サーバーについての基礎知識とレンタルサーバーの機能と価格を比較

サイトをWeb上にアップさせる為にはサーバーが必要になりますが、
個人ではレンタルサーバーを利用することで、簡単にサイト運営を始めることが出来ます。

ここでは基礎的なサーバーについての解説とレンタルサーバーを
いくつか比較してご紹介していきます。

サーバー・レンタルサーバーについて

まず、かんたんにサーバーについて説明していきます。
サーバーの仕組みを分かりやすく図解
私たちが Webサイトで作成した記事はサーバーによって管理されています。
クライアント (ユーザー) からリクエストがあった記事をサーバーが
呼び出してクライアントのブラウザへ表示されます。

サーバーとホームページ・ドメインについての解説
ブラウザに表示されるアドレスは
サイトのドメインから始まり 各ページのリンクで構成されていてます。
このドメインを取得しないとWeb上にサイトを公開することができません。

Webサイトを運営するには 最低限このふたつ
サーバードメインが必要になりますが
この項目以外にも サイト運営に必要な項目があります。

これらの契約やWebサイトを運営していく上でのさまざまな設定・管理を
サポートしてくれるのがレンタルサーバーなのです。

レンタルサーバー 共通のセキュリティ機能

サイト運営で重要なセキュリティ設定ですが 一般的なセキュリティは
各レンタルサーバー 標準機能として利用することができます。

各セキュリティに関しては別ページで 解説と利用のしかたをまとめましたので
よろしければ一緒にごらんくださいませ。

 

サーバー別のおすすめポイント!!

LOLIPOP!

バックアップ
定期的に実施しているバックアップに加え、
簡単にWebサーバーとデータベースサーバの自動バックアップが行えます。

独自SSL  
より万全な個人サイト向け クイック認証SSL
国内シェアNo.1GMOグローバルサインSSL証明書 を取り扱い。

セキュリティ設定
総合セキュリティソフト エフセキュア を採用。
ウイルス対策として最高レベルのセキュリティと豊富な機能でありながら
月額500円の自動更新で常に最新版のセキュリティで
サーバだけでなくご自身のパソコンも守ってくれます。

LORIPOP!広告
LORIPOP!広告

Xserver 【 エックスサーバー 】

高速性・機能性・安全性を兼ね備えた
オールSSDのハイスペックサーバー
SSDストライピング構成でHDDより読込速度が48倍以上向上
そのほか最新24コアCPU&大容量256GBメモリを搭載した
ハイスペックなサーバー環境です。

ドメインのキャンペーン!!
定期的にドメインのキャンペーンが行われており
無料でドメインを取得できたり、格安で手に入れることができます。

オプション機能

独自SSL機能 
オプション契約の場合 サイト上にサイトシールを掲載することができ
より安全なサイトである証明になります。

サイトシールとは

サイトシールとはこのようなSSLブランドのマークを
サイト上に貼り付けて使用します。

高速・多機能・高安定性の Xserver の広告

さくらのレンタルサーバ

Webサイトを速くする さくらのレンタルサーバ
PHPモジュールモードにより、WordPressサイトを高速化できます。
また、高速Webサーバ nginx(エンジンエックス)で
アクセス集中でもWebサイトを安定表示が可能に!!

バックアップ&ステージング
サイト情報やデータベースをまとめて
スナップショットという単位で保存(バックアップ)
WordPress のテスト環境が簡単に作ることができバージョンアップなどで
不具合が起きないかを確認したりすることができます。

オプション機能

独自SSL機能
ドメイン認証型 安心と信頼のJPRSブランド!!
年額料金 1年 972円  2年 1,836円 と比較的 安価で取得できます。

モバイル端末 対応状況

Windows Phone ver.7 以上    Android ver.4.1 以上
iOSver.4.3 以上               BlackBerryver.5.0 以上

わかりやすく表で比較

高速性・機能性・安全性

サイトを運営していくのに重要なのがサイト表示の高速化
アクセスが集中した場合のサイトの安定性です。
どのレンタルサーバーも 高速性・安定性を重視しており
甲乙、つけ難いところです。

LOLIPOP! Xserver さくらのレンタルサーバ
HTTP/2
phpモジュールモードPHP7.1
(モジュール版PHP)

CGI版のおよそ12倍の高速化

従来のCGIモードと比較して
16倍の高速化
Xアクセラレータ
phpとWordPressの
処理速度が速い!!
オールSSD HDDより読込速度48倍以上向上
最新24コアCPU&大容量256GBメモリ

全データベースSSD対応
RAID10構成
NGINX
大量アクセスに強い
負荷耐性
キャッシュ
表示スピード
向上・安定

ロリポップオリジナル機能

ブラウザキャッシュ設定
同時アクセス数拡張

セキュリティ

セキュリティ面を比較してみましたが、こちらは ほぼ変わらない結果となりました。
独自SSL機能に関してはそれぞれのレンタルサーバーの取り扱っている
認証ブランドの差で料金と対応できる端末に差が出ているようです。

LOLIPOP! Xserver さくらのレンタルサーバ
ファイル
メール
(F-Secure)

(F-Secure)
SSH
国外IPアドレスフィルタ
海外アタックガード
オプションSSL機能  GMOグローバルサインSSL認証
月額2000円
ネームベース / 1000円/年
/ IPアドレスベース
/ 利用料込み7000円/年
ドメイン認証型
972円/年

* ネームベース ・ IPアドレスベースについて
Xserverのオプション独自SSLでは
古いブラウザにも幅広く対応できる IPアドレスベース
追加料金がかからない SNI SSL(ネームベース)のプランに分かれています。

OS・ブラウザ や スマートフォンのバージョンによって
SSLの対応ができるかどうか分かれており 古いバージョンにも
対応させたい場合、初期費用と別にIPアドレス利用料というのが
かかってしまいますのでご注意を!!

対応ブラウザ と スマートフォン

ネームベース  【 対応ブラウザ 】
IE:7以降 Firefox/Safari:2.0以降  Google Chrome 6.0以降
【 スマートフォン  】Android:3.0以降  ios:4.0以降 になります。

IPアドレスベース【 対応ブラウザ 】
IE:5以降 Firefox:1.0 以降  Safari:1.2以降  Google Chrome :すべて
【 スマートフォン  】 Android:1.5以降  ios:1.0以降 になります。

(注)SSLブランドによって対応範囲が変わるようですので
詳しくは各サーバーのSSL機能についてのページでお調べください。

料金や利用できる容量を表で比較!!

最後はサイト運営に最低限必要なプランから料金や容量について比較していきます。

LOLIPOP!
スタンダードプラン
Xserver
10Xプラン
さくらのレンタルサーバ
スタンダードプラン
 / プレミアムプラン
月額 600円(税抜) 1200円(税抜) 515円/1543円
年一括払い 年契約/月500円(税抜)
12ヶ月で6000円
15000円
(税抜)
5142円/15428円
初期費用 1500円 3000円(税抜) 1029円
ディスク容量 120GB 200GB 100GB / 200GB
転送量 60GB/日 課金なし 80GB /日 / 120GB /日
独自ドメイン 100 無制限 100 / 150
MySQLデータベース 30 50 20 /50
メールアカウント 無制限独自のドメインの
メールアドレス
無制限 無制限
アクセスログ解析 Analog ソフト使用 サーバーログ型のアクセス解析
Googleアナリティクスなどは
Webビーコン型
Weblinerによる閲覧
バックアップ機能 【オプション】
月額300円
Web・メール過去7日分・データベース
過去14日分のデータ保持
バックアップと
テスト環境構築環境あり

*上記の情報は2019年12月調べ です。

まとめ

分かりやすくまとめたつもりですが、まだまだ専門用語が多く
どのサーバーを選べばいいのか迷ってしまいますね。
トータルで見ると サクラのレンタルサーバーがバランスがよく
価格的にも始めやすいかもしれませんが 長い目で見ると
Xserver のほうがいいかもしれません。

独自ドメインを取得してのサイトの場合、後に
レンタルサーバーを換える (移管) することもできますので
まずは、気軽にはじめてみてもいいと思います。