XSERVER ( エックスサーバー ) サーバーパネル データベースの使い方 

Webサイトで作成された情報は(レンタル)サーバを通してデータベースで保管されています。

データベースとは?

データベースについて かるくおさらいしておきましょう。

Webサーバの仕組みを図解

データベースでは Webサイトのデータが保管されていて
リクエストに応じて 作成(保管)・読み出し(表示)・更新・削除の処理をしてくれます。

大抵の国内の レンタルサーバーでは  MySQLデータベースを利用していて
その 性能や 安全性には 定評があり、世界中で多く利用されています。

 Xserver データベースの解説

Xserver のサーバーパネルから データベース設定をしていきます。
簡単インストールから WordPressを インストールした場合、
_wpで始まる データベース名が 作成されます。
(*簡単移行の場合、wt_●● などで作成されます。)

WordPressサイトのデータベース情報の確認方法
データベース名やパスワードを忘れてしまった場合はこちらから確認することができます。

Xserver - サーバーパネル - データベース設定項目

それでは データベースの項目をみていきます。
MySQL設定では 所有者の確認・追加・データベースの削除などが行えます。

データベース内のファイルなどに関して 編集などをする場合は、
PhpMyAdmin 管理画面から行います。

また、間違って必要なデータを削除してしまった場合には データの復元
バックアップなどの機能もあります。

MySQL設定

アクセス所有権ユーザーと追加

MySQL設定を開いた 左のタブ MySQL一覧では
データベース名と アクセス所有ユーザーが表示されています。
MySQL設定 - MySQL一覧 .1 アクセス所有ユーザー
これは PhpMyAdminの 管理画面へ アクセスするための権利で
この wp_88 の場合、所有者は 今現在  wp_88 一人だけとなっています。

MySQL設定 - MySQL一覧 .2 アクセス権を追加するユーザーの選択
別の WordPressサイトを所有している場合、それぞれにデータベースがを管理する場合、
ログインの手間や パスワードの管理などが大変です。

メインとなるデータベース名に アクセス権を与えることで 一つのデータベースから
ほかのデータベースも管理できるようになります。

MySQL設定 - MySQL一覧 .3 アクセス権のユーザー追加
イメージはこんな感じ。
phpmyadmin データベース画面 - 複数のデータベースが一括に
これで wp_88 ( メイン )の PhpMyAdminに wp_45 のデータベースが追加され
一括で管理できるようになりました。

PhpMyAdmin – ログインパスワードの変更

MySQL設定 - MySQLユーザー一覧 .1 パスワードの変更画面
パスワードを確認したい場合は、WordPress簡単インストール画面から
サイトごとの 情報を確認することができますが、パスワードを変更したい場合はこちら。

MySQL設定 - MySQLユーザー一覧 .2 パスワードを設定
好きなパスワードを設定してください。

MySQL設定 - MySQLユーザー一覧 .3 パスワード変更の実行
一部データベースの情報が変わりますので、このような変更されるファイルが表示されます。
変更をクリックして完了です。

MySQLユーザー設定と削除

MySQL設定 - MySQL一覧 - データベースの削除
不要になった アクセス権所有ユーザーや データベース自体を 削除することができます。

MySQL設定 - データベースの削除を実行

削除は簡単にできますが、必要なデータを消してしまわないように
本当に削除してしまってもいいか しっかり確認しましょう。

MySQL – データの復元

もし、間違えて必要なデータを削除してしまった場合は復元から
過去7日分まで復元できます。

MySQL復元 - 日にちの指定
復元は サーバーパネル データベースの MySQL復元から 復元させたいデータベースと
日にちを選択します。

復元をクリックしたら 確認画面へ移動します。

MySQL復元 - バックアップを実行 - 完了画面
正常終了になるまで少し時間がかかります。

まとめ

今回は データベース PhpMyAdminへ アクセスするための 設定を中心に
データベースの使い方を解説させていただきました。

PhpMyAdmin では不要なデータを削除することができます。
データ削除に関してはこちらでまとめていますので 参考になればと思います。