<>

SSLの取得で変更されたWebサイトの使用するすべてのURLを書き換える方法

SSL証明書を取得し WebサイトのURLを http://~ から http(s)://~ へ
設定したあとにも いくつかの設定をする必要があります。

ひとつは 常時SSL化 といって こちらについては
証明書の取得のしかたのページでごあんないさせて頂きました。
無料SSL証明書の取得と常時SSL化の設定のしかた【エックスサーバー】

これ以外にも必要な項目があり、設定をしなければ SSLが機能せずに
保護されていない通信のままになってしまう可能性があります。

WordPress サイトの URLの変更

WordPressサイトの 管理画面上に このような警告の表示が現れます。
wordpress管理画面 - SSL取得後に表示される URLの変更警告文のイメージ画像
レンタルサーバー内でSSL設定をしても WordPress内で設定したURLは http:// のままです。

サイト画面では鍵のマークが表示されますが、
管理画面内のURLは http://●●●.net/wp-admin/~ という状態で
保護されていない ねじれた現象になっていますので " s " を追加し 修正してあげます。

また、この変更を行うことでアップロード済み画像URLも 自動的に https://~ に変更されます。

ダッシュボードから 一般設定へ移動 - アドレス(URL)を書き換える
変更は ダッシュボード画面から 設定 >一般 を開きます。
WordPress アドレス (URL) とサイトアドレス (URL) の変更していきます。
こちらの URL に s を付けて変更の保存をしてください。

これで管理画面でも 鍵のマークが表示され すべての記事のアドレスと
メディア保存されている 画像URLが https://~ に変更されました。

画像のURLの変更プラグイン -Search Regex –

先ほどは Webサイトの 記事やメディアの データ情報に関するURLの変更でしたが
すでに 記事内に貼り付けた 画像のURLや 内部リンクなどは http://~ のままです。

SSL取得前に記事に追加されたメディア画像URLのイメージ

ページ内に http:// ~ と https:// が混在している状態だと
SSL機能が機能しないケースがありますので これも必ず修正する必要があります。

すべての投稿記事をチェックして 画像を置き換えるという作業はとても大変です。
このような文字列を編集したい場合に役に立つのが Search Regex です。

WordPressのプラグイン Search Regexを利用して 変更したいURLなどを 検索し置換 していきます。

Search Regexの使いかたはこちらでまとめています。
修正したい文字列を一括置換 – WordPress プラグイン – Search Regex –

 

投稿の編集画面で 保護されていない通信

投稿一覧から記事を選択し、投稿の編集をしますが
この画面だけ【保護されていない通信】と表示されてしまいました。
保護されていない通信の詳細画面 - 投稿画面今回のケースは 画像に対する警告のようですが、画像もすべて問題はありませんので
考えられるのは Search Regex によるエラーかもしれません。

いろいろ調べてみましたが、難しいことをしなくてもいい解決方法は、
一度 この投稿記事を ゴミ箱に移動 してしまいます。

記事が消えてしまうのが怖い!!と、思われる方は 丸ごとコピぺして
新規記事として作成しなおす。という方法もあります。

私の場合、この方法で解決しました。
ダッシュボード画面でも きちんと保護されているページになっている方が
安全ですので、どれかの方法で改善されることをおすすめします。