<>

サイトのアクセス解析!Googleアナリティクス|導入からAdsenseとのリンク設定まで

サイト運営の中で欠かせない作業が アクセス解析です。

自分の書いている記事が 正しいのか、間違っているのか。
はっきりとした正解なんてありませんが アクセス解析を見れば
サイトの評価が 数字にはっきりと現れているのです。

広告収入を考えているのであれば なおさら、上位表示のために
アクセス解析を取り入れていかくことが大切です。

アクセス解析ツール

Googleアナリティクスでは どのページにアクセスが多いか、直帰率はどれくらいか?
アクセス解析ツールを利用することによって サイトの分析・改善などに役立てることができます。

アクセス解析にもいろいろありますが、エックスサーバーをご利用の方は、
サーバーの方でも 無料で解析することができます。

エックスサーバーでのアクセス解析は Webサーバーのアクセスログを
もとに解析する「サーバーログ型」のアクセス解析です。

Googleアナリティクス などは Webサイトの各ページに 計測タグを貼り付けて
アクセス情報を収集する「Webビーコン型」のアクセス解析になります。

「サーバーログ型」のアクセス解析では  Cookie や JavaScript を
無効に設定したブラウザ
からのアクセスや JavaScript を実行しない
検索エンジンロボット・スパイダーによる アクセスなどにも対応しています。

エックスサーバーの方は、設定も簡単ですので 両方を使い分ければいいかと思います。高速・多機能・高安定レンタルサーバーなら エックスサーバー

Google Analytics の導入

今回は Google アナリティクスの導入から設定までの手順を ごあんないします。
Googleアカウントをお持ちでない方は、アカウント作成からお願いします。

アカウントを作成しましたら Googleアナリティクスにアクセスします。→ Google アナリティクス

Googleアナリティクス 設定スタート画面
アナリティクス スタート画面から 測定開始 をクリックして 登録画面へ移動します。

アカウント・プロパティ名の設定

設定には アカウント名の作成・プロパティの作成・ビジネスの概要の項目があります。
アカウント名・プロパティ名は自由に設定します。

アナリティクス - アカウント作成画面 -

プロパティの設定項目に 詳細オプションを表示 というリンクがあります。
ユニバーサルアナリティクスを利用する場合、この設定が必要になります。

詳細オプション – ユニバーサルアナリティクス –

Adsenseとリンクさせるためには 詳細オプションの設定が必要になります。
現在は推奨されていない設定のようですが、必要な場合はこちらをON にします。

ユニバーサルアナリティクスを利用する場合は ONに設定

ON にすると、Webサイトの URLの入力画面が表示されますので 設定するサイトのURLを入力します。

Googleアナリティクス4とユニバーサル アナリティクスのプロパティを
両方作成するにチェックを入れ次へ進みます。(これはどちらでも構いません。)

Googleアナリティクス 利用規約 - 言語設定と同意の画面 -

ビジネスの概要についても 当てはまるものにチェックを入れます。
最後に利用規約についての同意画面になりますので 国や地域の設定を合わせて同意をクリックして完了です。

アナリティクスとWebサイトを紐付けする

設定が完了しましたら このような画面が表示されますので
ここから アナリティクスと Webサイトを紐付けしていきます。

Webサイトと紐付けするトラッキングコード画面

画面左の管理 からプロパティの項目の トラッキング情報トラッキングコード へ移動します。

トラッキングコード

この画面では Webサイトと作成したプロパティに対して作成されたトラッキングコードが表示されています。
この トラッキングコードを サイト内に貼り付けることで アクセス解析ができるようになります。

アナリティクス-トラッキングコードの表示画面からコードをコピーする

画面右上の ステータス 過去48時間以内に受信したデータはありません。とあります。
まだ現在は サイトと アナリティクスが繋がっていないということになりますので
まずはこの トラッキングコード をコピーし サイトに貼り付ける作業をしていきます。

Webサイトにコードを貼り付ける

コードの貼り付けは Webサイトのすべてのページに、とありますが
ワードプレステーマの Head 1か所に貼り付けるだけで OKです。

wordpressサイト - テーマの編集画面 - Headにコードを貼り付ける -

WordPress テーマ  Luxeritas (ルクセリタス)の場合、子テーマの編集画面に
アクセス解析(head) という項目がありますので こちらから設置していきます。

17行目の文章に Googleアナリティクスなどのアクセス解析の JavaScript は、
?> 以降に書いてください。とありますので ここでいうと19行目の  ?> の後に 貼り付けます。

貼り付けましたら 保存をクリックし完了です。

テストトラフィックを送信

もう一度、アナリティクスのページに戻り、先ほどの ステータスから テスト送信してみます。
こちらをクリックして、ご自身のサイトが開きましたら
登録とアクセス解析コードが 正常に設定できているという事になります。

設定後はすぐにアクセスできない場合がありますので
サイト画面が開かない場合、しばらく時間をおいてから再度試してみてください。

Adsenseとリンクさせる

AdSenseとアナリティクスをリンクさせる場合、
GA4では AdSenseの表示がないので 間違うことはないですが 使用できるのは
UA-(ユニバーサル アナリティクス)で始まる アナリティクスのプロパティになります。

アカウントの権限

AdSenseと アナリティクスを リンクさせるためには 共通のアカウントの権限を持っていることが必須です。

AdSense・アナリティクスそれぞれ 別のアカウントで作成した場合、別の所有者とみなされてしまいますので
それぞれのサイトから アカウントの追加作業をする必要があります。
詳しくはこちらです。

AdSenseリンク設定

それでは AdSenseのリンク設定を行います。
プロパティの項目から AdSenseのリンク設定 - 新しいリンクの設定
先ほどの トラッキング情報の少し下に AdSenseのリンク設定 というのがありますので
ここから +新しい ADSENSE リンク をクリックし リンクの設定をしていきます。

AdSense リンク設定 - プロパティ設定

すでに AdSenseの設定が済んでいる仮定ですが、このように AdSenseのプロパティが表示されます。
チェックを入れて続行をクリックします。

リンクするビューを選択

② の リンクの設定では すべてのウェブサイトのデータ を選択し リンクを有効化して終了となります。

AdSense画面にアナリティクスが表示できない件

以前まで AdSense画面から アナリティクスのレポートを表示させることができ
とても便利で気に入っていたのですが、最近表示がされなくなりました。

サポートで調べてみても 関連する記事はなく、問い合わせてみても
思ったような回答は得られないといった状況です。

現在では、GA4での アクセス解析がメインとなっているようですし、
アナリティクス画面に Adsenseの情報を取り込み、アクセス解析などに使用する
といった考え方になってしまっているのかもしれません。

また、新たな情報が得られましたら 情報更新したいと思います。