<>

WordPress 検索エンジン上位表示のための 見出し作りの基本知識

見出しとは 記事のタイトルのことで 検索エンジンで表示される このタイトル
ユーザーが思わず閲覧したくなるような タイトルを考えなければなりません。
これがめちゃ難しい > <;

また、正しい見出しの使いかたキーワードの使いかたは
検索エンジンに評価される 重要なポイントといえますので 少し復習しておきましょう。

Googleなどの検索エンジン

検索エンジンは ユーザーが調べたいと思っている内容 “キーワード“から
同じ情報を持つ記事を判断し 検索画面へ表示するという仕組みです。

当たり前のことのようですが、検索エンジンが 記事を判断するということは
HTML というプログラミング言語を 正しく使用することによって成り立っているということです。

ですので キーワードはもちろんのこと、見出しに使われている hタグなどの要素やそれぞれのコードを
正しく使えていなければ 上位表示への道も遠くなってしまいます。

SEOとしてはこの hタグだけで判断されるわけではないですが
(h要素)はページ内の重要な箇所であると解析されますので注意しておきたいところです。

見出しの使い分けのルール

見出しは 大見出し・中見出し・小見出し と分類されていて コードでは h1 から h6 までの 6種類に分かれています。
それぞれの使い分けにはルールがあります。

見出しのルール

メインの タイトルには h1 大見出し を使用しますが、
h1は この記事には何が書かれているのかを表す重要なもので 1記事に対して通常1回のみの使用です。

Luxeritasでは 文章内で使用できるのは h2 タグからになるので 間違えることはないですが
文章内ではこの h2 が一番大きな 見出し となるので覚えておきましょう。

階層のルール

h1に この記事のテーマ(大見出し)をつけたら
h2(中見出し)h3(小見出し)と内容を分かりやすくわけて 記事を書いていきます。
見出しの階層について分かりやすく図解

階層は 大きなタグから 小さなタグへという順序が基本です。

例えば h3の中で細かな説明を入れたい場合には h4 や h5を使うのではなく
リストなどを利用することで分かりやすく表示することができます。

上位表示のための キーワード

自分自身もそうなのですが 検索する側になった時、欲しい情報が出てこない場合
いろいろなキーワードに置き換えて検索したりしますよね。

一度設定した見出しでも キーワード検索をかけてみて
どのようなワードが上位表示されているのか 常に調べることも大事ですね。

メタディスクリプション

検索エンジンで見出しの下に表示される文章。

この文章はメタ ディスクリプション といって 改めて設定することができますが
特に指定がなければ 記事の冒頭の文章がそのまま表示されたり
キーワードから 自動的に文章が表示されたりするので大事なポイントになります。

サイトに訪問して頂くきっかけとして、見出し・キーワード・ メタ ディスクリプション
は とても重要ですが あとは やっぱり 内容の濃い記事作りに限ります!

以上、WordPress 検索エンジン上位表示のための 見出し作りの基本知識  でした!