<>

Webサイトの基本【 hタグ 】記事タイトル / 見出しについてのまとめ 【 SEO対策 】

Webサイトの基本は いかに必要とされる記事が書かれているかに尽きると思います。

記事作成には 見出し・キーワードなどの 重要なポイントがあり、
これらを踏まえて
しっかりと伝えたい事柄を明確にまとめた記事であることが大切です。

多くのユーザーに見て頂くための 見出しキーワードの使いかたを正しく知っていただくことで
検索エンジンに評価される サイトとなりますので その基本情報をまとめていきます。

h要素 を正しく使い分ける

h要素は 記事のタイトルや 文章の項目ごとにつける要素 で
タイトル・見出しに対して使用する要素<h1>から<h6>までの 6段階に分けられます。

見出しの階層について分かりやすく図解

大見出しh1 が記事のタイトル部分になり 中見出し・小見出しと
数字が大きい見出しが 記事としての重要な意味を持ちます。

この見出しが Googleなどの 検索エンジンにも大きくかかわってくるのです。

h1 記事タイトル・大見出しは1記事に1つだけ!

記事タイトルに使用するのは h1 タグ 大見出し です。
h1 が重要な意味を持つ、と言っても いくつも使えるわけではありません。

この記事には 何が書かれているのかを表す重要なもので いくつも h1を入れてしまうと
重要な内容がブレてしまい 何を伝えたいのかが分かりにくい記事となってしまうため 評価が下がってしまいます。
ですので、h1は メインタイトルに使用する 1回のみ使用します。

記事内では h2(中見出し)が一番大きな見出しとなり この記事で伝えたい重要な項目に設定
次に h3(小見出し)を使い 内容を分かりやすく分けて 記事を書いていきます。

階層は 大きいタグ → 小さいタグ

階層は 大きなタグから 小さなタグへという順序が基本です。
h2 の次に h4 が来る、などということは NGなので気を付けないといけません。

例えば h2 や h3 の記事内でリストのように 項目別の説明を入れたい場合など
h4 や h5タグを使うのではなく リストなどを利用するほうが 分かりやすく伝えることができる場合もあります。

検索エンジン最適化

何万とある記事のタイトルの中で どうすれば、上位に表示されるようになるのか?

Webサイトは 情報を共有できるように共通の言語、 プログラミング言語を用いて記述し、
それを管理するコンピュータによって 必要な情報が呼び出されるといった仕組みになります。

Googleなどの 検索エンジンに表示されるためには 先ほどの h要素の正しい使いかたなどのほかに
キーワードを取り入れた 記事の作成が大事になってきます。

記事・タイトル・タグなどに含まれる キーワードや プログラミング言語を正しく使用することで
このページに何が書かれているのかを伝えていきます。

キーワード検索

検索エンジンは主に キーワードから サイト検索していくもので
キーワードが 曖昧な記事は検索には なかなか引っ掛からなくなってしまいます。

必要な情報というのは ユーザーによって違ってくるもので どれが正解!という訳ではなく
記事の内容・キーワードを適切に設定することで 検索エンジンに評価され
上位表示へつながっていくということになります。

それでも なかなか 表示(上位表示)されない ということも多々ありますので
自分の記事がどのくらいの位置にいるのか、どのような ワードが上位表示されているのか
アナリティクスなどのアクセス解析も含めて 常に改善していくことが大事ですね。

メタディスクリプション

検索結果の一覧で表示されるのは キーワードに合致した 各サイトの記事タイトルとキーワードを含んだ短い文章です。

この文章は記事の内容を伝えるための重要な箇所でありタイトルだけでなく
キーワードを含んだ文章によって検索に認識されるポイントとなります。

検索エンジンの判断で 記事の冒頭の文章が そのまま表示されたり
サイトの記事からキーワード部分を含んだ文章を 自動的にピックアップされる場合もありますが
投稿ページのメタ ディスクリプション から文章を作成し設定することができますので
検索を想定した文章を考えて設定してみましょう。

見出しの装飾について

さいごに、今回の 見出しについてのまとめですが、
キーワードを意識したタイトル・記事や見出しのルールが重要だということが分かりました。

また、サイトを訪問してくれたユーザーがチェックするのは 記事の冒頭・目次などから
欲しい情報が書かれているか。をまず 選別していきます。

そのあとで 記事全体を見たときに重要なのが、記事の見やすさです。
文字サイズ ・ 行間 ・ 見出しの装飾 などのバランスによって サイトのイメージが決まり
じっくりと記事を読んでいただけるか、離脱してしまうかも違ってくると思われますので
この辺も 記事作成の合間に サイト全体のバランスをチェックしてみてください。