無料SSL証明書の取得と常時SSL化の設定のしかた

【保護されている通信】サイトにするための
無料SSL機能の設定方法について解説していきます。
ここでは エックスサーバーの設定方法をごあんないしていきます。

SSLの必要性などについてはこちらを参考にお願いします。
SSL機能の必要性と設定について-無料独自SSL機能と有料SSL

Xserver – エックスサーバー

国内シェア №1のレンタルサーバー  エックスサーバー

無料SSL証明書の取得申請

Xserver のサーバーパネル画面から SSL設定画面を開きます。
画面の開き方は この全体表示の画面からと
このパネルのどれかをクリックした場合、サイドバーとして一覧が表示されます。
 SSL設定の場所の説明・Xserver サーバーパネル一覧画面
SSL設定の場所の説明・サーバーパネル・サイドバー画面サイドバーからも選択することができます。
Xserver のSSL設定の操作方法・URL選択画面
ドメイン画面から設定するドメインを選択します。

Xserver のSSL設定の操作方法・独自SSL設定追加の画面
独自SSL設定追加 画面を開き CSR情報を入力します。

Xserver のSSL設定の操作方法・CSR情報の入力画面
ボックスにチェックを入れると入力画面が開きます。
入力が終わりましたら 確認画面へ進む をクリックしてください。

Xserver のSSL設定の操作方法・追加確認画面
こちらの 追加する をクリックします。
SSL新規取得申請中の画面
SSL新規取得申請中の表示がでますので 取得までしばらく待ちます。

Xserver のSSL設定の操作方法・追加完了画面
戻るボタンで 先ほどの設定画面に戻りましたら
反映待ちの表示が出ていると思います。これで操作は終了になります。

Webサイトの常時SSL化

これから作成していく投稿ページのURLは https://~ で作成されますが
SSL機能の設定前に投稿した記事は http://~ のままですので
これをに https://~ と表示してもらうためには
常時SSL化 の設定をすることで解決できます。

Webサイト常時SSL化の解説画面
このコードを.htaccessの編集画面に記述します。

サイドバーの一覧から.htaccess編集を選択.htaccessの編集画面を開きます。

.htaccess編集・注意事項の画面

注意事項が書かれていますが、
必要な項目を記述するだけですのでご安心ください。
.htaccess編集操作画面

# END WordPress のあとに記述していただければO.K.です!
確認画面に進み 実行していただければ 常時SSL化 は完了です。
高速・多機能・高安定性の Xserver の広告

WordPress サイト内の設定変更について

WordPress サイトのURLや以前にアップロードした画像は
http://~ のままになっていますのでこちらも設定を変更していきましょう。

SSL設定後も保護されていないと表示される理由と改善方法