<>

Luxeritas ( ルクセリタス ) カテゴリー作成のポイントと設定のしかた【WordPress】

カテゴリー とは、同種類の項目をまとめたもので、分類・区分・ジャンル ともいいます。

分かりやすくカテゴリ分けされているサイトは 欲しい情報が探しやすく
ユーザーにとって 閲覧しやすいサイトと言えます。

また、カテゴリを作成するのは 初めは難しいですが Web上における カテゴリーは
サイトの パーマリンク( URL )にも使用したりする項目でもありますので 重要なポイントになります。

カテゴリー分けのポイント

初めに 投稿画面にあるカテゴリーを見てみます。

投稿画面-カテゴリーの選択と新規カテゴリーを追加
作成した記事が、どのカテゴリーに当てはまるのか。を決めなければいけません。
記事に合うカテゴリがなければここから 新規カテゴリーを追加 作成できます。

設計図を作ってみる。

どのようなサイトにするのか、ということを項目別に分け 書き出してみることで
客観的に見ることができるので 一度試してみてください。

それと、カテゴリーは 一つの記事でも共通する構造で構成されていています。

見出しとカテゴリーの階層構造を比較
大見出し h1 伝えたい大きなテーマ(サイトタイトル)から
その中にいくつかの 中見出し h2  があり、テーマに沿って記事をまとめますが
この h2 のポジションが カテゴリーと似ていますよね。

親(一つのカテゴリー)を さらに分類されたものが 子カテゴリー
h3 や h4 も h2 の中から 分かりやすく分類された見出しです。

これらの構造について 理解していると 今後の記事作成にも役立ちそうです。

パンくずリンクのイメージ

パンくずリンクも 同じような役割を持っています。
階層を持つことによって サイト内のどの場所なのかユーザーに分かりやすく伝えることができます。
親カテゴリーが設定されているカテゴリー記事を開いた時のパンくずリンクの画像

フォルダを開けていくイメージなので 階層が分かりやすいのと
次の場所へかんたんに移動できるのが カテゴリ分けの理想的な形と言えます。

カテゴリーの登録と詳細設定

管理画面から カテゴリーの登録・編集画面の開き方
カテゴリーの登録・編集を行う画面は 管理画面 > 投稿の項目にあります。
投稿画面からは かんたんな登録しかできませんので こちらのカテゴリーから編集していきます。

カテゴリー編集画面 - 新規カテゴリー追加で設定する4つの項目
編集項目は 名前・スラッグ・親カテゴリー・説明の4つです。

名前

カテゴリー名は キーワードを意識して設定します。
*カテゴリーだけでなく、すべてにおいてキーワードは大切なポイントです。

スラッグ

カテゴリー画面  - 設定する項目 その② スラッグ
スラッグ は 記事のURLなどに使用される際の用語で 英数字を使い作成します。
使用できるのは、英数字とハイフン【 ‐ 】です。

親カテゴリー

一つのカテゴリーの中でも 多くの情報がある場合は 親カテゴリーを設定し
いくつかの項目に分類・階層を持たせることで分かりやすく表示することができます。

カテゴリー画面  - 設定する項目 その③ 親カテゴリーの設定
このケースで見ていくと WordPress という 大きなカテゴリー( 親 )の
中の Luxeritas  というカテゴリーになります。

Webサイトの画面でも このように分かりやすく親カテゴリーよりも少し右側に
子カテゴリーが表示されるような感じです。
親カテゴリーを設定した場合の サイドバーの表示イメージ
画像ではさらに 外観カスタマイズ の親に Luxeritas  を設定しています。

説明

説明に関しては カテゴリーの設定画面には
“  選択されているWordPressテーマによっては この説明を表示するものがあります。”
と記されています。

ルクセリタスでは、この説明文が検索エンジンで表示される メタディスクリプションとして
表示されますので SEOを意識したキーワードを取り入れた文章の作成がポイントとなります。

パーマリンクでカテゴリーを使用する

パーマリンクは サイトの記事ごとのURLになります。
カテゴリーをURLに使用するのは Googleが推奨するURLの要件でもありますので
できれば 使用していきたいのですが、注意しなければいけない点があります。

URLに使用する場合の注意点

カテゴリーの分類分けは結構 難しく 何度も修正をしたいところですが
パーマリンクに指定している場合 記事のURLが変わってしまうということになります。

これは 積み重ねてきた サイトの閲覧数などにも影響してきますので できるだけ避けたいところです。
後から変更は最小限、もしくは サイト作成の初期段階で設定できればいいですね。

以上、Luxeritas ( ルクセリタス ) カテゴリー作成のポイントと設定のしかた【WordPress】でした。