ドメインについての基礎知識 | 種類と取得について

Webサイトを運営していく上で最低限知っておきたい用語 ドメイン
よく耳にする用語ですが何となく分かっているようで
ちゃんとは説明できない。そんな感じではないでしょうか?

そんなドメインについての解説とWebサイトを運営する上で
覚えておきたい知識のお話です。

ドメインとは?

ドメインとは http からはじまるサイトの URL の一部分をさしています。
サーバーとホームページ・ドメインについての解説

http は ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル、略称 http
http からはじまるWebページは HTML 言語を用いて表現されています。

www はworld wide web ( ワールド  ワイド  ウェブ の略 )
インターネット上の情報を組織だった形式で
共有・検索・閲覧・利用できるように構築したシステムのこと。

参考資料 ウィキペディアより

ドメインとは 家に例えると 住所・ 携帯でいう所のメールアドレスのようなものです。
独自で設定したネームとキャリアごとのドメインが組み合わされて
自身のアドレスとなります。

Webサイトのドメインでは 独自で設定できるネーム
独自でドメインを選択し これらを組み合わせることで 独自のドメインを作成します。

ドメインの階層構造とそれぞれの意味

URLとドメインの階層構成を図解
ドメインは ネットワーク上のコンピュータなどを
管理しやすくするために 階層構造によって構成されています。

右のドメインがレベルが高く 私たちが自由に決められる名前
サード レベル ドメインと呼ばれる部分になります。
この独自に設定できるドメインには 前後に付けられるサブドメインもあります。
例)●●●.●●●●.co.jp など

トップレベルドメイン

トップレベルドメインには分野別と国コードのドメインがあります。
日本のコードは皆さんもよくご存じの jp です。
こちらは日本に在住する人に限り取得できるドメインになります。

そのほかのドメインの一例です。
こちらは 国や地域に関係なく取得できるドメインです。

com 企業や商用サービス
net  主に ネットワークサービスの提供者を表す
org  主に 非営利団体 の提供者を表す

セカンドレベルドメイン

jp の直前に付けるドメインをセカンドレベルドメインといいますが
属性型 jpドメインとも言います。
co.jp
or.jp
ne.jp など 国内での会社・組織などが登録できるドメインになります。

新たなドメインの種類

個人で jp を使用できるドメインもあります。
これを汎用(はんよう) jpドメインといいます。

また、近頃では red ・pink・blue などの色の名前のドメインや
都道府県.jp などのドメインなどもあり 作成したいサイトのイメージに近い
ドメインを設定することができるようになりました。

ドメインの取得の必要性について

レンタルサーバーを契約し Webサイト を開設するとURLが割り当てられ
すぐにサイトの運営をしていくことが出来ますが、
初めに割り当てられた URL はレンタルサーバーに属しています。

たとえば Xserver でしたら .xsrv.jp
サードレベルドメインは独自で考えたドメインですが
セカンドドメインが Xsrv という事は 完全な独自のドメインとは言えません。

複数の方が同じ ドメイン を使用しているという事は
同じサイトとみなされるケースがあり、同じような内容の サイトが複数
上位検索されるという事がないようです。

また、ちゃんとドメインを設定しているというもの ユーザーさんにも
分かることですから信頼できるサイトという意味でも大事といえます。

後から変更しない方がいい URL のわけ

ドメインの取得には費用もかかりますが、後のサイト作成を
進めていく中で、あとからドメインやURLが変更すると
それまでの記事のURLを変更する設定やサイトの以前のURLからの
転送設定などいろいろと作業が増えます。

また、ブックマークしていたサイトが なくなっていてエラー表示されたり
転送されたり、一度は経験ありますよね。

変更してしまうと このページは閲覧できなくなってしまいます。
また、そのページに対してのアクセス数なども 一からになってしまうので
サイトとしても大変な損失となってしまいます。

サイトが消えていたらせっかくのユーザーさんも離れてしまうという
リスクもありますので できるだけ避けたいところです。

 

Xserver ならドメイン無料や割引のキャンペーンを定期的に行ってくれていますので
お得にドメインを入手することができます!
月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

国内シェアNo.1の Xserver のごあんない
お得なドメインのごあんない- Xserver