<>

Cookieはどのように利用される?|基本知識とGoogleでの設定

Webページを開くと 「Cookieを有効にしてください」とか
「Cookieを使用しています。」など画面に表示されることがあります。

Cookie ( クッキー ) と聞くと お菓子のクッキーの方を連想してしまいますが
ITで使用される「 Cookie」は Webサーバーと ウェブブラウザ間で用いられる
情報を保存するための通信システムで ユーザー情報の管理などに利用されます。

Cookie 名前の由来は諸説あるようですが " 同じ仕組みを持つ UNIX のプログラム" が
「Magic Cookie」と呼ばれていることから マジッククッキー の一種とされ
「HTTP Cookie」または単に 「Cookie」と表記されるようです。

Cookie ( クッキー )のメリット

Cookieは ユーザー側にもサイトの運営側にもメリットがあるようですが
具体的にどのようなことに利用される仕組みなのででしょうか。

ログイン状態の維持

Cookie の代表的な用途が、ショッピングサイトなどの カートログイン状態の管理です。

例えば、ユーザー登録してある Webサイトへの ログイン状態の維持や
過去の履歴や 関連する情報が表示されていたり 行動の記憶によって
買い物カートに入れた商品が そのまま保存されていたりするのが Cookieによる情報の管理にあたります。

データの記憶と更新

Cookieの情報管理は 1度目に訪問した際のデータを記憶させ 2回目以降はそのデータをもとに
訪問したサイト画面の操作を短縮することができ、そこから さらに 情報が更新されていくというような仕組みです。

今では様々な場面で Cookieが使用されており、Cookieを利用することでユーザーにとっても便利なことが分かります。

また、Cookieは Webサイト側でも ユーザーの動向を知るための 情報収集として利用されています。

Googleによる Cookieの利用

Google が使用している Cookieの種類には 機能・セキュリティ・分析などがあり
機能に用いられる Cookieは ユーザーが サービスや ウェブサイトを快適に利用するために使用されています。

これは先ほどと同じく ユーザー側が 便利に利用できるための機能ですね。

また、セキュリティに用いられる Cookieもあり、これは ユーザーがサービスを利用する際の
セキュリティ認証、不正防止、ユーザー保護に使用します。

分析に用いられる Cookieは、サービスの改善に活用するための ユーザーデータの収集に使用します。

今回はこのサイトでも使用している、Googleの広告掲載と アクセス解析に用いられている
Cookieについて もう少し詳しくまとめてみます。

Google Analytics ( グーグルアナリティクス )

アナリティクスでは Webページ間を移動する ユーザーの行動などを
測定するために javaScript タグ を利用し、ユーザーが閲覧したページに関するデータを記録しています。

その際にjavaScript では Cookieが使用されています。
ここで使用される Cookieは 個人を特定できない形で情報を収集し、使用統計をレポートします。

グーグルアナリティクスで収集されるデータは ファーストパーティーのCookie を用い、
デバイス / ブラウザに関連するデータ、IP アドレス、サイト内 / アプリでのアクティビティを収集します。

主に ユーザーがサイトに訪れる時間帯・地域・閲覧ページ・セッション継続時間などの
データ収集することでサイト運営の改善に役立てています。

ファーストパーティーCookie とは

ユーザーが アクセスした Webサイト ( ドメイン属性が同じ ) が発行した
Cookieであることを示しています。

反対に、Webサイトと 別のドメイン属性の Cookieを サードパーティーCookie といい、
主に バナー広告など関連する広告を配信するためなどに使用されます。

Google AdSense ( グーグルアドセンス )

Google AdSenseは 第三者配信の広告サービスになります。
こちらで使用される Cookieは 広告の配信と表示で ユーザーにとって
関連性の高い広告が表示されるようになっています。

これは 広告主や Webサイト側にとって都合がいい機能で、ユーザー側では 広告なんてジャマ!
なんて、思われる方もいらっしゃいますよね。

そんな場合は 広告の設定画面から、自身が興味のあるジャンルを選択したり
同じ広告の表示回数・広告の非表示など カスタマイズすることができ、
これらの情報を記憶するためにも Cookieが使用されます。

設定はこちら→ Google 広告設定

また、Cookieの 利用方法などの 詳しい内容は Googleポリシーと規約 にてご覧いただけます。

Google Chrome  – Cookieの 削除と設定

最後に、ブラウザの設定画面からの Cookie の設定や 削除のしかたについてです。

Cookieは、それぞれに一定の期間で削除されるのですが、ブラウザ画面から
自分自身で その都度削除したり サイトによって Cookieの設定をしたりすることができます。

ここでは Google chrome ブラウザでの設定方法をご案内します。

ブラウザ画面 右上の Google Chrome の設定をクリック、設定を開きます。
プライバシーとセキュリティの項目に 閲覧履歴データの削除Cookieと他のサイトデータ があります。

閲覧履歴データの削除

閲覧履歴データの削除では、過去に閲覧したWebサイトのデータを削除することができます。

これは、共有のパソコンを使用した場合などには必ず削除しておきたい項目で
自身のパソコンなどの場合は、次回のログインが少々面倒である。というデメリットがありますので、
上手く使い分けて頂ければと思います。

また、PCの動作が遅くなった場合に 閲覧履歴の削除が 多少ですが 有効的です。

Cookieと他のサイトデータ

もう一度、先ほどのプライバシーとセキュリティ画面に戻っていただき、
2つ目の項目、Cookieと他のサイトデータから 項目別に Cookieの設定をすることができます。

こちらも、必要な項目を使い分けて 設定してください。


この記事の作成に関して こちらのサイトを参考にさせて頂きました。
Wikipedia – HTTP cookie –
synergy-marketing – マーケティング用語集 –
TIME-SPACE – 初心者でもわかるcookie講座

GoogleGoogle AdSense

Posted by 45