<>

アフィリエイトサイトの仕組みと登録サイト

今では Twitter・インスタグラムなど いろいろな媒体を利用し 広告収入を得るという方法がありますよね。

広告収入の方法としては Googleアドセンスを利用した 自動広告
アフィリエイトのような 自分で広告を選んでサイトに貼り付ける。という手法などがあります。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトは 広告主と提携し Webサイトに 広告を掲載し、
広告のクリック または商品の購入によって報酬が支払われる というものです。

個人で広告主を探す。となると大変ですが、商品を紹介してほしい広告主
広告を貼りたい サイト運営者を 仲介をしてくれるサイトがあります。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)と呼ばれる 仲介サイトです。

アドセンスの自動広告と違い 自分で好きな広告を選択できる。というのが
アフィリエイトの魅力でもあり そしてこの ASPサイトのおかげで
私たちはかんたんに広告を探すことができるというわけです。

ASPに登録するための条件は、すでにサイトを運営していること。

登録は無料ですが どのような内容のサイトを運営しているのかを審査されます。

登録自体は AdSenseの審査より 厳しくはないと思いますが
広告掲載は 広告主と提携にするという仕組みですので 運営サイトのコンテンツと
まったく違う業種の広告の提携を申請しても 審査に通らない。ということはあります。

アフィリエイトサイトとは

アフィリエイトサイトには二通りあります。
どのようなサイトを運営していくのか、この選択は重要になります。

好きなジャンルで勝負!

一つは 運営しているサイトに関連する広告を貼る。という方法で
好きなジャンルなどのサイトを運営し、それに関連する広告を貼る。というものです。

こちらはジャンルの幅をによって複数の広告を貼ることができますが
この場合、サイドバーなどに広告を設置するというパターンが多いようです。

商品紹介がメインのサイト運営

二つ目は 商品紹介をメインにしたサイト運営。商品に関する記事を書くことで
ページ内に広告を貼っていきます。

こちらの方法はより多くの広告を貼ることができますし、商品を詳しく紹介することで
商品の購入につながり、アフィリエイトの報酬を得る確率が上がるといえます。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)

広告主との仲介をしてくれるプロバイダー
プロバイダーの登録をして 広告主様と提携・広告を掲載します。

APSでは 各ジャンルから広告を選択することができます。

A8.net
A8.netでは 人気ランキングや有名広告主など プログラム選びのヒントになる
項目や特集などから 提携する広告主を探すことができます。

バリューコマース
Yahooショッピング、楽天市場、Amazonなど大手ショッピングモールから
有名ブランドのネットショップまで バリューコマース アフィリエイトでしか掲載できない有名企業も 多数揃っています!

ショッピングサイトのアフィリエイト

楽天などのショッピングサイトでは 独自のアフィリエイト契約を結ぶこともできます。

紹介したい商品を 楽天から検索し 広告を掲載することもできますし
自動広告で ユーザーが検索した履歴をもとに 興味のある広告を自動的に掲載してくれるという機能もあり。

ジャンルもさまざまで ASP に無い商品などを選べる、という点では
ショッピングサイトのアフィリエイトも かなりおススメです。

楽天アフィリエイト

Amazon
Amazonの場合はアソシエイト(アフィリエイト)の登録が必要になります。

楽天や Amazon の広告も A8.netバリューコマースなどから
提携・広告掲載をすることもできます。

画像素材サイトのアフィリエイト

ACアソシエイト
イラスト・写真・シルエット・エディター画像まで種類も豊富な画像素材サイトです。
無料デザインテンプレートなら【エディターAC】


他にも海外の 画像素材サイトのアフィリエイトなどもあります。

どちらも高画質の素晴らしい画像サイトですが アフィリエイト登録に関しては
語学力の問題や 支払い方法に関する不安がなければ 登録してみてはいかがでしょうか?

shutterstock – アフィリエイトプログラム

Adobe Affiliate Program