<>

カバレッジ Noindexによるエラーを修正【Google Search Console】

SEO対策のひとつとして Google Search Console (サーチコンソール)の設定しました。

Search Console は 現在のサイトのクリック状況やエラーのあるページなどを確認することができます。

Google Search Consoleの登録に関する記事はこちら
【Google Search Console 】登録に必要な設定まとめ|WordPress

Google Search Console カバレッジ

カバレッジでは 有効なページ、エラーのあるページが表示されています。

Googleがサイト内で検出したページやインデックス登録されている
ページに関する問題点などをレポート画面から確認・修正箇所のチェックや修正を行います。

 noindex タグが追加されています

Search Console の登録後によく起こるエラーで
❝ 送信されたURLにnoindex タグが追加されています ❞ というのがあります。

赤々と エラーが表示されているカバレッジの画面の下の
詳細部分に 送信されたURLに noindex タグが追加されています と表示されています。

このエラーの原因は 初歩的な設定ミスで
XML-Sitemapの設定画面投稿記事での noindex設定に相違があるということです。

XML-Sitemapの設定画面に
インデックスに含めない コンテンツや カテゴリの設定項目があります。

ここで indexすると設定したのに 投稿記事の画面で noindex を設定してしまっているようです。

個別記事の index 再設定

個別にエラーページを確認してみます。

詳細画面 エラーのURLページが表示されている欄に コピー・リンク・検査のマークがあります。

リンクをクリックすると エラーになっている記事へ移動できます。

XML-Sitemap – 投稿(個別記事)を含めない

投稿ページにNoindexが設定されていた場合、 XML-Sitemap設定画面でインデックスしない記事として設定します。

個別の投稿記事をインデックスに含めない場合、URLではなく 個別記事のIDを使って登録します。

記事のIDは 投稿一覧画面からチェックすることができるので チェックし
XML-Sitemapの Excluded itemes に書き込みます。

*IDごとに ,(カンマ)を入れるのを忘れないよう入力し 登録します。

Indexの検査とリクエスト

ガバレッジの詳細画面へ戻ります。

エラーの修正が終わりましたら indexのリクエストをします。

修正を検証か URLを検査をクリックし インデックス登録の検証を行います。

インデックス登録されていない場合

エラーを修正した後、この表示が出た場合は 公開URLをテストで
インデックス登録が可能かどうか検証し 登録が可能な場合、リクエストを送信します。

リクエスト済みになったらOKをクリックし画面を戻します。

インデックス登録をリクエスト

URLは Googleに登録できます。の表示がでたらOKです。

検証が開始されたら 詳細画面で ステータスが 保留の状態になります。

Googleが 新しいページやサイトを クロール・インデックス登録を開始するまでに
1週間程度かかることがありますのでしばらく待ちます。

後日、メールや Search Console画面のお知らせにて カバレッジ問題が修正されました。といった案内が届きます。

以上で、エラーの修正完了です。

GoogleSearch Console,SEO対策

Posted by 45