<>

データベース ( MySQL )の管理・編集を行う phpMyAdmin の設定まとめ|エックスサーバー

エックスサーバーから作成した WordPressサイトの データベースの管理・編集などを行うのが phpmyadminです。

phpmyadmin へのアクセス方法や、データのバックアップなどの 操作方法をまとめていきます。

データベースとは?

かんたんに データベースのしくみを 図にしてみました。

Webサーバの仕組みを図解

データベースでは Webサイトのデータが保管されていて
リクエストに応じて 作成(保管)・読み出し(表示)・更新・削除の処理をしてくれます。

私たちが作成したデータを Webサーバーに送信、WordPressに関するデータは
FTPサーバーで管理されるなど それぞれの役割によって 情報が管理されています。

大抵の国内の レンタルサーバーでは  MySQLデータベースを利用していて
その 性能や 安全性には 定評があり、世界中で多く利用されています。

 Xserver – データベース設定

WordPressで作成されたサイトのデータは レンタルサーバー内である程度 管理・編集などが行えます。

WordPressサイトのデータベース情報の確認方法

Xserver の簡単インストールから WordPressを インストールした場合、
_wpで始まる データベース名簡単移行の場合、wt_●● など)で作成されています。

この データベース名と ユーザー名が 設定に必要な情報です。
MySQLパスワードは phpMyAdmin 画面にログインする際に使用します。

Xserver - サーバーパネル - データベース設定項目

データベースの項目は4つ。
MySQL設定では 所有者の確認・追加・データベースの削除などが行えます。

phpMyAdmin は Webサイトのデータを ブラウザ上で管理・編集などを行うためのツールになります。

また、間違って必要なデータを削除してしまった場合には データの復元
バックアップなどの機能もあります。

MySQL設定

データベースは1サイトに1つ、それぞれ別の データベース名と ユーザー名で設定されています。

アクセス所有権ユーザーの追加

アクセス権所有ユーザーは 初期設定では データベースを作成した時のユーザー1人が
このデータベースにアクセスする権利を持っている、ということになります。
MySQL設定 - MySQL一覧 .1 アクセス所有ユーザー
これは PhpMyAdminの 管理画面へアクセスするための権利で この場合、所有権は 現在  wp_88 一人です。

複数の WordPressサイトを所有している場合、phpMyAdmin画面は 同時に開くことができず、
1データベースごとに ログアウト・ログインを繰り返す。といったことになります。

それぞれ別だと ログイン時の 複数のパスワードの管理などが大変だし、時間のロスですよね?

MySQL設定 - MySQL一覧 .2 アクセス権を追加するユーザーの選択と追加
そこで メインとなるデータベースに 未所有ユーザーから アクセス権を与えることで
一つのデータベースから ほかのデータベースも一括で管理できるようになります。

イメージはこんな感じ。
phpmyadmin データベース画面 - 複数のデータベースが一括に
これで wp_88 ( メイン )の PhpMyAdminに wp_45 のデータベースが追加され
それぞれの管理・編集を行うことができます。

PhpMyAdmin – ログインパスワードの変更

データベースをまとめた場合、一つのパスワードの管理だけでよくなりますが
変更したい場合などは MYSQLユーザー一覧から変更を行うことができます。

ログインパスワードが分からくなってしまった場合WordPress簡単インストール画面
サイトごとの情報の MySQLパスワードから確認することができます。

MySQL設定 - MySQLユーザー一覧 .1 パスワードの変更画面

変更したいデータベースのユーザー名を確認して 変更をクリックします。

MySQL設定 - MySQLユーザー一覧 .2 パスワードを設定
好きなパスワードを設定し、確認変更へ進みます。

MySQL設定 - MySQLユーザー一覧 .3 パスワード変更の実行
変更があったファイル、パスワード情報が書かれたファイル wp-config.php が表示されています。
変更をクリックして完了です。

MySQLユーザー設定と削除

MySQL設定 - MySQL一覧 - データベースの削除
不要になった アクセス権所有ユーザーや データベース自体を 削除することができます。

MySQL設定 - データベースの削除を実行

削除する前に ここを確認!

  1. [*]が付いているデータベースは
    WordPressサイトがまだ インストールされている状態のデータベースです。
  2. データベース名とユーザー名が 似た数字で作成されている場合、
    アクセス権を追加しているなど、で 必要なユーザーやデータベースを削除してしまうケースがあります。

どちらも WordPressのサイト情報画面から すべてのデータベース名とユーザー名を確認し
削除作業を行うよう 気を付けてください。

MySQL – データの復元

もし、間違えて必要なデータを削除してしまった場合は復元から
過去7日分まで復元できます。

MySQL復元 - 日にちの指定
復元は サーバーパネル データベースの MySQL復元から 復元させたいデータベースと
日にちを選択します。

復元をクリックしたら 確認画面へ移動します。

MySQL復元 - バックアップを実行 - 完了画面
正常終了になるまで少し時間がかかります。


今回は データベース PhpMyAdminへ アクセスするための 設定を中心に
データベースの使い方を解説させていただきました。

phpMyAdmin 関連記事はこちら↓