<>

【Search Console 】カバレッジのエラーを修正

Google Search Console (サーチコンソール)は投稿した記事が
Google検索エンジンで 今どれくらいの順位なのかを表示してくれるサポートツールです。

これは サイトの分析などにとても役立つツールといえます。

そのほかにも カバレッジでは Googleがサイト内で検出したページや
インデックス登録されているページに関する問題点などを確認できるレポートになります。

インデックスの登録

インデックスの登録は XML形式の言語をもとに 作成されたサイト記事の情報です。

この情報を基に Googleなどの検索エンジンに サイトの記事が表示されるという重要な設定になります。

WordPressではプラグイン Google XML-Sitemapを使用するというのが
一番簡単な方法で 検索エンジンが サイトのインデックスを作成するのに役立つ XMLサイトマップを作成します。

 noindex タグが追加されています

Search Console の登録後によく起こるエラーで
❝ 送信されたURLにnoindex タグが追加されています ❞ というのがあります。

カバレッジの画面で エラーが 赤々と表示されています!

この詳細部分に 送信されたURLに noindex タグが追加されています と表示されています。

このエラーの原因は 初歩的な設定ミスで
XML-Sitemapの設定画面投稿記事での noindex設定が違っているということです。

XML-Sitemapの設定画面に
インデックスに含めないカテゴリや 個別記事をチェックする項目があり、
ここでは index( 登録する。)にしたのに 個別の記事で noindex を設定してしまっている

このような 矛盾に対して警告されているということなのです。

エラーのURLを確認する

エラーで表示されているURLが個別の記事なのか固定ページなのかを確認します。

記事を表示させる場合は URL横の リンクのアイコンをクリックします。

noindex の修正

noindexの設定をした記事を XML-Sitemapにインデックスしない記事として設定します。

XML-Sitemap – 投稿(個別記事)を含めない

個別の投稿記事をインデックスに含めない場合 個別記事のIDが必要になります。

投稿一覧画面からIDをチェックすることができるので チェックし
XML-Sitemapの Excluded itemes に書き込みます。
*IDごとに ,(カンマ)を入れ 登録します。

URL検査ツール

登録が完了し、再検証してもらいます。

Googleが 新しいページやサイトを クロール・インデックス登録を開始するまでに
1週間程度かかることがあります。

URL検査の依頼

個々のページの明示を依頼するには URL検査ツールを使用します。

前回のスクロールから 日にちが経過している場合こちらから
再検査を依頼することができます。

検索マークをクリックし個別のURLを入力し検査してもらいます。