検索エンジンに好かれるための見出し作りの基本

記事作成の中でタイトル(見出し)はとても重要なポイントといえます。

見出しの良し悪しで ユーザーの目にとまる回数も変わり
ユーザーさんの閲覧数に影響が出ることでしょう。

検索エンジンでもそのページに書かれている内容を解析するのに
 見出しタグ のネーミングも 重要な項目のひとつなのです。

Googleなどの検索エンジン

検索エンジンでは より正しい情報をユーザーに伝えるために
ページに書かれている内容を hタグなどの要素や それぞれのコードを
正しく使っているかなどを解析していて優良なサイトかどうかを判断しています。

SEOとしてはこの hタグだけでは判断されるわけではないですが
(h要素)はページ内の重要な箇所であると解析されますので
注意しておきたいところです。

見出しの使い分けのルール

見出しは h1 から h6 までの6種類に分かれています。
それぞれの使い分けにはルールがあります

見出しのルール

メインのタイトルには h1 を使用しますが、
h1はこの記事には何が書かれているのかを表す重要なもので
1記事に対して1回のみの使用が好ましいです。

Luxeritasでは h2 タグからの選択しかないので 間違えることはないですが
文章内ではこの h2 が一番大きな 見出し となるので覚えておきましょう。

階層のルール

h1に この記事のテーマ(大見出し)をつけたら
h2(中見出し)h3(小見出し)と内容を分かりやすくわけて 記事を書いていきます。
見出しの階層について分かりやすく図解

階層は大きなタグから小さなタグへという順序が基本です。
例えば h3の中で細かな説明を入れたい場合には h4 や h5を使うのではなく
リストなどを利用することをお勧めします。

キーワードを意識した見出しの付け方

誰もが経験していることで 当たり前のことなのですが
ユーザーがサイトを検索する場合、どのキーワードを打ち込めば
自分の欲しい情報サイトが見つかるのか。と考えているわけですから

  • 検索されそうなキーワードを見出しに入れる
  • 読んでみたいと思わせる見出し

を考えなければいけません。

また見出しとその下に表示される文章に関心を持ってもらえる
ワードが入っていることが重要になります。

おわりに

検索エンジンで見出しの下に表示される文章。
こちらも 自分が探している情報がこのサイトにあるのかの見極めとして
重要なポイントになります。

この文章はメタ ディスクリプション といって 改めて設定することができますが
特に指定がなければ記事の冒頭の文章がそのまま表示されます。

メタ ディスクリプション も大切ですが サイトを訪問した際、
冒頭の数行で 文章を読み進めるか すぐに離脱してしまうかということを考えると
とにかく、見出しと 本文を充実させることが重要ではないでしょうか。