<>

【Googleアナリティクス】自分のアクセスを除外できるフィルタ設定

Googleアナリティクスを使って Webサイトのアクセス解析をしてみたところ
このような文字列のページが表示されていました。
アナリティクス - ページレポートの閲覧ページURLイメージ

調べてみると これは 投稿編集画面から行う プレビューでのサイト画面のURL
WebサイトのURLを含む すべてのページがアクセスの対象になってしまうほか
自身がアクセスした場合も 区別されることなく
アクセス数にカウントされてしまうということが分かりました。

そこで 正確なアクセス数を知るために フィルタ機能を利用し
カウントしてほしくないアクセスに対して フィルタをかけていきます。

ユーザーが訪れるページをチェック

その前に、アナリティクスのアクセスページがどこにあるのか を確認します。

アナリティクスのホーム画面
アナリティクスのホーム画面では いくつかのアクセス解析が表示されています。

アナリティクス - ユーザーが訪れているページのカード から ページレポートへ移動する方法
アクセスされているページの確認は ユーザーが訪れているページの ページレポート
もしくは 画面左の項目から 行動 > サイトコンテンツ > すべてのデータ から移動します。
ホーム画面 - サイド項目からのページレポートの移動のしかた -

画面左に アクセスされたページのURLと ページビュー・訪問者数・滞在時間・
直帰率などが表示されていて ページごとの解析にも役立ちます。

除外したいアクセス

フィルタ設定(除外)したいページは 自分自身からのアクセスですが
IPアドレスをフィルタ設定すれば かんたんに除外することが出来ます。

IPアドレスについては こちらの記事を参考にお願いします。

フィルタ設定

アナリティクス 管理画面 - ビュー項目のフィルタ設定画面の案内
アナリティクスのホーム画面から 管理画面をクリックし フィルタへ移動します。

管理画面は アカウント・プロパティ・ビューの3つに分けられて
複数のサイトの すべてにフィルタをかける場合は アカウントの項目の すべてのフィルタ 
個別に設定する場合は ビューの項目のフィルタ から設定していきます。

ビュー項目のフィルタから +フィルタを追加
フィルタをクリックしましたら、フィルタ画面が表示されますので
フィルタの追加 をクリックします。

IPアドレスを使った除外

ここでは グローバルIPアドレスで 除外の設定をしていきます。

フィルタの作成 - フィルタ情報 - IPアドレスを除外する方法
IPアドレスの場合は 定義済み を選択
左から 除外 → IPアドレスからのトラフィック → 等しい を選択します。
IPアドレスを入力して 保存をクリックすれば完了です。

プレビュー画面を除外する方法

プレビュー画面 などに個別にフィルタをかける場合、
アクセス数にカウントしてほしくないページに プレビュー画面があります。

アナリティクス - ページレポートの閲覧ページURLイメージ
先ほどの /?preview= から始まり &preview=true のURLが プレビュー画面になります。

フィルタの作成 - リクエストURLから " &preview=true " を設定
フィルタの種類はカスタムを選択 > 除外をチェックし フィールドを選択していきます。
フィールドは リクエストURL に設定し フィルタ パターン&preview=true と記述します。

フィルタを適用 - 使用可能なビューの設定の追加と 設定の保存
最後に ビューにフィルタを適用 では
使用可能なビューからデータを選択し 追加 をクリックします。
右の選択したビュー に データ名が移動されたら 保存をクリックして完了です。