<>

サーバーについての基礎知識と レンタルサーバー選び|WordPress

ワードプレスを使って 本格的に Webサイトを運営する為には
Webサイトとユーザーをつなぐ役割サーバーが必要になります。

上級者であれば サーバーを個人で管理する。などということもありますが
一般的に Webサイトを運営する場合の サーバーというものは
レンタルサーバーを利用するということになります。

レンタルサーバーでは WordPressでの サイト運営に必要な設定・セキュリティなどが
含まれており 簡単にサイト運営を始めることが出来るのです。

ここでは 最低限知っておきたい サーバーの役割についてと 代表的なレンタルサーバーを比較してみます。

サーバーの役割とドメインについて

検索すれば当たり前のように ブラウザ画面に表示される情報。これが
どのようにしてブラウザ画面に表示されるのか を かんたんにまとめてみました。

サーバーの役割

私たちが Webサイトで作成した記事は サーバーや データベースによって管理されています。

クライアント (ユーザー) から 検索(リクエスト)があった場合に その内容に沿った記事(情報)を
サーバーが 呼び出して クライアントのブラウザへ表示してくれます。

インターネット検索の仕組み - パソコンブラウザからリクエストされWebサーバからレスポンスされる図

コンピュータの内部では 検索された情報に対して 必要な情報を
素早いスピードで 呼び出す。 という作業が行われているのですね。

サーバーとドメイン

このサーバーに Webサイトの情報を管理してもらう為には サイトのホームページ(URL)が必要になります。
家に例えた サーバーとホームページ・ドメインについての関係を解説
よく 分かりやすく例えられるのが 家と住所です。
サーバーに 情報を管理してもらう為の 場所を借りる というのが 土地を借りるイメージ。

土地を借りて 家を建てると必要になるのが住所
住所がなければ 「 私の家はここです!」と知らせることが出来ません。これが URL(ドメイン)です。

この住所をもとに サーバー内でサイト情報が管理され データベースで作成した記事などの情報が管理されます。

一見、難しそうな話ですが レンタルサーバーではこれらの設定管理が簡単にできますので
安心してサイト運営を始めることができるのです。

おすすめレンタルサーバー

初めは どのサーバーがいいのか迷ってしまうものです。

料金も発生しますし、途中で ほかのサーバーに移動(移管)することもできますが
それも できるだけ避けたいところです。

そこで、WordPressサイトの運営に最適な サーバー3社をピックアップし
それぞれの特徴の紹介と 比較をしていきます。

LOLIPOP!(ロリポップ)

利用者満足度・コストパフォーマンス・使い続けたいレンタルサーバー の3部門1位!!
手軽に始めやすいレンタルサーバーです。



セキュリティ設定
総合セキュリティソフト エフセキュア を採用。
ウイルス対策として最高レベルのセキュリティと豊富な機能でありながら
月額550円の自動更新で常に最新版のセキュリティで サーバだけでなく ご自身のパソコンも守ってくれます。

Xserver 【 エックスサーバー 】

国内シェアNo.1 高速性・機能性・安全性を兼ね備えた
オールSSDのハイスペックサーバー
高速・多機能・高安定性の Xserver の広告

ドメインのキャンペーン が定期的に行われており 無料でドメインを取得できたり、格安で手に入れることができます。

さくらのレンタルサーバ

Webサイトを速くする さくらのレンタルサーバ
PHPモジュールモードにより、WordPressサイトを高速化できます。
また、高速Webサーバ nginx(エンジンエックス)で アクセス集中でもWebサイトを安定表示が可能に!!

バックアップ&ステージング
サイト情報やデータベースをまとめて スナップショットという単位で保存(バックアップ)
WordPress のテスト環境が簡単に作ることができバージョンアップなどで
不具合が起きないかを確認したりすることができます。

機能や料金から比較

高速性・機能性・安全性

サイトを運営していくのに重要なのがサイト表示の高速化と アクセスが集中した場合のサイトの安定性です。
どのレンタルサーバーも 高速性・安定性を重視しているのが分かります。

LOLIPOP! Xserver さくらのレンタルサーバ
HTTP/2
phpモジュールモードPHP7.1
(モジュール版PHP)

CGI版のおよそ12倍の高速化

従来のCGIモードと比較して
16倍の高速化

phpとWordPressの
処理速度が速い!!
ロリポップ!アクセラレータ○ Xアクセラレータ
オールSSD HDDより読込速度48倍以上向上
最新24コアCPU&大容量256GBメモリ

全データベースSSD対応
RAID10構成
大量アクセスに強い
負荷耐性
同時アクセス数拡張
nginx
コンテンツブースト
スタンダードプラン有料
キャッシュ
表示スピード
向上・安定

ロリポップオリジナル機能

ブラウザキャッシュ設定
コンテンツブースト
スタンダードプラン有料

SSL機能

セキュリティ面の比較は どのサーバーも ほぼ変わらない結果でしたので
唯一、各社で差が出ている 独自SSL機能に注目してみました。

SSL機能

SSL機能には無料で取得できるものがあり、初めは 無料で十分ですが
有料は 参考としてご覧ください。

関連記事はこちら↓
SSL機能の必要性と設定について-無料独自SSL機能と有料SSL

オプションSSL機能の比較表
認証ブランドの差で料金と対応できる端末に差が出ているようです。

LOLIPOP! Xserver さくらのレンタルサーバ
オプションSSL機能  GMOグローバルサインSSL認証
月額2200円
CoreSSL / 880円/年 ドメイン認証型
990円/年

LOLIPOP! 
より万全な個人サイト向け クイック認証SSL
国内シェアNo.1GMOグローバルサインSSL証明書 を取り扱い。

Xserve
オプション契約の場合 SSLブランドのマーク(サイトシール)を掲載することができ
より安全なサイトである証明になります。
Secure ( セキュア )サイトシールのイメージ画像

さくらのレンタルサーバー
ドメイン認証型 安心と信頼のJPRSブランド!!
年額料金 990円 と 格安で取得できます。

注意

SSLブランドによって対応範囲が変わるようですので
詳しい情報は 各サーバーのSSL機能についてのページでお調べください。

料金や利用できる容量を表で比較

最後はサイト運営に最低限必要なプランから料金や容量について比較していきます。

LOLIPOP!
スタンダードプラン
/ ハイスピードプラン
Xserver
スタンダード
( 旧10X )
さくらのレンタルサーバ
スタンダードプラン
 / プレミアムプラン
月額 880円/1100円(税込) 990円(税抜) 524円/1543円
年一括払い 長期契約でお得!
36ヶ月で月額440円 /550円(税込)
15000円
(税抜)
5238円/15714円
初期費用 1650円 0円 1048円
ディスク容量 200GB 300GB 100GB / 200GB
転送量 700GB/日 課金なし 700GB /日 / 800GB /日
独自ドメイン 200 無制限 200 / 300
MySQLデータベース 50 無制限 50 /100
メールアカウント 無制限独自のドメインの
メールアドレス
無制限 無制限
アクセスログ解析 Analog ソフト使用 サーバーログ型のアクセス解析
Googleアナリティクスなどは
Webビーコン型
Weblinerによる閲覧
バックアップ機能 【オプション】
月額300円
Web・メール過去7日分・データベース
過去14日分のデータ保持
バックアップと
テスト環境構築環境あり

*上記の情報は2021年11月調べ です。


以上、3社を比較してみましたが どのサーバーも アクセス量に対しての強化
表示や 処理スピードの速さなどを強化されていて 甲乙つけがたいですね。

それぞれ お試し期間があり 無料で体験できますので
まずは 気軽に登録してみるといいかと思います。