ( 210.188.201.247 )

移行できるデータとできないデータ

WordPress簡単移行のサイト- before-after-
最後に、サイト画面をBefoer → after でチェックしてみましょう。
同じサイト画面でURLが変わっています。 中身はどうでしょうか?

移行できるデータ

◾ /wp-content フォルダに設置されているデータ
(アップロードした画像ファイルやプラグイン・テーマファイルなど)

◾ データベース内のデータ(記事や各種設定)

ほぼ、サイトに支障なく移行されています。

移行できないデータ

中には移行できないデータがありますので気を付けてください!!

◾  移転元に設置されている 「.htaccess」ファイル

.htaccess とは Webサーバーのアクセス制限やユーザー認証などの設定機能ですが
上級者向けの編集ファイルですので 何も編集していなければ問題ありません。

◾  /wp-content フォルダに設置されているデータ のうち
バックアップ関連プラグインによって生成された データ

◾ カスタマイズ関連のプラグインをはじめ、セキュリティ関連やキャッシュ関連の
プラグインを利用している場合、データが移行されない可能性があります。

移行に関して相性の悪いプラグインもあるようですが、ほぼ再設定することで
解決できるでしょう。

どちらにしても、バックアップをしっかりとっておくことが大事ですね。



WordPress-site