<>

修正したい文字列を一括置換 – WordPress プラグイン – Search Regex –

過去に作成した 記事の中のある文章を修正したい場合、
例えば URLやタイトルの変更、英語のスペルを間違ってしまった!!など…

このような場合に 間違った箇所を探すために サイトのすべての記事を
一つずつチェックするなんて不可能!というか 時間がもったいないですよね?

この文字の編集、変更したい文字を検索して置き換えるという機能は
いろいろと存在しますが、私が愛用しているのは Search Regex という プラグインです。

サイト全体の変更したい文字列を 検索・一括置換できてしまう
とても便利なプラグイン Search Regexの使いかたについてまとめました。

プラグイン Search Regex

プラグインの新規追加から  Search Regex を検索しインストールします。

私が以前利用していた WordPressバージョンが 5.7.2 の時はこのバージョンでは未検証となっていました。

未検証のバージョンのせいか使用時にサイトに問題が起きています!と、
いうメールが届きますが 特に問題なく利用できていました。

Search Regex – 検索と置換 – の使いかた

Search Regexは 管理画面左の項目の 設定ではなくツール内に設置されています。

① 万が一の場合に備えてデータのバックアップをしておきます。

② 投稿したページに関する文字の置換に関しては 特に変更箇所はありません。

③ 変更したい文字列を 検索 の枠に書き込み 検索ボタンをクリックします。

対象の文字列が見つかったら 黄色のマーカーで表示されます。

置換の枠に 変更したい文字列を入力すると 黄色のマーカー部分がオレンジに変わります。
この変換で間違いなければ すべて置換 をクリックします。

置換が始まりますので 終了しましたら 完了 をクリックして終了になります。

いろいろな編集作業に使えるSearch Regex!

URLのSSL機能の設定などで httpに"s" を付けた場合などサイト内で使用しているすべてのURLを変換する必要があります。

このような文字列の編集に利用するのはもちろんですが ほかにもこんなケースで利用すると編集作業の時短にもなります。

メディア画像の整理

不要になったメディア画像を削除したいけれど、どこかの記事で使用していた場合
その記事が分かりにくいものになってしまいますので事前に調べてから削除することをお勧めします。

① Search Regexの検索Boxに メディア画像に使用しているタイトル名を入力

② 検索結果で どこにも使用されていないと確認出来たら削除する。

 CSSの編集・整理

例えば 囲み枠のスタイルを複数作成したけれど、やっぱり3つくらいでいいかなー。
なんて時にも 削除してしまう前に どのかの記事で使用していないかをチェックすることができます。


メディア画像やCSSなど 不要なものをデータとして残しておくことも
サイト自体の負荷になってしまうので 出来るだけ不要なものがないか チェック& 整理するということも大事な作業と言えます。

ー サイトで技術的なエラーが発生しています ー

また、Search Regex を使用した場合、検索のケースによって このようなタイトルのメールが届きます。
Search Regex の注意喚起メールの内容
一度変換された文字や URL を再度 変換検索した場合などに警告されるようです。

メールは面倒ですが、画面も表示されるので 特に問題なく 使用して頂けると思いますが
絶対に大丈夫です。とは言い切れませんので あくまでも 自己責任のもと
心配な方は、変更前に必ずバックアップを取っておくなどの対策をとってから行ってください。