SSL機能の必要性と設定について-無料独自SSL機能と有料SSL

SSLとは…?
SSL認証とは 送信情報を暗号化するための鍵・電子証明書です。
主な役割りはドメインの所有者であることの証明
ブラウザとウェブサーバー間での通信を暗号化してくれます。

サーバとユーザー間の通信を暗号化することで通信を保護し
第三者からの不正な行為からサイトやユーザーを守ってくれる機能で
サイト運営には欠かせないセキュリティ設定になります。

後々の変更の事を考えても サイト作成を始めたなら、
まず初めに設定しておきたい項目です。

SSL認証について

SSL機能の必要性

Webサイトのアドレスバーのアドレスの横に表示されているこの鍵のマーク
セキュリティのマークです。マーク以外にも httphttps になっていますね。
アドレスバーの表示例・SSL機能アリとなしの比較画像
画像の上段 のこれがSSLを設定している状態。保護されている通信の証です。

大切な情報が盗まれてしまう可能性があるほか
見ての通り、保護されていない通信 と表示されると
閲覧に不安が生じてしまい閲覧にも影響がでてしまうことでしょう。

見た目にも安心できるサイトの方が信頼度も上がり
GoogleのSEO対策 にも つながります。

SSL機能の取得方法

SSL機能の設定はWebサイトのドメインごとに設定しますので
レンタルサーバーからドメインを取得しサイトを作成した後に
SSL証明書を取得 し利用できる機能になります。

注意

SSL機能を設定する際にはまず、ドメインを取得しておく必要があります。
まだ、自身のドメインを取得されていない方はドメイン取得について
ご覧ください。

独自ドメインに関してのページはこちら
ドメインについての基礎知識 | 種類と取得について

無料独自SSL機能

独自とは 独自のドメインのことで http:// の後に続く
.com や.net  などのドメインを利用した自身のサイトアドレスのことを指しています。

無料のSSL機能の場合、ドメイン認証型のSSL機能になり
必ずこのドメインが必要になります。

無料SSL機能では  Let’s Encrypt (レッツエンクリプト)を
使用し無料のSSLサーバー証明書を取得することができます。

設定方法はこちら
無料SSL証明書の取得と常時SSL化の設定のしかた

有料SSL機能を比較

ブログサイトでは そこまで高額なSSL機能は必要ないかと思いますが
サイトの種類や規模によって考えなければいけません。

SSLの証明書ブランドによって料金はさまざまで結構、高額なものもあります。
いくつかのサーバーを比較してみます。

 Xserver – エックスサーバー

CoreSSL
1年契約 1000円 2年契約で 1800円 ととてもリーズナブル!!
サイトシールにも対応したコストパフォーマンスの高いドメイン認証型SSLです。

サイトシールとは

サイトシールとはこのようなSSLブランドのマークを
サイト上に貼り付けて使用します。

Xserverのオプション独自SSLでは
古いブラウザにも幅広く対応できる IPアドレスベース では
別途 利用料金がかかります。

対応ブラウザ と スマートフォン

ネームベース  【 対応ブラウザ 】
IE:7以降 Firefox/Safari:2.0以降  Google Chrome 6.0以降
【 スマートフォン  】Android:3.0以降  ios:4.0以降 になります。

IPアドレスベース【 対応ブラウザ 】
IE:5以降 Firefox:1.0 以降  Safari:1.2以降  Google Chrome :すべて
【 スマートフォン  】 Android:1.5以降  ios:1.0以降 になります。

高速・多機能・高安定性の Xserver の広告

 さくらのレンタルサーバ

ドメイン認証型 安心と信頼のJPRSブランド!!
年額料金 1年 972円  2年 1,836円 と比較的 安価で取得できます。

モバイル端末の対応状況

Windows Phone ver.7 以上    Android ver.4.1 以上
iOSver.4.3 以上               BlackBerryver.5.0 以上


 WordPress が使える 高速・安定・無料SSL付/さくらのレンタルサーバの広告

LOLIPOP!レンタルサーバー

LOLIPOP!のSSL(PRO)は 国内シェア No.1の GlobalSign を採用しています。
個人サイト向け クイック認証SSLは月額2000円

独自SSL 詳細はこち
ロリポップ!の独自SSL

レンタルサーバー-ロリポップのご紹介