エックスサーバーでの ワードプレスサイトの バックアップと復元の使い方

ワードプレスの サイトや プラグインの更新・テーマのバージョンアップなど、
様々な場面でバージョンアップ(更新)が必要になります。

ですが、これらの作業を行うことで大切なデータが消えてしまったり、
サイト画面が正常に表示できなくなる! ということもあります。

WordPressの 更新画面でも、更新前に必ず バックアップしてください。と、
表示されますが 初めての場合は 難しさや不安を感じ 更新自体を
敬遠しがちではないでしょうか?

ですが、やってみれば意外と簡単!
サイト運営のためにも 重要な バックアップと復元について
分かりやすく解説していきたいと思います。

バックアップの種類

WordPressの サポートページでも バックアップについて解説されています。
サポートページはこちら → WordPressのバックアップ

バックアップの方法もいくつかあるのですが 主に 3種類の方法になります。

  1. バックアップ用の プラグイン を利用する
  2. WordPressテーマ に設定してある バックアップ方法
  3. レンタルサーバ での バックアップ機能を使用する方法

バックアップは 不測の事態にも対応できるように 一か所だけでなく、
複数の方法でバックアップし、別々の場所に保管しておくのが最適な方法になります。

1.のバックアップ用プラグイン を利用すれば簡単にバックアップすることができます。
おすすめは 中でも評価の高い UpdraftPlus  バックアップ/復元 が簡単に行えます。

2.は このサイトのテーマ ルクセリタス の基本機能バックアップと復元 という
機能がありますので こちらも簡単に バックアップと復元をすることができます。

このページでは 3.の レンタルサーバでのバックアップ機能を利用した
バックアップと復元について解説していきます。

エックスサーバー / サイトのバックアップと復元

Xserver-サーバーパネル 項目一覧 - バックアップの項目
サーバーパネルでバックアップできる項目を確認します。

サイトの基本的な構造・テーマやプラグイン・メールなどの バックアップは
アカウント項目の バックアップ から設定

投稿記事・メディア画像・一般設定などの データの バックアップは
データベースの項目で MySQL バックアップと復元 に分かれています。

自動バックアップデータ取得・復元

エックスサーバーでは 自動バックアップ機能 により、通常 過去1週間分の
バックアップが 自動で行われています。
事前にバックアップを取っていなくても、消してしまった情報を復元することができます。

ここで紹介する 自動バックアップデータの取得 というのは、
取得したデータを自分の PC上に ファイルとして保管できる。という機能になります。

WordPressバックアップ - バックアップの取得 ・復元のしかた
取得と復元 の両方の操作を この画面から 行います。

  1. 処理種別 取得か 復元か を選択します。
  2. 対象バックアップ日 取得したい または 必要な情報が消えてしまった場合など
    戻したい日にちを指定して復元を選択します。
  3. 取得方法 対象を指定して取得 の場合、 ドメインの選択画面が表示されますので
    必要な領域を 指定して実行していきます。
対象ドメインのディレクトリとは?

ディレクトリとは  PC用語の フォルダ のことを指しています。 
Web領域  … 対象ドメインの 「public_html」ディレクトリのデータ
Web用設定ファイル  … 対象ドメインの 「public_html」と「mail」ディレクトリ以外のデータ
メール領域  … 対象ドメインの 「mail」ディレクトリのデータ

public_html」と「mail」のディレクトリの場所はココ↓
Web FTPファイル内 - 指定領域のディレクトリの場所
画像は省略していますが、「public_html」と「mail」は FTPファイルの
ドメイン eureka45.xsrv.jp の ディレクトリ ( フォルダ ) 内に 格納されてあります。

バックアップする領域を指定したら、取得を開始します。
WordPressバックアップ - 取得確認と 確定
確認をクリックして実行し、作業は終了です。が 注意事項 についての記述があります。

取得した バックアップデータは 24時間で 消えてしまう というもので
この /home/●●●/userbackup/ の場所に保管できる期間が24時間。という事なので
24時間以降も データを保存させるには
FTPファイルを使用し 自分の PC上にデータを保存する。という作業が必要になります。

FTPファイルの編集については、改めて記事にまとめます。m(_ _)m

データベースのバックアップと復元

投稿記事や メディア画像など 大切なデータが データベースで管理されています。

こちらも過去1週間分のデータは自動でバックアップされていますので
事前のバックアップなしでも、復元することができますが、バックアップを取得することで
FTPファイル内に backupディレクトリ が作成され データを保存することができます。
いつでも、元の状態に戻すことができるので 定期的にバックアップを取っておくといいでしょう。

データベース名とパスワードの確認

簡単インストール画面 - データベース名と パスワードを確認
まず、バックアップしたい データベース名を 確認します。
簡単インストール画面から データベース名や PhpMyAdminの ログインパスワードも
こちらで 確認することができます。

MySQLバックアップ

MySQLの カテゴリから MySQLバックアップ を開きます。
MySQLバックアップ - 自動バックアップデータ取得申請の使い方
取得したい データベース名から 日付を指定し、申請をするだけで
簡単に バックアップの申請をする事ができます。

申請から 取得完了まで少し時間がかかります。
進行状況は、自動バックアップ取得申請履歴で確認できます。
自動バックアップデータ取得申請履歴 - 取得状況と完了
取得が完了したら、取得状況欄に バックアップデータ出力先 にファイル名が書かれています。
この場所はファイル管理から確認することができます。

ファイル管理 – WebFTP画面

取得した ファイルの場所はこちら↓
Web FTPファイル内 - 作成された backupディレクトリに保存されたファイル
mysql57_…は 日付ごとにディレクトリが作成されます。
backupディレクトリから 復元したい日付のディレクトリを選択
最後は、バックアップした データベース名の入った ファイルで保存されています。

これを PC上にダウンロードしておくと PhpMyAdminから インポート という形で
データを手動で復元することもできます。

MySQL復元

復元も バックアップの工程とほぼ同じで 簡単に復元することができます。

MySQL復元 - 自動バックアップから復元 - 日付を指定して復元する
ここでも 警告文があります。 万が一のために、ということですね。
先ほどの  backupディレクトリ内の必要なファイルを PC上にダウンロードしておきます。

現在のMySQLをダウンロード

MySQLバックアップ - 現在のMySQLをダウンロード画面
現在の MySQLをダウンロード というのは 自分のPCにダウンロードされるもので
FTPファイルには保存されません。

先ほどとの違いは 圧縮形式を選択できるということですが、先ほどのバックアップでは
gz形式ですので 圧縮させない場合は、こちらの現在のMySQLをダウンロードを選択します。

PhpMyAdmin画面から ファイルをインポートする

最後に、PhpMyAdminの インポート機能を使い データを復元させる方法をご案内します。

PhpMyAdmin - インポート画面
PhpMyAdminへのログインは、先ほどの データベース名と パスワードが必要です。
ログインしましたら、編集したいデータベースを選択、インポートのタブを開けます。

PhpMyAdmin - インポートのしかた - ファイルを選択する
インポートするファイルは、先ほどのダウンロードしたファイルから
必要なファイルを選択し実行します。

ファイルは、圧縮していないもの、もしくは  gz~ で圧縮されているもの。
とありますので、先ほどの ダウンロードは 圧縮していなくても gz でもどちらでも利用可能です。

ファイル以下の項目は、特に変更する必要はないのでそのままで実行して大丈夫です。

おわりに

データベース名とパスワードですが、簡単インストールをした場合は 詳細画面がありますが
簡単移行で取得した ドメインに関しては データベース名しか表示されていません。

なので、パスワードが分からなくなってしまった場合などは パスワードの再設定
MySQL設定のMySQLユーザー一覧からパスワードを変更するか
MySQL一覧のアクセス未権所有ユーザーから アクセス権を 追加 すると
別のデータベース から アクセスすることができるようになります。